加藤康之の投資講座 — 入門編「投資家はなぜ非合理的な行動をとってしまうのか?」


個人投資家と話をすると、次のようなことを良く聞く。

「少し儲かったので株を売ってしまったが、他に使い道もなかったのでもっと長く持っていれば良かった。その後、株価は2割も上がった。」
「みんなが買っているので自分もあわてて買ったのだけれど、買った直後に株価は下がってしまった。」

あなたにも身に覚えがあるだろう。後悔先に立たず、である。普段は思慮深い人でもこのような行動をとってしまう場合がある。なぜだろうか。

この後悔をもたらす投資家の行動を科学的に説明する理論がある。それが「行動ファイナンス理論」である。

行動ファイナンス理論とは

この理論は、2002年にノーベル経済学賞を受賞したダニエル・カーネマンとエイモス・トベルスキーが創始した分野である。伝統的な経済学やファイナンス理論では合理的な意思決定を行う経済人(ホモ・エコノミクス)を前提としているのに対して、行動ファイナンス理論では合理的とは思えない意思決定をしてしまう生の人間を前提とする学問である。当初は伝統的な経済学者やファイナンス学者から白い目で見られていたが、最近では重要な一分野として認められるようになっている。

行動ファイナンス理論では、投資家の非合理的な行動をいくつかのパターンに分けている。以下、例として代表的なものを3つ挙げてみよう。

・ハーディング(群衆行動)
 人と同じことをしてしまうこと。たとえば、A社株に投資している人が多いというニュースを見て自分もA社株に投資してしまうこと。
・アンカリング(係留効果)
 すでに持っている印象がそれ以降の意思決定に影響を与えること。たとえば、はるか以前に投資した時の企業イメージを基準に現在の株価を評価してしまうこと。
・ロスアバージョン(損失回避行動)
 損失を認めたがらないこと。たとえば、投資した株式が値下がりしてしまったが、何年も売却できずにいること。

これらの行動は、後になって冷静に考えると「おかしなことをしたものだ。」と後悔するものが多い。行動ファイナンス理論はこのような非合理的な行動を説明してくれる。ここでは、カーネマン博士による説明(「ファスト&スロー」早川書房、2012年)を簡単に紹介しておこう。

ファスト・システムとスロー・システム

ファスト&スロー (上)

ファスト&スロー (上)

ファスト&スロー (下)

ファスト&スロー (下)

カーネマン博士によれば、人間が意思決定をする場合、2つのシステムを使い分けているという。それらは、ファスト・システム(速いシステム)とスロー・システム(遅いシステム)である。ファスト・システムは瞬間的に反応するシステムである。一方、スロー・システムは、じっくり考えた上で判断するシステムである。人間はこの2つのシステムをうまく使い分けているという。

自分に向かってボールを投げられたとき、人間は無意識のうちに反応してボールを受けようとするだろう。これはファスト・システムが起動していると考えられる。一方、就職先を決めるときはじっくり考えた上で決めることになるだろう。これを司るのはもちろんスロー・システムである。つまり、この2つのシステムをうまく使い分けることによって人間は厳しい生存競争の中を生き延びてきたのである。

ただし、この2つのシステムのうち、ファスト・システムは常に合理的とは限らない。人間が野生の猛獣と隣り合わせで生きていた時代、みんなが走って逃げているときは、すぐそれに追随して逃げたものだけが生き残ったであろう。ゆっくりと考えて客観的な状況分析していた人間は猛獣の餌食になっていたはずである。

つまり、このファスト・システムにとっては生き残ることが出来れば良いわけで、合理的かどうかという基準は意味がないのである。しかも、頼りのスロー・システムは怠け者でなかなか起動しないという。これが投資において合理的でない行動を誘引している可能性があると言える。しかも、それは遺伝的に受け継がれているため一朝一夕には治らないのである。


さて、ファスト・システムを受け継いでいる私たちは投資においてどう対応すべきであろうか?

遺伝的なものだと言われると治しようがないように思える。しかし、幸いなことに平和な現代社会では、投資で直接命を失うことはない。したがって、投資の意思決定においては、常に一息置いてスロー・システムを起動させるように努力すれば良いのである。

投資の意思決定をするときは、例えば、最初に決めてから最低1日間は行動しない、あるいは、誰か信頼できる人に自分の意思決定の結果を話してみる。この一息により怠け者のスロー・システムを起動させることが出来る。いったんスロー・システムがアップすればもうしめたものである。あなたのスロー・システムが合理的な投資意思決定をしてくれるはずである。

執筆者

得意分野:投資理論・金融工学

加藤康之

  • 投資
  • 年金

お金のデザイン研究所所長、首都大学東京特任教授、京都大学客員教授。東京工業大学修士、京都大学博士。(株)野村総合研究所、野村證券(株)、同社執行役、京都大学教授などを経て現職。専門は投資理論・金融工学。他に、年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)経営委員、証券アナリストジャーナル編集委員などを兼務。