投資ファンドとは?投資信託との違いや仕組みを解説!

f:id:BRIDGESTONE:20201111010853j:plain

資産運用を検討している方なら「投資ファンド」という言葉を聞いたことがあるかもしれませんが、その意味をご存知でしょうか。

また、投資ファンドと似た言葉に「投資信託」がありますが、投資初心者にとっては、両者の違いや仕組みは分かりづらいかと思います。

そこで、この記事では

  • 投資ファンドとは?
  • 投資ファンドの種類とそれぞれの特徴
  • 投資信託のメリット
  • 投資信託の注意点
  • つみたてNISAの概要とメリット

を解説していきます。

投資ファンドについて知りたい方や、投資信託を使った運用を検討している方は、ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

 お金の不安は自宅で簡単!専門家にチャット相談 

「資産運用として投資をしてみたいけど何から始めればいいかわからない」
「自分の投資方法で良いのかアドバイスがほしい」

など、お金に関する不安や疑問を感じている人も多いのではないでしょうか。

そこで、おすすめなのが、お金のプロに無料相談できる「お金の健康診断」

居住地や相談内容を入力するだけで、あなたにぴったりなFPや独立系ファイナンシャル・アドバイザー(IFA)が見つかり、チャットで無料相談することができます。

<体験者の声>

子供の教育費や住宅ローンで思うように貯蓄ができず、老後資金に不安を感じていました。そんな時「お金の健康診断」を知ったのですが、匿名でチャット相談ができる点が気に入りました。とても親切にアドバイスしてくれ、結果的に家計の見直しをして浮いたお金で投資信託を始めました。これからも定期的に相談したいと思います。(東京都/会社員/44歳女性)

居住地や相談内容を入力するだけで、あなたにぴったりなFPや独立系ファイナンシャル・アドバイザー(IFA)が見つかり、チャットで無料相談することができます。

「お金の健康診断」には90社500名以上の専門家が登録しており、家計・保険・投資・ローンの相談・ライフプランなど幅広い相談に対応可能です。
相談は何人してもOKなので、さまざまな専門家の意見を比較すれば、より納得して選択ができるはず。

相談は名前・住所の入力不要なので、ぜひ気軽にトライしてみてくださいね!

\\家から簡単!FPに無料でチャット相談//

f:id:kenta_furumi_400f:20200406095816p:plain

投資ファンドとは?

