いますぐ始められる貯金でお金を増やすコツがある?低収入でも主婦でも実践できる貯蓄法

f:id:haruka_sako:20201019171128p:plain

思うように貯金ができていないと、「お金の貯め方が分からない」「貯金のコツが知りたい」と考えることも多いのではないでしょうか?
効率的な貯金のやり方やお得に貯められるコツを知らないと、いつまでもお金が貯まらないという事態に陥ってしまいます。

そこでこの記事では、貯金のコツやお金を増やすために使える制度について解説。

貯金の効率的なやり方やコツを知っているだけで、格段にお金が貯めやすくなります。
収入があまり多くない人でも実践しやすい内容となっていますので、ぜひ参考にしてくださいね。

お金の不安は自宅で簡単!専門家にチャット相談 

「資産運用として投資をしてみたいけど何から始めればいいかわからない」
「自分の投資方法で良いのかアドバイスがほしい」

など、お金に関する不安や疑問を感じている人も多いのではないでしょうか。

そこで、おすすめなのが、お金のプロに無料相談できる「お金の健康診断」

居住地や相談内容を入力するだけで、あなたにぴったりなFPや独立系ファイナンシャル・アドバイザー(IFA)が見つかり、チャットで無料相談することができます。

<体験者の声>

貯金がなかなか貯まらず、前から誰かに相談したいと思っていたものの資産が少ないのに相談しても良いものかと思い、相談できずにいました。
また、お金の相談って今までしたことがなく、ちょっとあやしいイメージも…。でも、「お金の健康診断」のチャット相談は匿名でできますし、嫌だったら途中でやめればいいかと思い利用しました。実際使ってみると、とても気軽でLINE感覚で使いやすく、チャットだとFPのアドバイスが後から見返せる点が気に入りました。
後日FPと直接会って相談もしましたが、無理に勧誘されることもなく、安心して相談することができて良かったです。

(東京都/会社員/27歳女性)

居住地や相談内容を入力するだけで、あなたにぴったりなFPや独立系ファイナンシャル・アドバイザー(IFA)が見つかり、チャットで無料相談することができます。

「お金の健康診断」には90社500名以上の専門家が登録しており、家計・保険・投資・ローンの相談・ライフプランなど幅広い相談に対応可能です。
相談は何人してもOKなので、さまざまな専門家の意見を比較すれば、より納得して選択ができるはず。

相談は名前・住所の入力不要なので、ぜひ気軽にトライしてみてくださいね!

\\家から簡単!FPに無料でチャット相談//

f:id:kenta_furumi_400f:20200406095816p:plain

低収入から始められる貯金術!秘訣はコツコツ?

f:id:haruka_sako:20200923161327p:plain

収入の額に関わらず誰でもできる貯金のコツは、次の5つです。

  1. なぜ貯金をするのか目標を決める
  2. 生活コストの見直しを行う
  3. 天引き貯蓄を使う
  4. 口座を分けて資金管理を行う
  5. 利息を減らす

貯金は一気にお金を増やそうと考えず、コツコツと着実に貯めていく方が重要です。
それぞれの貯金術について、さっそく解説していきます。

貯金のコツ①なぜ貯金をするのか目標を決める

まずは、「何のための貯金なのか」や「いくら貯めるのか」という貯金の目標を決めましょう。
貯金の目標を明確に決めた方が、目先の誘惑に負けず無駄遣いを防ぎやすくなります。

目標を決めるときは、何のために・どのくらいの期間で・いくら貯めるという3点を意識するのがポイント。
例えば、「結婚資金のために100万円を2年間で貯める」という目標を定めたとします。そうすると、月に4~5万円程度を貯金する必要がありますね。

月々の貯金額が明確になり、貯金額を下回りそうになったときは、無駄遣いをセーブする気持ちが生まれるはずですよ。

貯金のコツ②生活コストの見直しをおこなう

生活コストの見直しは、貯金するのに有効な方法。
貯金できない原因には、収入に対して支出が見合っていない可能性があります。
家賃・食費・水道光熱費・スマホ代など1か月にかかっている費用をすべてリストアップし、無駄な部分がないか考えてみましょう。

