月1万円でできる投資は?今日から始める先取り投資

f:id:BRIDGESTONE:20201119062750j:plain

「投資に興味があるけれど、お金にそこまでの余裕はない」という人もいるのではないでしょうか。
月1万円の投資額は、日常生活に支障をきたさない範囲であり、堅実に資産運用するのに適した額といえます。

とはいえ「月1万円だけで投資なんてできるの?」「どんな投資があるの?」と気になる点も多いはず。

そこでこの記事では、1万円でできる投資の種類や、投資資金の準備方法を紹介します。

初心者でも投資を始められるようわかりやすくお伝えするので、ぜひ参考にしてくださいね。

 お金の不安は自宅で簡単!専門家にチャット相談 

「資産運用として投資をしてみたいけど何から始めればいいかわからない」
「自分の投資方法で良いのかアドバイスがほしい」

など、お金に関する不安や疑問を感じている人も多いのではないでしょうか。

そこで、おすすめなのが、お金のプロに無料相談できる「お金の健康診断」

居住地や相談内容を入力するだけで、あなたにぴったりなFPや独立系ファイナンシャル・アドバイザー(IFA)が見つかり、チャットで無料相談することができます。

<体験者の声>

貯金がなかなか貯まらず、前から誰かに相談したいと思っていたものの資産が少ないのに相談しても良いものかと思い、相談できずにいました。
また、お金の相談って今までしたことがなく、ちょっとあやしいイメージも…。でも、「お金の健康診断」のチャット相談は匿名でできますし、嫌だったら途中でやめればいいかと思い利用しました。実際使ってみると、とても気軽でLINE感覚で使いやすく、チャットだとFPのアドバイスが後から見返せる点が気に入りました。
後日FPと直接会って相談もしましたが、無理に勧誘されることもなく、安心して相談することができて良かったです。

(東京都/会社員/27歳女性)

居住地や相談内容を入力するだけで、あなたにぴったりなFPや独立系ファイナンシャル・アドバイザー(IFA)が見つかり、チャットで無料相談することができます。

「お金の健康診断」には90社500名以上の専門家が登録しており、家計・保険・投資・ローンの相談・ライフプランなど幅広い相談に対応可能です。
相談は何人してもOKなので、さまざまな専門家の意見を比較すれば、より納得して選択ができるはず。

相談は名前・住所の入力不要なので、ぜひ気軽にトライしてみてくださいね!

\\家から簡単!FPに無料でチャット相談//

f:id:kenta_furumi_400f:20200406095816p:plain

月1万円でも投資は始められる!

f:id:BRIDGESTONE:20201104161909j:plain

投資初心者の中には、月1万円の投資では足りないと感じ、最初から大きな金額を使おうとする人がいます。

確かに大きな金額を投資した方が、その分多くの利益を得られる可能性が高くなります。
しかし、経験・知識ともに不足している初心者にとって、大金を投資するのはリスキーです。

まずは、月1万円でも投資には充分という点について詳しくお話します。

1万円以下でできる投資もある

一昔前は、投資には最低でも数十万円の資金が必要でした。
しかし、現在は資産の少ない若年層でも投資を始められるよう、少額で投資できる商品が多数あります。

実際、大手証券会社や銀行では1万円からネット証券では1000円程度から投資を始められます。

また、基本的に1万円以下でおこなう投資は積立型であり、月々掛け金を支払うような形で投資します。

まとまったお金を準備する必要がないため、少額資金での投資が可能なのです。

長く続ければ大きな資産に!

