丁寧なヒアリングで潜在ニーズを引き出し、最適なプランを届けます!

全国のお金のプロに無料でチャット相談ができる「お金の健康診断」。
資産運用や住宅ローン、保険などあらゆるお金のプロに出会うことができます。
この記事ではお金の健康診断に登録する700名以上のプロの中から1名をピックアップして、アドバイザーの経歴や考え方などをご紹介。

今回は資産運用のほか、保険や不動産投資など多方面からお客様の資産形成をサポートしているファイナンシャルアドバイザー 大西 伸彦さんの『マイストーリー』をご紹介します。

\\家から簡単!FPに無料でチャット相談//
f:id:kenta_furumi_400f:20200406095816p:plain

「お客様のご意向を最優先に考えた提案がしたい」とIFAへ

ーはじめにこれまでのキャリアについて教えてください。

新卒で大和証券に入社し、6年ほど勤務しました。会社の方針に左右されず、お客様のご意向にもとづいた提案ができる環境を求め、株式会社ファーストパートナーズに移籍。
IFA(独立系ファイナンシャルアドバイザー)として資産運用をはじめ、保険や不動産投資など多方面からお客様をサポートしています。

ーIFAに転身されていかがでしたか?

証券会社時代は、どうしても会社からの指示を優先しなければならない状況もありましたが、今は独立した立場ですので、私自身の判断で本当にお客様に良いと思うものをご提案することができています。
転勤もありませんので、お客様と一生涯のお付き合いができることも、IFAになって良かったと思う点ですね。

ー具体的に現在はどのようなご提案をされていますか?

株や債券を活用した資産運用のご提案が主ですが、その他にも投資信託、保険、不動産投資などのご案内も可能です。
企業オーナー様やお医者様、士業の方、資産家のお客様が多く、ご相談内容としては運用方法の見直しや相続、節税などが主ですね。お客様のニーズに合わせ、幅広い選択肢の中からベストなプランをご提案しております。

潜在的なニーズをくみ取り、よりお客様にぴったりなプランを

ーお客様とのやりとりの際に、大切にしていることは?

丁寧なヒアリングです。表面化されている悩みはもちろん、潜在的な悩みもしっかりくみ取るよう心がけています。
以前、「1年で10%資産を増やしたい」というご相談をいただいたのですが、お話を重ねるうち「孫がたくさんいるから、孫のためにできるだけ多くの資産を残したい」という想いをお持ちだったんですね。
そういったお客様の本当の想いや潜在ニーズを確認することで、よりお客様にぴったりのご提案ができますので、ヒアリングは特に大切にしています。
それからお金の話はどうしても堅苦しい雰囲気になりがちなので、雑談も交えながらフランクにお話しできる雰囲気作りも意識していることの一つです。

ーそのようなご提案をするなかで、お客様に喜ばれたエピソードを教えてください。

過去に「この商品で運用したい」とご相談に来られたお客様がいらっしゃいました。すでに商品まで決まっている方でしたが、もっとお客様に適した商品があるかもしれませんので、将来のことやご家族のことなどを詳しくヒアリングしました。
よりお客様にあう運用方法をご提示し、そちらで運用を開始することに。お客様からも「私よりも大西君の方が、私のことを知っているね」ということで、喜んでいただいたのは印象的ですね。

ー最後に、読者へ一言メッセージをお願いします。

私が一番大切にしているのは「お客様のご意向」です。お話しやすい雰囲気を大切にしていますので、ぜひどんなことでもご相談ください。
表面的な悩みだけでなく、潜在的なお悩みをしっかりくみ取り、最適なプランをご提案させていただきます。

どんなことでもOK!スマホで無料チャット相談できます

大西さんへの相談は「お金の健康診断」から直接チャット相談ができます。
どう相談したらいいかわからないという人は「自己紹介記事読みました」とチャットしてみてください。FPからメッセージが届きます。チャット相談は匿名かつずっと無料で利用できるので気軽に利用してみてくださいね。

\\家から簡単!FPに無料でチャット相談//
f:id:kenta_furumi_400f:20200406095816p:plain

株式会社ファーストパートナーズ 大西 伸彦さん
●自身のマネースタイル
割合は投資55%、貯蓄30%、保険15%です。保険は外貨建ての終身保険に加入しており、投資は米国株と日本株で運用しています。優待券をもらえる株やこれから業績が伸びそうな株などに投資しています。
●投資の失敗談
証券会社の入社2年目のときにチャイナショックが起き、投資で損をしてしまったことがありました。チャンスの場面でもありましたし、資産運用は長期的な目線で見ることの大切さを学びました。
●休日の過ごし方
6歳、3歳、1歳の子どもがいますので、休日は子どもと一緒に遊んでいます!公園でキャッチボールやサッカーをして遊ぶことが多いですね。