例えば毎日コンビニで買い物している方は、マイボトルで飲み物を持参したり、お弁当を作ったりすると出費を減らせます。
また、スマホ代が毎月1万円前後の方は、格安SIMへ乗り換えを検討してみるのもおすすめ。

減らせる生活コストの額は大きくなくても、塵も積もれば山となるのでコツコツと貯めていきましょう。

貯金のコツ③天引き貯蓄を使う

「給料日前はお金が残らない」という方には、天引き貯蓄がおすすめです。
天引き貯蓄とは、収入からあらかじめ貯蓄分の金額を抜いておく方法です。

天引き貯蓄には、決まった日に口座から差し引かれるタイプや、差し引き後の給与が振り込まれるタイプなどがあります。
1か月生活するのに必要最低限のお金を残して天引き貯蓄すれば、つい貯金分のお金に手を出してしまったということもなくなります。

貯金のコツ④口座を分けて資金管理を行う

貯金用の口座と日常的に使う口座を別にしておくと、貯まっていく様子が目に見えるので、貯金へのモチベーションが保ちやすくなります。

また、貯金用口座を分けると、クレジットカード利用代金や口座振替でお金が差し引かれないのもポイント。
口座をすべて一緒にしていると、入金・出金が頻繁になりいくら貯まっているのか分かりにくくなってしまうためです。
貯金用口座からは極力引き出さないように、キャッシュカードは棚にしまっておくなど見えないところに置いておくのもおすすめです

貯金のコツ⑤利息を減らす

車のローンやクレジットカードの分割払いなどは、借り入れ条件を見直して支払い利息を減らしましょう。
ローンや分割払いは、返済期間が長いほど払う利息が多くなってしまうからです。
月々の返済額を増やしたりボーナス払いをおこなえば、返済期間が短くなり利息を減らすことができます。
返済期間中は毎月の支払い額が大きくなりますが、支払った合計金額では結果的にお得です。

特にローンや分割払いを組んだときより収入が上がっている方は、早めに返済を終わらせることをおすすめします。

お金が貯まらない人のNG習慣5選

f:id:haruka_sako:20200514150140j:plain

お金が貯まらない人は、「やってはいけないNG習慣」がついている可能性があります。
NG習慣として挙げられるのは次の5つです。

  1. 自分の収支を理解していない
  2. お金がたまる仕組みを持っていない
  3. 大きな買い物が多い
  4. 衝動買いをしてしまう
  5. ローンやリボ払いを使ってしまう

これらの習慣がなぜダメなのか、詳しく解説していきます。

貯金できないNG習慣①自分の収支を理解していない

NG習慣のひとつめは、自分の収支を理解していないことです。
収支を把握していないと、無駄なコストが掛かっていることに気付けず、無駄な出費をしてしまいます。
「気がついたらお金がない」という人は、要注意

まずは、自分の収支を理解することから始めてみてください。

貯金できないNG習慣②お金がたまる仕組みを持っていない

お金がたまらない人は「毎月の余ったお金を貯金にまわそう」と考えがち。
しかし、人間の意思は弱く、ほとんどの人があればあるだけ使ってしまうものです。
仮に貯金できたとしても、「今月は急な出費があったから仕方がない」など貯金できる、できない月が出てきてしまう場合も。
そうすれば、貯金のモチベーションを保つことも難しくなります。

そこでおすすめなのは、先ほどご紹介した「天引き貯蓄」。
天引き貯蓄や投資では、自分が毎回手を掛けなくても、自動的に貯まったり増えたりする仕組みができています。
自分の意思とは関係なく、勝手にお金が引かれるので残ったお金で生活せざる得ません。
お金が貯まる仕組みを一度作っておけば、数年後にはまとまった金額になっていることが期待できます。