月1万円以下の少額投資で重要なのは、長期間にわたって投資を続けることです。
よくあるのは、1~2年続けたけれど利益が少ないから投資を辞めるというパターン。

少額投資は10年、20年と続けることで利益を得られる可能性が高くなるものです。
また、月1万円でも数十年間投資すれば大きな資産となります。

例えば、30歳から60歳まで30年間にわたって月1万円を投資した場合、合計360万円の資金を投資に充てたことになりますよね。
360万円は投資するのに充分な金額ですし、さらにこの360万円には運用で得た利益が足されます。

毎月1万円で少額投資をするなら、長期運用を前提に考えましょう。

1万円だけでも投資に回そう

「浪費している」「無駄遣いをしている」という自覚があるのなら、とりあえず月1万円だけでも投資してみるのがおすすめ。

実際にやってみると投資がどういうものか分かり、お金への意識が変わるはず。

具体的には、投資を始めることで次のような変化を期待できます。

  • 無駄遣いが減る
  • 節約するようになる
  • ニュースの見方が変わる
  • 経済・情勢に敏感になる

浪費や無駄遣いにより得られるのはその場限りの満足感ですが、投資に回せば自分の身になることが多く得られるでしょう。

月1万円でできる投資方法

f:id:BRIDGESTONE:20201106102002j:plain

月1万円で始められる投資方法はさまざまですが、中にはFXのようにハイリスクな商品もあります。

そのため、ここでは初心者におすすめな4つの投資を紹介します。

 

  • 1.つみたてNISA
  • 2.投資信託
  • 3.少額株式投資
  • 4.ロボアドバイザー

さっそく見ていきましょう。

1.つみたてNISA

税制優遇を受けられるつみたてNISAは、お得に投資するためにぜひ利用したい制度。
つみたてNISAを利用すれば、年間40万円までの非課税枠内で購入した投資信託の利益に対する税金が非課税となります。

月1万円~3万円の投資であれば、年間40万円までの非課税枠を超えないので、つみたてNISAに適した投資額です。
さらに、非課税期間は最長20年のため、長期運用ができる点も投資初心者に向いています。

また、つみたてNISAで選べる投資商品は、金融庁によってあらかじめ厳選されています。
そのため、信頼性の高い投資先がそろっており、初心者にとって不利になる商品は少ないといえます。

ただし、信頼性があるから必ず利益が出るということではありませんので、元本割れの可能性も忘れないようにしましょう。

2.投資信託

投資をこれから始める人の場合、何をどう運用すればいいか分からないですよね。

投資信託は運用をプロに任せられるので、運用経験がない人でも始めやすい投資です。

投資信託では、投資家から集めたお金を、大きな資産としてまとめて投資します。
イメージとしては「ひとり1万円の投資額×100人の投資家=100万円」を投資するような形です。

この仕組みにより、個人で投資するのが難しい投資先にも投資できるようになります。

先述したつみたてNISAの対象商品も投資信託ですが、一般の投資信託の方が商品の種類は豊富です。

▼投資信託について詳しく知りたい方は下記の記事をご覧ください。

mag.okane-kenko.jp

3.少額株式投資

一般的な株式投資は、最低でも10万円以上の資金が必要になることが多いです。
銘柄の単価は1口数百円でも「購入できるのは最低100株から」など最低売買単位が決められているからです。

少額株式投資はミニ株とも呼ばれ、最低売買単位の10分の1の単位で購入できます。
例えば100株の10分の1は10株なので、1株900円なら9000円でOK。

株式投資では、投資の基本ともいえる「安く買って高く売る」を自分でおこなうため、難易度は少し上がります。

しかし、株価が上がってお金が一気に増える可能性があったり、企業情報や経済に詳しくなったりするなど、投資ならではの楽しさも体験できるでしょう。

4.ロボアドバイザー

ロボアドバイザーは、AIを使った投資サービスです。
簡単な質問に答えるだけで、ロボアドバイザーが自分に適した運用方法を提案してくれます。

スマホ証券やネット証券が運営するアプリで投資できることが多く、手軽に始められるのがロボアドバイザーの魅力。

基本的に、ロボアドバイザーには次の2種類があります。

  • 投資のアドバイスや提案をおこなうタイプ
  • 設定した投資スタイルをもとに運用を代行するタイプ

初心者におすすめなのは、運用を代行してくれるロボアドバイザーです。

ロボアドバイザーが最適な運用を自動でおこなってくれるため、手間や時間をかけずに投資ができます。

ロボアドバイザーは、1万円以下で始めることが可能ですが、運用にかかる手数料は投資信託より高い傾向にあると覚えておきましょう。

▼ロボアドバイザーについて詳しく知りたい方は下記の記事をご覧ください。

mag.okane-kenko.jp

月1万円の投資資金を捻出するには?