f:id:BRIDGESTONE:20201104095723j:plain

そもそも「投資ファンド」とは何でしょうか。

まずは、投資ファンドの仕組みや種類、特徴を、わかりやすく解説していきます。

ファンドとは運用会社を指す

投資ファンドとは、投資家から集めた資金を元手に、運用を行う会社のことです。

投資ファンドは投資家から運用資金と手数料を得る代わりに、投資先の選定・売買取引・運用管理などの資産運用にまつわる業務を一括して請け負ってくれます。

投資ファンドの資金の集め方によって「公募ファンド」「私募ファンド」の2つに分かれるため、それぞれの特徴を理解しておきましょう。

公募ファンドには誰でも出資できる

公募ファンドは「出資者を公募するファンド」のことで、誰でも出資できる金融商品を販売しています。

公募ファンドの商品は、銀行や証券会社などの金融機関を通して、誰でも購入可能です。
たとえば「投資信託」は、公募ファンドの代表的な商品のひとつ。

最低投資額100円の投資信託もあるため少額から出資ができ、個人投資家でも始めやすいのが特徴です。

私募ファンドは限られた人しか出資できない

私募ファンドは「出資者を私募するファンド」のことで、限られた投資家だけが出資できる金融商品を販売しています。

私募ファンドの商品は、富裕層や機関投資家を中心とした、大きな資金や投資知識を持つ人だけが購入可能。

最低投資額も大きく、多額の出資金を持つ投資家でなければ出資できないのが特徴です。

投資ファンドの種類と特徴を解説

f:id:BRIDGESTONE:20201106102002j:plain

投資ファンドによって、資金の集め方以外にも投資先や運用手法などに違いがあります。

そこで、ここからは以下3種類の投資ファンドの特徴を詳しく解説していきます。

  • 投資信託
  • ヘッジファンド
  • ベンチャーファンド

投資ファンドの種類にはどのようなものがあるか知りたい方は、ぜひ続きを読んでみてください。

投資信託

1つ目の投資ファンドは「投資信託」。
投資信託は、公募ファンドが提供する代表的な商品のひとつです。

投資信託は、商品によって投資先が異なるため、自分の投資方針に合うものを選ぶことが大切。
投資信託の投資先の例としては、株式・債券・不動産などがあります。

また、投資信託のことを「ファンド」と呼ぶこともありますが、

  • ファンド…投資家から集めた資金で運用を行う会社
  • 投資信託…公募ファンドが販売する金融商品のひとつ

という違いがあります。

▼投資信託について詳しく知りたい方は下記の記事をご覧ください。

mag.okane-kenko.jp

ヘッジファンド

2つ目の投資ファンドは「ヘッジファンド」。
ヘッジファンドは私募ファンドの一種で、富裕層や機関投資家など大口の顧客を対象に資金を募って運用を行う会社です。

適切なリスク管理はしつつも、高いリターンを追求するため投資手法の制限はせず、そのときどきにふさわしい方法で資金運用を行います。

相場の変動にかかわらず収益の上がる運用を目指している点が、ヘッジファンドの最大の特徴です。

ベンチャーファンド

3つ目の投資ファンドは「ベンチャーファンド」。
ベンチャーファンドは私募ファンドの一種で、新興企業(ベンチャー企業)への投資をメインに運用を行う会社です。

上場していない株式未公開企業や、上場後間もない未成熟企業に投資をすることで、企業の成長に伴う将来的なリターンを目指します。

本来、未公開株は市場取引ができないため、個人投資家には入手が難しいもの。
しかし、ベンチャーファンドを利用すれば、間接的ではありますが未公開株への投資が容易にできます。

初心者に投資信託をおすすめする理由

f:id:BRIDGESTONE:20201104100347j:plain

投資ファンドにはさまざまな種類があるため、自分に適した商品はどれか悩んでしまう初心者の方もいらっしゃるでしょう。

投資初心者におすすめの投資ファンドは「投資信託」
なぜなら投資信託には以下4つのメリットがあるからです。

  • プロが運用を行う
  • 少額から投資できる
  • 分散投資ができる
  • 透明性が高い

それでは、投資信託の4つのメリットについて詳しく解説していきます。

プロが運用を行う

投資信託のメリット1つ目は「プロが運用を行う」です。

投資信託の運用は、投資知識の豊富なプロが行います。
投資先の選定から売買取引までのすべてを資産運用のプロに任せられるため、投資知識に自信のない初心者でも、投資の勉強をしながら始めることが可能です。

少額から投資できる

投資信託のメリット2つ目は「少額から投資できる」です。

投資信託には100円や1000円など少額から始められる商品が多くあります。
そのため、まとまったお金がなくても、日々の小さな節約で投資資金の捻出が十分に可能です。

「いきなり数万円、数十万円単位での投資はできない」という初心者の方でも、100円の投資信託なら気軽に挑戦できるのではないでしょうか。

分散投資ができる

投資信託のメリット3つ目は「分散投資ができる」です。

投資リスクの軽減には分散投資が有効ですが、銘柄の選定・構成バランスの管理・資金準備は初心者にとって高いハードルと言えます。
その点、投資信託なら株式や債券などさまざまな資産クラスに分散投資が可能。

投資信託1本で分散投資によるリスク軽減効果を得られます。

透明性が高い

投資信託のメリット4つ目は「透明性が高い」です。

投資信託の価値は、1日1回更新される基準価格を見れば一目瞭然。
リアルタイムで相場が変動する金融商品に比べ、値動きが分かりやすいという特徴があります。

さらに投資信託の運用は「運用会社」「管理会社」「販売会社」といった複数機関が役割分担しているため、透明性が高く不正リスクが低いのもポイントです。

また、いずれかの機関が破綻した際のリスクヘッジにもなっており、万が一の場合にも投資家の信託財産は守られる仕組みとなっています。

上級者は誰でも知っている「投資信託の注意点」

f:id:BRIDGESTONE:20201104114348j:plain
投資信託は投資初心者にとってメリットの多い金融商品ですが、もちろん注意すべき点もあります。

