50代の平均貯金額は?老後のために50代から始める資産運用をプロが解説

f:id:haruka_sako:20200907135812p:plain

オカネコは、「お金の専門家が執筆、その執筆者にチャットで相談することもできる」 Webマガジン。
この記事の専門家は…

f:id:haruka_sako:20200415085044p:plain

【執筆者:加藤 映美】

大手証券会社に勤務していた期間でエリア別、全国での社内表彰を受賞。現在は大手証券会社ではできない、「お客様一人ひとりのゴールや目標に向かってライフプランを一緒に考えながら資産運用、資産形成をさせて頂く生涯のパートナーになりたい」という想いからJapan Asset ManagementのIFA(独立系金融アドバイザー)として活躍。現在の収支から、金融商品の選び方、保有資産の見直し、株、投資信託、保険、NISA、節税などわかりやすくアドバイスしている。

加藤さんへのチャット相談はこちらから   

自宅で簡単に「お金の健康診断」 専門家にチャット相談

「資産運用として投資をしてみたいけど何から始めればいいかわからない」
「自分の投資方法で良いのかアドバイスがほしい」

など、お金に関する不安や疑問を感じている人も多いのではないでしょうか。

そこで、おすすめなのが、お金のプロに無料相談できる「お金の健康診断」

居住地や相談内容を入力するだけで、あなたにぴったりなFPや独立系ファイナンシャル・アドバイザー(IFA)が見つかり、チャットで無料相談することができます。

<体験者の声>

子供の教育費や住宅ローンで思うように貯蓄ができず、老後資金に不安を感じていました。そんな時「お金の健康診断」を知ったのですが、匿名でチャット相談ができる点が気に入りました。とても親切にアドバイスしてくれ、結果的に家計の見直しをして浮いたお金で投資信託を始めました。これからも定期的に相談したいと思います。(東京都/会社員/44歳女性)

 

居住地や相談内容を入力するだけで、あなたにぴったりなFPや独立系ファイナンシャル・アドバイザー(IFA)が見つかり、チャットで無料相談することができます。

「お金の健康診断」には90社500名以上の専門家が登録しており、家計・保険・投資・ローンの相談・ライフプランなど幅広い相談に対応可能です。
相談は何人してもOKなので、さまざまな専門家の意見を比較すれば、より納得して選択ができるはず。

相談は名前・住所の入力不要なので、ぜひ気軽にトライしてみてくださいね!

\\スマホで簡単!プロに無料でチャット相談//

f:id:kenta_furumi_400f:20200406095816p:plain  

50代のリアルな貯金額は?独身・既婚別に貯金額を紹介

f:id:haruka_sako:20200819145412j:plain

こんにちは、Japan Asset Management(IFA)の加藤映美です。 

今回は、私のお客様の中でも数多くいらっしゃる50代の貯金額から、老後資金のための資産運用を解説していきます。

老後資金はどのくらい貯めればいい?

2019年6月に金融庁は、人生100年時代を見据えた資産形成を促す報告書をまとめました。

その報告書には『長寿化によって、定年退職後の人生が延び、今まで以上に多くの老後資金が必要になる』という旨が示されていました。

具体的には、男性が65歳以上、女性が60歳以上の夫婦では、年金収入による生活設計だと毎月約5.5万円の赤字が出るという予測です。

この予測を元に計算してみると、この夫婦が今後20年(夫85歳、妻80歳時)生きると1,320万円、30年(夫95歳、妻90歳)生きると約2,000万円が必要になります。

これがいわゆる老後2,000万円問題です。

老後資金の不安要素は他にも多くあります。

例えば

・少子高齢化によって年金制度を維持していくことはできるのか?
・退職金制度は今まで通り維持されるのか?
(企業の退職金は平均でピーク時の3-4割減少しています)

 

これらの不安要素に打ち勝って豊かな老後生活を送るためには、平均寿命が伸びることにつれ、資産寿命も伸ばしていくことが必要だと考えます。

そして、老後資産の問題を解決するためには、遅くとも50代からは老後を見据えた資産形成を行なっていくべきであるでしょう。

50代のリアルな平均貯金額は?独身・既婚別に紹介

f:id:haruka_sako:20200601112830j:plain

金融広報中央委員会の『家計の金融行動に関する世論調査(令和元年)』の金融資産保有額(金融資産保有世帯)によると、50代の単身世帯の平均貯蓄額は1,496万円、50代の2人以上世帯での平均貯蓄額は1,574万円でした。