貯金できないNG習慣③大きな買い物が多い

せっかくコツコツと貯金をしても、数万円の買い物を繰り返せばいずれは無くなってしまいます。
お金はいくらあっても足りないので、欲しいものをすべて買うわけにはいきません。

給料やボーナスが入ったら、「今月はいくらまで」などと事前に使い道や割合などを決めておきましょう

貯金できないNG習慣④衝動買いをしてしまう

衝動買いは一回一回の金額が小さくても、毎日のように続けば大きな出費となります。さらに、衝動買いすると支出の管理がしづらくなることも。

たとえば、コンビニで飲み物やお菓子を衝動買いするより、ドラッグストアなどでまとめ買いしておく方がお得です。
まとめ買いしておけば、「ガマンしようと思ったけど結局買っちゃった」と衝動買いする機会も減りますよね。

貯金できないNG習慣⑤ローンやリボ払いを使ってしまう

ローンやリボ払いを使うのは、出費を膨らませる大きな要因。
ローンやリボ払いの問題点は、金利の支払いがある点です。
返済期間が長くなればなるほど支払う利息が高くなり、本体価格より数万円高い金額を払うことも珍しくありません

確かに家や車などある程度まとまった買い物の場合は、ローンを上手に使う必要があります。
ですが、日常的な買い物で金利の掛かる分割払いやリボ払いは避けるべき。
一括で払える金額のものを買うように心がけましょう。

低収入の方が貯金できるようになる3つのコツ

f:id:haruka_sako:20200422091646j:plain

「収入が低いから貯金できない」と悩んでいる方も多いはずです。
基本的に、貯金できるようになるには次の3つのコツがあります。

 

  1. 収入を増やす
  2. 支出を減らす
  3. 投資をする

 

それでは、収入があまり多くない方が貯金するにはどうしたらいいかについて、お伝えしていきます。

貯金ができるコツ①収入を増やす

貯金というと支出を減らす方にばかり思考が寄ってしまいますが、収入を増やすという視点を持つことも重要です。
収入の増やし方には、次のような方法があります。

 

  • 給与の高い仕事へ転職する
  • スキルアップして昇進&昇給を狙う
  • 副業を始める
  • いらないモノを売って稼ぐ

「転職や昇進するのは不安だ」という方は、フリマアプリなどを活用して不要なモノを売ることから収入を増やしましょう。

貯金ができるコツ②支出を減らす

支出を減らすことは、誰にでもすぐ始められるのでおすすめ。
支出を減らす具体的な方法を、いくつかご紹介します。

 

  • 固定費を見直す
    例:家賃の低い家に引っ越す、電力会社を切り替える、LED電球に変える
  • 節税する
    例:ふるさと納税や生命保険料控除を利用し、所得税を減らす
  • 株主優待でお得に生活する
    例:お食事券を使って安く外食する、割引クーポンでお得に買い物する

 

支出を減らす方法は、やりたいことや食べたいものをガマンすることだけではありません。
逆に、ふるさと納税や株主優待を活用することで、貯金しながら美味しいものを食べられるチャンスが生まれます。


▼節約方法について詳しく知りたい方は下記の記事をご覧ください。

 

貯金ができるコツ③投資をする

投資は、今ある資産を効果的に増やす方法。
普通預金にお金を入れていても増えるのは極わずかですが、安く購入した株式が数年後に2~3倍に増えることは珍しくありません。

投資の成功率を高めて資産を増やしていくには、早めにスタートして長期的に運用するのがおすすめ。
「何から始めればいいかわからない」「株価のチェックは面倒そう」という人は、月1000円以下で始められて運用をプロにお願いできる投資信託もあります。
投資はギャンブルではなく、戦略的かつ長期的目線でお金を増やせる方法なので、ぜひ検討してみてください。