投資信託の注意点は以下の4つです。

  • 元本割れの可能性がある
  • 手数料がかかる
  • 信託報酬が引かれる
  • 運用の仕組みを理解して始める

それぞれ詳しく解説していくので、これから投資信託を始める初心者の方は、ぜひ知っておきましょう。

元本割れの可能性がある

投資信託の注意点1つ目は、元本割れの可能性があることです。

銀行の普通預金と違い、投資信託には元本保証がないため、運用成績によっては損をする可能性もあります。
そのため、投資信託への投資は余剰資金を利用するようにしましょう。

手数料がかかる

投資信託の注意点2つ目は、購入時に手数料がかかることです。

投資信託の購入は、証券会社や銀行などの金融機関を通して行いますが、その際に販売手数料のかかることがあります。

投資信託によっては、購入時手数料が無料の「ノーロード」と呼ばれる商品もあるため、購入前に手数料の有無をチェックしておきましょう。

信託報酬が引かれる

投資信託の注意点3つ目は、信託報酬が引かれることです。

投資信託を購入し保有している間、「信託報酬」という各機関への手数料が差し引かれます。
信託報酬は年率で定められており日々自動的に支払われるため、手数料を支払っている実感はあまりないかもしれません。

しかし、信託報酬は投資信託の運用結果に大きく影響するのでチェックを怠らず、なるべく低コストな商品を選ぶようにしましょう。

運用の仕組みを理解して始める

投資信託の注意点4つ目は、運用の仕組みを理解して始めることです。

投資信託に限ったことではありませんが、投資をする際は運用益が発生する仕組みを理解したうえで始めることが大切。
なぜなら、自分のリスク許容度に見合わない投資商品に手を出してしまった場合、想定以上の損をする可能性があるためです。

投資信託の仕組みが理解できない場合は、FPなどお金の専門家に相談し、自分のリスク許容度の範囲内の商品を提案してもらうことをおすすめします。

投資信託を始めるならつみたてNISAがおすすめ

f:id:BRIDGESTONE:20201108031107j:plain

投資信託での資産運用を始める方は、ぜひ「つみたてNISA」の活用を検討しましょう。
ここからは、つみたてNISAの概要とおすすめする理由を解説します。

つみたてNISAとは

つみたてNISAは、つみたてNISAの口座内で購入した投資信託の譲渡益や分配金が非課税となる制度。

「非課税枠の上限は年間40万円」「非課税期間は最長で20年間」という制限はあるものの、本来利益から差し引かれる約20%の税金が非課税となるため、節税効果が抜群です。

つみたてNISAをおすすめする理由

つみたてNISAをおすすめする理由は、投資信託を長期間に渡り少額ずつ積立購入する場合に適した制度だからです。

投資初心者の方は、つみたてNISAを利用して年間40万円分の投資信託を積立購入し、20年間継続運用することを第一目標に据えてみてはいかがでしょうか。
※出典:金融庁 つみたてNISAとは


▼つみたてNISAについて詳しく知りたい方は下記の記事をご覧ください。

mag.okane-kenko.jp

投資ファンドとは何か理解したうえで運用を検討しよう

f:id:BRIDGESTONE:20201106081914j:plain

この記事では、投資ファンドと投資信託の違いや仕組みについて解説しました。
また、投資初心者におすすめの投資ファンド・投資信託のメリットや注意点についても紹介しました。

投資信託には手数料コストがかかるデメリットはあるものの、「プロに運用を任せられる」「少額から分散投資できる」など初心者には嬉しいメリットも多いです。

どの投資ファンドで資産運用をするか迷っている方は、投資信託での運用を検討してみてはいかがでしょうか。

また、自分に適した投資方法が分からない方は、お金の専門家に相談をしながら無理のない資産運用を心がけましょう。

「お金の健康診断」ならお金のプロに無料でチャット相談ができます。
相談は、匿名OK・チャット形式なので気軽に相談できるでしょう。
お金の悩みはプロに聞くのが一番なので、困ったときはぜひ相談してみてくださいね!

\\家から簡単!FPに無料でチャット相談//

f:id:kenta_furumi_400f:20200406095816p:plain