投資会社という選択もあり!運用の仕組みを理解して始める投資信託

f:id:haruka_sako:20201008102819p:plain

投資での資産形成を考えるにあたり、投資会社を利用した運用を検討する方もいらっしゃるでしょう。

しかし、投資会社にはさまざまな種類があるため、それぞれの仕組みや特徴にはどのような違いがあるのか、どの投資会社を選べば良いのか迷ってしまいますよね。

そこで、この記事では

 

・投資会社の仕組み

・投資会社の種類とそれぞれの特徴

・投資会社を利用した投資の始め方

・投資会社を利用したおすすめの運用方法

 

を解説していきます。

投資会社の仕組みや適切な選び方を知りたい方は、最後まで読んでみてくださいね。

お金の不安は自宅で簡単!専門家にチャット相談 

「資産運用として投資をしてみたいけど何から始めればいいかわからない」
「自分の投資方法で良いのかアドバイスがほしい」

など、お金に関する不安や疑問を感じている人も多いのではないでしょうか。

そこで、おすすめなのが、お金のプロに無料相談できる「お金の健康診断」

居住地や相談内容を入力するだけで、あなたにぴったりなFPや独立系ファイナンシャル・アドバイザー(IFA)が見つかり、チャットで無料相談することができます。

<体験者の声>

貯金がなかなか貯まらず、前から誰かに相談したいと思っていたものの資産が少ないのに相談しても良いものかと思い、相談できずにいました。
また、お金の相談って今までしたことがなく、ちょっとあやしいイメージも…。でも、「お金の健康診断」のチャット相談は匿名でできますし、嫌だったら途中でやめればいいかと思い利用しました。実際使ってみると、とても気軽でLINE感覚で使いやすく、チャットだとFPのアドバイスが後から見返せる点が気に入りました。
後日FPと直接会って相談もしましたが、無理に勧誘されることもなく、安心して相談することができて良かったです。

(東京都/会社員/27歳女性)

居住地や相談内容を入力するだけで、あなたにぴったりなFPや独立系ファイナンシャル・アドバイザー(IFA)が見つかり、チャットで無料相談することができます。

「お金の健康診断」には90社500名以上の専門家が登録しており、家計・保険・投資・ローンの相談・ライフプランなど幅広い相談に対応可能です。
相談は何人してもOKなので、さまざまな専門家の意見を比較すれば、より納得して選択ができるはず。

相談は名前・住所の入力不要なので、ぜひ気軽にトライしてみてくださいね!

\\家から簡単!FPに無料でチャット相談//

f:id:kenta_furumi_400f:20200406095816p:plain 

投資会社ならお任せできる資産運用

f:id:haruka_sako:20201022145539p:plain

投資会社での資産運用を検討する際、どこまでの業務を投資会社に任せられるのか気になりますよね。

そこで、まずは

 

・投資会社の役割

・投資会社の仕組み

 

について詳しく解説していきます。

また、投資会社はどんな方におすすめなのかもお伝えするので、投資会社での運用に興味のある方は読んでみてくださいね。

投資会社の役割

投資会社とは、投資家から資金を募り、その運用を行う会社のことです。
投資会社の運用方法は、株式などの金融商品から不動産までさまざま。
いずれにせよ、専門知識のあるプロのファンドマネージャーが資金運用を行います

投資会社の大きな役割は、以下の3つです。

 

【投資会社の役割】

・投資家から集めた資金の出資先を検討する

・投資家から集めた資金を運用・管理する

・投資で得た利益を投資家に分配する

 

つまり、投資会社は運用にまつわる業務をまるごと請け負う役割を果たしています。

投資会社の仕組み

本来、投資を行う際にはさまざまな付随業務が発生しますが、投資会社はそれらマルチタスクを一括で請け負ってくれます。

投資家は投資会社に資金を預けるだけで、手間や労力をかけずに運用ができる仕組みになっているのです。

投資会社が請け負うマルチタスクを具体的に挙げると「フロント業務」「ミドル業務」「バック業務」の3つに集約されます。

以下の表は、それぞれの業務内容の例をまとめたものです。

f:id:haruka_sako:20201029123327p:plain

投資会社の利用がおすすめな人

投資会社を利用した資金運用は、手間のかからないことが最大のメリット。
そのため、投資会社は、投資にかける労力を最小限に抑えたい方に最適です。

たとえば以下のような方には、投資会社の利用をおすすめします。

 