しかし、平均貯蓄額は、多くの資産を持つ世帯が少数でもいると金額が高くなってしまい、実際の感覚とかけ離れてしまう事があります。

そこで今回は中央値(調査対象世帯を資産額順に並べたとき、真ん中に位置する世帯の資産保有額のこと)を用いて見ていきます。

 

50代単身世帯の貯蓄額の中央値は420万円、2人以上世帯で1,000万円。
夫婦で老後2,000万円必要とされているため、単身者はその半分の1,000万円必要と言うことができます。

f:id:haruka_sako:20200907105501p:plain

このようにみると、単身者は定年退職までに平均で残り580万円、2人以上世帯では定年退職までに残り1,000万円を準備する必要があります。

※出典:家計の金融行動に関する世論調査[単身世帯調査] (知るぽると)
※出典:家計の金融行動に関する世論調査[二人以上世帯調査] (知るぽると) 

預貯金だけで老後資金は準備できるかシミュレーションしてみよう

f:id:haruka_sako:20200603091257p:plain

今から老後資金を貯めようと思う人の中には、その手段として預貯金をイメージする人も少なくないのでは。

そこで、老後資金が準備できるの積立預金のシミュレーションして具体的にイメージしてみましょう。

55歳・既婚者で年収700万円のAさんの積立預金(金利0.2%/年 ※SBJ銀行)で定年退職(65歳)までに貯めることのできる額を見ていきます。

 

・Aさんは現在1,000万円の貯蓄があり、定年退職までにあと1,000万円を貯蓄しなければならない
・1,000万円を積立預金に入れ、定年退職までの10年間、毎年年収の20%を積立預金していく
・年収から所得税・住民税と社会保険料を引いて残るのは約518万円(その他の税は加味しない)

 

このうち20%の103.6万円+元々貯蓄している1,000万円を積立預金すると、これに金利が0.2%つき、結果として1年目の貯金額は1,105万8,000円(金利にかかる税金は考慮しない)となります。

このように計算していくと、定年退職までの10年で貯金額は2,067万6,400円となるので、目標である貯蓄額2,000万円になんとか届きます。

 

このシミュレーションから、積立預金だけでも2,000万円を貯めることは想定上可能なことがわかりました。

しかし、実際の人生では何が起きるかわかりません。
急な病気や怪我などで想定外の出費があるかもしれません。
またその他にも冠婚葬祭、車や家など大きな買い物、子供の学費などで出費が発生する場合もあります。

また、今回はSBJ銀行の金利0.2%でシミュレーションしましたが、0.002%という低金利の銀行も少なくありません

これらのことを考慮すると、積立預金だけで資産形成をしていくことはリスクも

老後に安心して暮らせるほどの資金を貯めていくためには、預金だけでなく株や債券などに投資して、資産を増やしていく必要があるのです。

50代からの資産運用とは?

f:id:haruka_sako:20200805120639p:plain

では、預貯金以外に50代からどうやって老後資金を準備すればいいのでしょうか?

ここからは50代からの資産運用について解説していきます。
先ほどのシミュレーションのように、超低金利下の現在、預金では中々お金を増やすことが難しいのが現状。

そこで、目標金額に近づけるために、株、投資信託、債券などを利用した資産運用をしていく必要があります。

しかし、大きく増やせる可能性があるものの、金融市場の動き次第では損失を被る恐れも。

そういった状況の中で成果をあげるのに重要なポイントは、良質なポートフォリオ作成」。
良質なポートフォリオ作成のためには2つの考え方が重要です。

分散投資

分散投資とは1つの金融商品にまとめて投資するのではなく、さまざまな金融商品に分散して投資していくこと。
分散投資で有効な戦略の1つが『コアサテライト戦略』です。

これは、運用資産をコア(守りの資産)とサテライト(攻めの資産)に分け、リスクをヘッジしつつも、運用効率を引き上げる投資戦略です。

▼コアサテライト戦略に関する詳細は下記の記事をご覧ください。 

資産の色分け

2つ目の考え方は資産の色分けをすること。
資産の色分けとは自身の資産状況を見直し、資産運用をその目的別に考えていくことです。
金融商品(株・投資信託・債券)を購入する際には