支出を減らすことは誰でも出来る

収入を増やしたり投資を始めたりするには、スキルをつけるための時間や投資の元手となるお金が必要となります。

しかし、支出を減らすのは誰でも可能であり、すぐ実践できる方法です。
外食を減らしたり、スマホを格安simに変更したりするだけで支出を減らすことができるので、無駄遣いをしていないか見直してみましょう。

また、支出を減らすには、その商品を買うことでどんなリターンが得られるのか考えることもポイント
たとえば、LED電球は白熱電球に比べて割高ですが、消費電力は減少し、寿命も長いため、光熱費を浮かせることができます。
このように費用対効果を考えると、自然と支出を減らすことができるでしょう。

お金を貯めるのにおすすめの金融商品は?

f:id:haruka_sako:20200601112830j:plain

ここまで貯金するお金をどう確保するのかそのコツをご紹介しましたが、実際お金を貯めるにはどんな方法が良いのでしょうか。
低金利時代と言われるなか預金以外に効率よく貯める方法はないのか、気になる方もいるのでは。

そこで、ここからはお金を貯めるのにおすすめな金融商品6つご紹介します。

  1. 積立定期預金
  2. 財形貯蓄
  3. 社内預金
  4. 個人年金保険
  5. つみたてNISA
  6. iDeCo

これらの金融商品は、ほとんど誰でも利用できて、いつでも始められるものばかり。
それぞれの金融商品の特徴についてお話していきます。

貯金におすすめの商品①積立定期預金

積立定期預金とは、専用口座へ自動的にお金を振り替えて貯める方法です。
銀行などの金融機関で販売している商品で、普通預金を持っていれば誰でも積立定期預金口座を作ることができます。

お金の振替日は自分の好きな日に設定できるので、給料日と同じ日付に設定しておくのがおすすめ
給料日と積立定期の振替日を一緒にしておけば、自分がお金を無駄遣いする前に貯めておくことができます。
積立定期預金は普通預金に貯めておくより利率が良く、どうしてもお金が必要になったときはいつでも解約可能です。

貯金におすすめの商品②財形貯蓄

財形貯蓄は、給与からお金を天引きして貯める方法です。
天引きされたお金は、勤務先が提携している金融機関の専用口座に貯蓄されます。
給与として振り込まれるのは、財形貯蓄分を天引きした金額です。

財形貯蓄に関する手続きは、基本的に勤務先の担当者を通す必要があります。
自分だけで手続きをすることができないため、気持ち的に引き出しや解約がしにくいと感じる人が多いです。
そのため、財形貯蓄は自然にお金が貯まりやすいといえるでしょう。

貯金におすすめの商品③社内預金

社内預金は、財形貯蓄と同じで給与からお金を天引きして貯める方法です。
財形貯蓄と異なるのは、天引きされたお金を預かるのは金融機関ではなく会社という点です(会社が金融機関に委託している場合もあります)。

社内預金は金利が高い点がポイント
社内預金の金利は、厚生労働省により年0.5%以上と決められています(2020年10月時点)。
大手銀行の普通預金は0.001%(2020年10月時点)となりますので、その差は歴然ですね。

社内預金を取り扱っているかどうかは会社によるので、ぜひ確かめてみてください。

貯金におすすめの商品④個人年金保険

個人年金保険は、老後の資金を蓄えておくのに役立つ保険です。
「個人年金」という名前の通り、公的年金以外に老後のお金を貯めておくことが目的
個人年金保険の仕組みは、60歳や65歳まで月1万円などの掛け金をコツコツ貯めて、老後に受け取ります。

個人年金の受け取り年齢や受け取り期間(10年間や一生涯など)は、自分の好きな条件に定めることができますよ。

お金を貯める目的が老後資金であり、安定した方法で貯金したい方におすすめです。

貯金におすすめの商品⑤つみたてNISA

つみたてNISAは、投資信託で得られた利益が非課税になる制度。
投資信託はプロの投資家に運用を任せられるので、投資の知識が少なくても始めやすい資産運用となります。
つみたてNISAでは年間40万円までの投資は非課税となり、最長20年間にわたり税金がかかりません