・投資知識を身につける労力を抑えたい初心者の方

・出資先の判断や運用管理の労力を抑えたい多忙な方

・あらゆる労力を最小限にして無理なく長期間投資を継続したい方

投資会社に任せてもリターンがあるわけ

f:id:haruka_sako:20200710103406j:plain

投資会社が運用にまつわる業務を肩代わりしてくれるのに、なぜ投資家にもリターンの恩恵が望めるのか、不思議に思う方もいらっしゃるでしょう。

そこで、投資会社に運用を任せても個人投資家がリターンを得られる理由について、簡単にご説明します。

手数料で支えられているから

投資会社の運営を支えているのは、個人投資家が支払う手数料です。
個人投資家が投資会社に運用を任せる際、一定の手数料が差し引かれ、投資会社の運用コストに充てられます。

投資会社の利用にかかる手数料は、運用継続に欠かせない必要経費というわけです。

情報力と分析力が高いから

投資会社の情報力と分析力は、企業努力のたまもの。
個人では得られないネットワークや情報、効果検証ノウハウを駆使して利益を追求するため、個人投資家へのリターンが可能となっています。

投資会社の種類によって異なる特徴

f:id:haruka_sako:20200712133717j:plain

一口に投資会社と言っても、出資先や運用方法によってさまざまな種類があります。

投資会社の種類の一例は、以下の通りです。

 

・ヘッジファンド

・インデックスファンド

・アクティビストファンド

・インフラファンド

・不動産私募ファンド

・REIT

 

ここからは、上記投資会社の特徴について詳しく解説していきます。

ヘッジファンド

ヘッジファンドとは、先物取引や信用取引なども活用しつつ、市場平均よりも高い収益性を目指す投資会社のこと

一般的な金融商品と違い、投資知識のある機関投資家や富裕層からの出資だけに限定した私募ファンドが多いのが特徴です。

最低出資金額も、一般的な投資信託よりずっと高い金額の商品が多い傾向にあります。

インデックスファンド

インデックスファンドとは、日経平均株価やTOPIXなど、目標とする市場指数の動きに連動した運用を目指す投資会社のこと

投資家から集めた大きな資金を使い、市場と同じ銘柄・同じ構成比率で機械的な運用を行います。

そのため、運用にかかる手数料(信託報酬)は安い傾向。個人投資家でも手を出しやすいのが特徴です。

アクティビストファンド

アクティビストファンドは「物言う株主」と表現される投資会社です。

まだ市場評価の低い企業の株式を一定数以上購入して議決権を持ち、株主の立場から企業経営に関与し、配当金アップや自社株買いなどで株価の上昇を促進。

株価が上昇したところで売り抜け、売却益を得る運用手法を取ります。

インフラファンド

インフラファンドとは、太陽光発電設備などのインフラ事業に出資することで利益を得る投資会社のこと

電力会社への売電で得た利益を投資家に分配する仕組みのため、電力固定買い取り制度のある現時点では、分配金を減額されるリスクは比較的低いといえます。

太陽光発電設備のほか、水力発電や交通インフラに出資するインフラファンドも存在しますが、数は少ないです。

不動産私募ファンド

不動産私募ファンドは、私的な募集で少数の投資家から資金を集め、不動産投資で運用を行う投資会社

不動産の売却益や賃料収入が利益の源泉となっており、得た利益を投資家に分配する仕組みとなっています。

REIT

REIT(リート)は「不動産投資信託」とも呼ばれ、不動産の売却益や賃料収入から得た利益を投資家に分配する仕組みの投資会社です。

不動産私募ファンドと違い、証券取引所に上場しているため、一般の投資家でも株式のようにいつでも売買取引可能という特徴があります。

投資会社を利用した投資の始め方

f:id:haruka_sako:20200504163609p:plain

ここからは、投資会社を利用した投資の始め方について解説していきます。

投資会社での投資を始めるために必要な手続きは、以下の3ステップです。

 

・投資信託口座をつくる

・ファンドを選んで購入する

・リターンを得る

 

