生命保険の営業マンからIFAへ「無駄な保険はどんどん解体していきます!」

f:id:ey87:20220113092123j:plain全国のお金のプロに無料でチャット相談ができる「お金の健康診断」。
資産運用や住宅ローン、保険などあらゆるお金のプロに出会うことができます。
この記事ではお金の健康診断に登録する700名以上のプロの中から1名をピックアップして、アドバイザーの経歴や考え方などをご紹介。

今回は食品業界や商社、保険業界で営業を経験し、現在はIFAとしてお客様にあったライフプランを届けるファイナンシャルアドバイザー 原田 祐介さんの『マイストーリー』をご紹介します。

f:id:ey87:20220111174555p:plain

\\家から簡単!FPに無料でチャット相談//
f:id:kenta_furumi_400f:20200406095816p:plain

「中立な立場で最適なプランを届けたいから」バリバリの営業マンからIFAへ

ー最初に現在までのキャリアについて教えてください。

もともと父親がバリバリの営業マンで、ずっと父のような営業マンになりたいと思っていました。そんな父への憧れと食品で人々を幸せにしたいという思いで、新卒で味噌醤油会社に入社。
しかし、リーマンショックの影響で希望していた営業ではなく、生産管理部に配属されてしまったんです。
やりたいことができないことに焦りもあり、商社に転職しました。そこでやっと営業として働くことができ、3年で全社一位の成績をとるほど仕事に打ち込みましたね。でもあるとき、他の同僚との賞与に差がないことを知ってしまい…。

「努力した分だけ成果の得られる仕事がしたい」と思っていたところに、生命保険会社からスカウトを受け転職しました。
1、2年目は全然うまくいかず、妻や消費者金融に借金をしながら営業活動をしていたんです。3年目からは同僚のサポートもあってMDRT(生命保険・金融プロフェッショナルのグローバル組織)に認定されるまでになり順調だったのですが、新型コロナウィルスの影響で営業が自粛に。
自粛中にIFAという職業に出会い、IFAに転身して現在に至ります。

ー具体的にどのような経緯でIFAに転身されたのですか?

営業ができない期間、「ライフプランの価値」や「生命保険のあり方」について考えました。
生命保険の営業では、会社が売りたい商品をお客様に提案しなければいけませんし、ノルマもあります。そうすると次第に「本当にこれはお客様のためになっているのか」と疑問を持つように。
お客様には保険しか提案していないけれど、より良い人生にしていただくためには貯蓄や有価証券といった選択肢も大切だということに気づいたんです。
お客様を本当に幸せにできるこの仕事に魅力を感じ、2021年9月にIFAとして自身の会社を起業しました。

ーでは現在のIFAとしてのお仕事内容を教えてください。

お客様の目的をヒアリングしたうえで、その方に必要ないと思われる保険は解約し、目的にあった最適なプランを提案する「保険解体ライフアドバイザー」としてコンサルタントをしています。
ですので、生命保険を売るためのプランニングはしません。IFAとして中立な立場で保険を提案させていただきます。
また、保険だけでなく資産運用や住宅ローンなどのご相談にも対応しています。

「お客様の軸で判断できるようサポートすることが私の役目」

f:id:ey87:20220111175401j:plainーお客様にご提案する際に大切にしていることを教えてください。

”お客様と一緒に”ライフプランを考えることです。
金融商品の特性だけを伝えて、「私がおすすめするのはこれです」といったことはしません。金融商品で運用することはあくまで自分の人生を豊かにする手段であって、目的ではないからです。
一度つくったライフプランに対しては「なぜ」を繰り返し、無理のないプランを構築する。そしてその手助けとして金融商品をうまく使っていけば、今よりも少しお金から自由になれます。

情報があふれる世の中ですが、目的がはっきりしたライフプランがあれば「この金融商品がいいから」「今しかできない」といった言葉で商品を選択することはなくなると思うんです。
まずはお客様の理想のライフプランをお伺いし情報を整理したうえで、お客様の軸で判断できるようサポートすることが私の役目だと思っています。

ー実際にお客様に喜ばれたエピソードはありますか?

以前、高額な保険料を支払っていた30代の女性のお客様がいらっしゃいました。当時は未婚でしたので保険は必要最低限にし、資産運用も含めたプランをご提案させていただいたところ、結果的に余剰資金をつくることに成功。
そのお客様には「高額な保険料の負担が減り、将来への不安も解消され、運用によって流動的な資産を構築できました。おかげで日々ゆとりを持った生活ができています」と喜んでいただけましたね。

また、生命保険の営業マンにすすめられて、積み立ての保険に月6万円払っていた30代の女性に対しては、まず"投資"と"保険"の違いを理解いただくことから始めました。
その方にも保険の見直しを行い、資産運用ができる商品をご提案したところ「月々の支払いも減り、運用益は趣味の旅行積立金に充てることができた」と嬉しい報告をいただきました。

ー最後に読者に一言メッセージをお願いします。

お金は非常に便利ですが、使い方を間違えれば人生を大きく変化させてしまう諸刃の剣でもあります。そして、社会保障制度などの公的扶助といった情報を知らなければ、損をしていまうということも事実です。
私は「知らない人が悪い」ではなく「知らない人がいない」社会を構築できたら日本にとって幸せなことだと思うんです。
お客様のライフプラン作りの手助けをし、誰かを幸せにできる仕事に誇りをもちながらライフアドバイザーとして活動しています。ぜひお気軽にご相談ください!

どんなことでもOK!スマホで無料チャット相談できます

原田さんへの相談は「お金の健康診断」から直接チャット相談ができます。
どう相談したらいいかわからないという人は「自己紹介記事読みました」とチャットしてみてください。FPからメッセージが届きます。チャット相談は匿名かつずっと無料で利用できるので気軽に利用してみてくださいね。

\\家から簡単!FPに無料でチャット相談//
f:id:kenta_furumi_400f:20200406095816p:plain

financial office 原田祐介さん 
●得意分野は?
主にライフプランニング、保険、資産運用ですが、学資保険、住宅ローンなども得意です。幅広く対応しています。
●自身のマネースタイルは?
現在はだいたい現金50%、株30%、投資信託20%の割合で資産を保有しています。万が一に備えておきたいので、現金のウェイトは多めですね。
●休日の過ごし方は?
極力ゆったり過ごすのが好きです。焚き火をしたり、本を読んだり、お酒を買いそろえてゆっくり飲んでいます。