また、NISA口座で貯めたお金は、いつでも引き出すことが可能。
そのため、マイホーム購入や子どもの教育資金など、今後のライフイベントに合わせて臨機応変な利用ができます。
これから少額で投資を始めたい方は、つみたてNISAの活用をおすすめします。

▼つみたてNISAについて詳しく知りたい方は下記の記事をご覧ください。

貯金におすすめの商品⑥iDeCo

iDeCoは、節税しながら老後の資金を貯められる私的年金制度です。
iDeCoでは毎月数千円の掛け金で資産運用し、運用で貯まったお金は60歳以降に引き出せるようになります。
運用対象となる投資商品は、元本保証型の定期預金や、初心者でも取り組みやすい投資信託など。

iDeCoは税制優遇の面からもおすすめです。
毎月の掛け金は所得税控除を受けることができ、運用で得た利益はすべて非課税となります。
老後のお金が心配な方は、なるべく早いうちからiDeCoでの資産運用を検討しましょう。

キャッシュレス決済時代の貯金管理のコツ

f:id:haruka_sako:20200407134732j:plain
クレジットカード・電子マネー・バーコード決済など、最近は現金を使わないキャッシュレス決済の利用が普及していますね。
キャッシュレス決済を活用すると、現金で貯金管理するよりも便利なことが多いです。上手に貯金管理するには、収支をデータで可視化したり各種手数料をお得に抑えることがポイントです。

ここでは、キャッシュレス決済による貯金管理のコツをお伝えします。

キャッシュレス決済派のほうがお金を増やせる?

キャッシュレス決済は、現金よりもお金の流れが把握しやすいといえます。
現金の場合は自分が覚えていない限り、支払った金額や何に使ったのか分からなくなってしまいますが、キャッシュレス決済の場合、何の支払いに何円のお金を使ったのかという支払い履歴を、データとして確認できます。
キャッシュレス決済は、お金の流れを可視化して収支が理解できるので、お金が貯まりやすいといえるでしょう。

家計簿アプリを活用して管理する

手書きで家計簿をつけるのは手間がかかりますよね。
そこで、おすすめは家計簿アプリの活用です。

家計簿アプリでは、レシートを読み込むだけでアプリに反映させてくれる機能があるものや、クレジットカードや銀行口座の連携ができるものもあり、アプリで簡単に一括管理できます
家計簿アプリを活用して、スマホで手軽に収支を確認してみましょう。

ネットバンキングの活用で手間も減らせる

ネットバンクを利用すれば24時間振込手続きができるので、わざわざ金融機関に行く必要がありません。
各種手数料に関しても、実店舗よりネットバンクの方が安いことが多いです。
振込手数料月○回まで無料となっているネットバンクも多いので、ぜひ活用しましょう。
大手銀行や地銀でも、ネットバンクを用意しているところが多いです。

コツを押さえて着実に貯金しよう

f:id:haruka_sako:20200518102955j:plain

今回は、貯金のコツやお金を増やすために使える制度をご紹介しました。
お金を貯めるには、まず自分の収支をしっかりと理解することが大切です。
その上で無駄な出費は削り、収入を増やしたり投資を始めたりすることを検討してみてください。
出費を削るにはさまざまな方法があるので、固定費や普段のお金の使い方から見直してみましょう。

 

もし、自分に合った貯金のやり方や支出の減らし方が分からない場合は、お金のプロに相談するのもおすすめです。

「お金の健康診断」は、匿名かつ無料でお金のプロに直接相談することもできるサービス
チャット形式なので自分のタイミングで相談することができ、わざわざ外出する必要もありません。
ぜひ気軽にトライしてみてくださいね! 

\\家から簡単!FPに無料でチャット相談//

f:id:kenta_furumi_400f:20200406095816p:plain