f:id:BRIDGESTONE:20201108031107j:plain

ここまで月1万円でできる投資についてお話しましたが、実際のところ「月1万円も投資する余裕がない」という人もいるでしょう。

毎月1万円を投資するにしても、まったく貯金のない状態で投資を始めるというのは心許ないですね。

投資の原則は、なくなっても生活に困らないお金を使うことです。
ここで紹介する投資資金を捻出する3つの方法をもとに、投資資金が足りない人は少しでも余裕を作りましょう。

まずは家計簿をつけてみる

収支の把握は、出費の削減に繋がります。
頭で収支を記憶しておくよりも、家計簿で見える化する方が出費を意識できます。

特におすすめなのは、家計簿アプリを使うこと。
手書きの家計簿は続かない、面倒くさいという人でも、家計簿アプリなら簡単なので継続できるはず。

家計簿アプリでは、銀行口座やクレジットカード情報を連携しておくだけで、収支が自動入力されます。
費用項目ごとやグラフで収支を整理できるので、前月の支出と比較すれば何にお金を使いすぎているか明確に分かります。

予算を決めて衝動買いや無駄な買い物を防止する

クレジットカードの請求額を見て、「こんなに使ったっけ?」と思ったことはないでしょうか。
クレジットカードの明細を確認してみたら、すべて間違いなく自分で使っており落胆、ということはよくあります。

自分ではそんなに使っていないと思っていたのに、現実はかなり使っていたという出費は、衝動買いや無駄な買い物であることが多いです。
支出を減らすときは、このような出費からカットするのがポイント。

毎月の予算をあらかじめ決めておき、出費は予算内に収めるようにします。

クレジットカードだと使いすぎてしまうなら、現金払いにしたり、予算金額のみ入れた口座からデビットカードで支払うことを検討してみてください。

固定費を節約する

衝動買いや無駄遣いを減らすと同時に、固定費も減らしてみましょう。

通信費や光熱費といった固定費は、高くてもそのまま払い続けてしまう人が多いですが、支出の中でも特に削るべき出費といえます。

固定費を節約するもっとも簡単な方法は、安いものに乗り換えることです。

例えば、スマホ代は、大手キャリアから格安SIMに乗り換えると、月々の料金を安く抑えられます。
電力会社は賃貸でも自由に変えられるので、より安い電力会社に乗り換えることで電気代が下がるでしょう。

他の固定費についても、安いプランや業者に乗り換えて、お金を浮かせてみてください。

1万円から投資を始めてみよう

f:id:BRIDGESTONE:20201108042324j:plain

今回は、月1万円でできる投資の種類や、投資資金の準備方法を紹介しました。

月1万円の投資は少ないように見えますが、数十年という長期運用を考えれば充分な金額です。
月1万円以下で投資できる商品は、投資信託や少額株式投資など豊富にあります。

投資資金に余裕がない人は、まず家計簿をつけて収支を把握し、出費を減らしてお金を貯めましょう。

投資は早く始めるほど有利なので、興味があるならぜひ始めてみてくださいね。

どんな投資があっているのかわからないという人は、当サイトの「お金の健康診断」で無料相談してみると良いでしょう。

お金の健康診断」ならお金のプロに無料かつ匿名でチャット相談ができます。

チャット形式なので自分のタイミングで相談することができ、わざわざ外出する必要もありません。
ぜひ気軽に利用してみてくださいね!

\\家から簡単!FPに無料でチャット相談//

f:id:kenta_furumi_400f:20200406095816p:plain

この記事の執筆者

塩畑みなと

    地方銀行へ入社し、貯金・ローンなど金融商品の販売に従事。 その後、1年間で留学資金の100万円を貯め、約2年間海外で生活する。帰国後は不動産会社へ入社し、社会保険や労務管理を取り扱う部署で働きながらFP技能士2級を取得。現在は金融系ライターとして活動中。