それでは、それぞれのステップを詳しく解説していきます。
投資会社に運用を任せたいと考えている方は、ぜひ手続きを進める際の参考にしてくださいね。

投資信託口座をつくる

投資会社で投資を始めるには、まず投資信託の口座をつくりましょう。
投資信託の口座は、証券会社や銀行の窓口で開設できます。
証券会社や銀行によっては、窓口に来店しなくてもネット申込だけで完結できる場合もあるため、忙しい方はぜひ検討してみてください。

ファンドを選んで購入する

投資信託の口座が開設できたら、投資会社(ファンド)を選んで購入します。
参考まで、投資会社の選び方のポイントをいくつか挙げておきますね。

 

・運用方針や出資先を確認した上で選ぶ

・運用コスト(各種手数料)が安いものを選ぶ

・純資産額が高いものを選ぶ

・運用期間と成績を確認した上で選ぶ

 

各投資会社の目論見書には必ず目を通し、自分の投資方針に合う投資会社を選ぶようにしましょう。

取引開始からリターンまでの流れ

投資会社への投資でリターンを得るパターンは 

・分配金でリターンを得る場合
・換金してリターンを得る場合

の2つがあります。

<分配金でリターンを得る場合の流れ>

1.分配金のお知らせ文書が届く

2.分配金が支払われる

 

<換金してリターンを得る場合の流れ>

1.電話やネットから換金を申し込む

2.数日後に代金が支払われる

いずれにせよ、投資会社での運用利益は、確定してから数日間の後に支払われることとなります。
即日リターンを得ることはできないと覚えておきましょう。

※出典:一般社団法人投資信託協会 購入から換金までの流れ

手軽にファンド購入するなら積立がおすすめ

f:id:haruka_sako:20200907135812p:plain

投資初心者や投資に労力をかけたくない方が、投資会社(ファンド)を利用して手軽に運用を行いたい場合は、投資信託の積立購入がおすすめ

投資信託を積立購入する方法は、初心者でもリターンを得やすいメリットや税制上の優遇があるためです。

それぞれ詳しく説明しますね。

積立投信のメリット

投資信託を積立購入する主なメリットは以下通りです。

 

・投資信託は投資のプロが運用するため初心者でも取り組める

・少額(100円~)から投資を始められる

・時間の分散効果によりリスクを抑えられる

・分配金の再投資により複利効果が働きリターンが増えやすくなる

 

投資信託は100円から投資可能なファンドが多いため、生活に支障の出ない金額で無理のない運用ができます。
毎月定額を長期間積立することでリスクの軽減やリターン増幅が見込めるため、1回の出資額は少額でも資産形成は十分に可能ですよ。

NISAなら税率0%

投資の利益には約20%の税金が課されるため、実質的に投資家が得るリターンは投資利益の約80%ほどです。

そこで、ぜひ活用したいのがNISA制度。
つみたてNISA口座を利用して投資信託を積立購入すれば、投資で得た利益は非課税になるため、まるまる100%のリターンを受け取ることができます

つみたてNISAには

 

・1人1口座しか開設できない

・購入できる上限は年間40万円まで

・非課税期間は最長20年

・購入できる商品が少ない(分配金再投資型のインデックスファンドが多い)

 

という制限がありますが、個人投資家にとっては非常にありがたい節税制度です。
ぜひ活用を検討しましょう。
※出典:融庁 つみたてNISAの概要

▼つみたてNISAについて詳しく知りたい方は下記の記事をご覧ください。

投資の不安や悩みはプロにチャット相談してみよう

f:id:haruka_sako:20200407134732j:plain

この記事では、投資会社の特徴について解説しました。

投資会社を活用すれば、運用に関わる面倒な業務をすべて肩代わりしてもらえるため、投資初心者や投資に労力をかけたくない方でも手軽に資産運用ができます。 
どの投資会社でどのように投資を行うか迷っている方は、つみたてNISAを活用したインデックスファンドの積立購入を検討してみてはいかがでしょうか。

 

それでもまだ投資に対して不安感が拭えない人は、お金のプロに相談してみましょう。 
「お金の健康診断」は匿名かつ無料でお金のプロに直接相談することもできるサービス。
チャット形式なので自分のタイミングで相談することができ、わざわざ外出する必要もありません。
ぜひ気軽にトライしてみてくださいね! 

\\家から簡単!FPに無料でチャット相談//

f:id:kenta_furumi_400f:20200406095816p:plain