・安全性(減らない方が良いか、減っても良いか)
・収益性(増えた方が良いか、増えなくても良いか)
・流動性(いつでも換金できた方が良いか、換金できなくても良いか)

 のポイントに分けて判断していく必要があります。
それにより選ぶ商品を変えていきます。

▼金融商品を選ぶ際のポイントやそれぞれの違いについては下記の記事をご覧ください。

初心者が始めやすい資産運用方法

具体的な資産運用方法として、初心者の方にも始めやすいものを3つご紹介します。

・NISA
・iDeCo
・国債

一つひとつ解説していきます。

NISA

NISAとは少額投資非課税制度で、年間120万円を元手に始めた株・投資信託で得られた利益が全額非課税になる仕組みです。
最長5年間まで続けることができるため計600万円分までが非課税対象となります。

一方、つみたてNISAというものもあります。
つみたてNISAは毎年40万円分まで、20年間に投じた積立投資信託による利益が非課税となる仕組み。
毎月少額で積み立てることで資産運用することができます。

NISAの投資先は初心者が始めやすいよう国が選んだもののみなので、比較的安心して始められるでしょう。

iDeCo

iDeCoとは「個人型確定拠出年金」のことで、つみたてNISA同様、毎月一定額が投資されていきます。
投資先は銀行の定期預金・保険・債券・株式・投資信託などから選べます。
そのため、ローリスク・ローリターンの運用方法もできれば、反対にハイリスク・ハイリターンの運用方法も可能。

さらにiDeCoは、毎月の投資額が全額税金控除されます
そのため、自分で資産運用スタイルを自由に決め、なおかつ節税しながら将来のお金を備えたい人におすすめの運用方法。
ただし、原則的に60歳になるまで引き出せません。

国債

個人向け国債とは、日本国が発行している債券のこと。
国債の満期は3年・5年・10年と分けられていて、3年・5年の国債は固定金利、10年の国債は変動金利となっています。

債券は原則的に元本保証であり、個人向け国債の最低金利は0.05%

そのため、銀行預金や財形貯蓄よりもリターンを狙いたいと感じていて、なおかつ投資に対して恐怖心を持つ人に推奨できる運用方法でしょう。

 

また、50代から貯金を増やすためには日々の節約も大きな効果をもたらします。
▼節約方法については、下記の記事で詳しくご紹介してるのでご覧ください。

50代から貯めるなら預貯金以外の資産運用を始めよう

f:id:haruka_sako:20200710202739p:plain

50代の平均貯金額や資産運用方法について解説しました。

50代からの資産運用はポートフォリオの質によって大きく左右されるでしょう。
証券会社で運用されていたお客様とお話をしていると、「なんとなく大手の証券マンにすすめられて買ってみたら損がでて、自分が想像していたものとは違っていた!」なんて話をよく聞きます。

 

資産運用する際は自らの目的に応じて適切な金融商品を選んでいく必要があります。
ここまで読んでくださった方の中には、これから資産運用を始めてみようとしている方やポートフォリオを考え直したい方もいらっしゃると思います。
しかし、何から始めて良いかわからない方も多いのではないでしょうか。

私はIFA(独立系ファイナンシャル・アドバイザー)という立場から、皆様一人ひとりのライフプランをもとにゴールを決め、お客様に寄り添った提案をさせていただきます。
資産運用に関するお悩み・ご相談のある方はぜひお気軽にご連絡ください。
加藤さんへのチャット相談はこちらから 

老後資産問題を解決することで、豊かな老後生活が送れるようサポートいたします。

 

また、「お金の健康診断」は年齢や居住地、年収など20個程の質問に回答するだけで、あなたの家計状況をチェックすることもできます。

同地域・同世代の方と比較して年収・貯蓄額・家賃・資産運用額・保険料などがどの程度なのかがわかるので、自分の家計状況を客観的に知ることが可能。

その後は、あなたにぴったりなお金の専門家が紹介されるので、お金のプロに直接相談することもできます。
ぜひ気軽にトライしてみてくださいね! 

\\スマホで簡単!プロに無料でチャット相談//

f:id:kenta_furumi_400f:20200406095816p:plain