貯金100万未満の人はどのくらいいる?貯金が苦手な人も効率良く貯める方法

f:id:haruka_sako:20200825175629p:plain
こんにちは、ファイナンシャルプランナーの池田昇太です。

皆さんの貯金額は、現在いくらでしょうか?
貯金額が100万円未満である人の中には、「周りと比べて全然貯金できてないけど大丈夫かな?」と不安に感じている人もいるのではないでしょうか。

とはいえ、どうやって貯金すればいいのか分からなくて悩むこともあるでしょう。

そこでこの記事では、貯金100万円未満の人の割合や、具体的な貯金方法などを解説します。

自宅で簡単に「お金の健康診断」 専門家にチャット相談

「貯金がなかなか貯まらない…何を改善すべき?」
「資産運用として投資をしてみたいけど何から始めればいいかわからない」

など、お金に関する不安や疑問を感じている人も多いのではないでしょうか。

そこで、おすすめなのが、お金のプロに無料相談できる「お金の健康診断」

居住地や相談内容を入力するだけで、あなたにぴったりなFPや独立系ファイナンシャル・アドバイザー(IFA)が見つかり、チャットで無料相談することができます。

<体験者の声>

貯金がなかなか貯まらず、前から誰かに相談したいと思っていたものの資産が少ないのに相談しても良いものかと思い、相談できずにいました。
また、お金の相談って今までしたことがなく、ちょっとあやしいイメージも…。でも、「お金の健康診断」のチャット相談は匿名でできますし、嫌だったら途中でやめればいいかと思い利用しました。実際使ってみると、とても気軽でLINE感覚で使いやすく、チャットだとFPのアドバイスが後から見返せる点が気に入りました。
後日FPと直接会って相談もしましたが、無理に勧誘されることもなく、安心して相談することができて良かったです。

(東京都/会社員/27歳女性)

「お金の健康診断」には100社500名以上の専門家が登録しており、家計・保険・投資・ローンの相談・ライフプランなど幅広い相談に対応可能です。
相談は何人してもOKなので、さまざまな専門家の意見を比較すれば、より納得して選択ができるはず。

相談は名前・住所の入力不要なので、ぜひ気軽にトライしてみてくださいね!

\\あなたの家計状況を90秒で診断//

f:id:kenta_furumi_400f:20200406095816p:plain

貯金100万円未満の人はどのくらい?年代・年収別に割合を紹介

f:id:haruka_sako:20200619124614j:plain

金融広報中央委員会が令和元年に行った「家計の金融行動に関する世論調査」を参考に、貯金額100万円未満の人がどれほどの割合かご紹介します。

始めに紹介するのは年代別・年収別の単身世帯のデータです。

 

【世代別】単身世帯の貯金100万円未満の割合

f:id:haruka_sako:20200825144358p:plain
※出典:家計の金融行動に関する世論調査[単身世帯調査] (知るぽると)

上記の平均貯金額は、「金融商品の保有額」(金融資産非保有世帯含む)から出したもので、預貯金のほか保険や株などの金融資産も含んでいます。

貯金100万円未満の割合を見てみると、40代と50代の割合が全く同じでしたが、年代が上がるにつれて割合が小さくなっています。

【年収別】単身世帯の貯金100万円未満の割合

f:id:haruka_sako:20200825144751p:plain

年収別に貯金100万円未満の割合をみると、年収300万円から750万円未満に至るまで、割合は小さくなっています。

しかし、750万円から1,200万円未満に至るまで割合が大きくなっていることが分かります。
1,000万円以上を稼ぐ人の中には、収入のほとんどを消費に回してしまう人もいるのかもしれません。

ですが、1,200万円以上で貯金100万円未満の人は、1人もいないことがわかります。

 

次に、二人以上世帯の割合を見てみましょう。

【世代別】二人以上世帯の貯金100万円未満の割合

f:id:haruka_sako:20200825145321p:plain
※出典:家計の金融行動に関する世論調査[二人以上世帯調査] (知るぽると) 

 

単身世帯同様、年代が上がるにつれて貯金100万未満の割合が小さくなっています。
年を重ねるごとに、人々の貯金についての意識が高まっているのかもしれません。

また、単身世帯と比べると全体的に割合が小さめです。
二人以上世帯で子どもがいる場合などは、特に貯金を意識していると考えられます。

 

【年収別】二人以上世帯の貯金100万円未満の割合

f:id:haruka_sako:20200825145703p:plain

単身世帯と比べると、全体的に割合が小さめです。
また、年収が上がるにつれて、割合も小さくなっています。

以上のデータを見ると、貯金100万円未満の人は、20代もしくは年収300万円未満の人に多いことがわかります

貯金が苦手な人でも100万円まで効率的に到達できる5つのステップ

f:id:haruka_sako:20200625164144p:plain

「意識はあるのに貯金ができない…!」という人も大丈夫。
ここからは、効率的に100万円貯金するための方法をステップごとにご紹介します。

ステップは以下の通り。

①計画を大まかに立てる
②先取り貯金を始める
③家計簿で無駄な支出を見つける
④無駄な支出を削減する
⑤必要に応じて計画を変更する

それぞれ詳しく解説していきます!

①100万貯金する計画を大まかに立てる

最初に100万円貯金の計画を立てましょう。
いつまでに100万円貯めるのか、そのために毎月いくら貯金するかを大まかに決めます。

例えば1年半後に100万円貯めるとした場合、毎月約5万6千円の貯金が必要です。
もしひと月の間に一定の金額を貯金できなかった場合は、その月の不足額分を翌月に貯金し、帳尻を合わせても問題ありません。

②先取り貯金を始める

貯金の計画を大まかに立てたあとは、先取り貯金を始めてみましょう。
先取り貯金とは、毎月決められた金額が給与などから天引きされ、銀行口座に送金される貯金方法。
先取り貯金なら、貯金する人の意思にかかわらず自動的に貯金されるので、貯金の成功率が上がります。

先取り貯金の方法には、財形貯蓄や定期積立貯金などがおすすめ
財形貯蓄とは、毎月の給与から自動的に一定額が天引きされて、金融機関に送金される方法を指します。
財形貯蓄は会社の制度ですので、できる所とできない所があるため、まずは確認しましょう。

定期積立貯金とは、毎月一定額が口座から引き落とされ、定期預金の口座に送金される方法を指します。
定期積立貯金は、多くの金融機関で利用可能です。
ただし、定期預金ですので、基本的に一定期間引き出せないため、ご注意ください。

③家計簿を見つけて無駄を見つける

先取り貯金以外の貯金をするためには、無駄な支出を削減しなくてはなりません。

無駄な支出を見つける際に役立つ道具が家計簿。
家計簿を付ければ、毎月の収入・支出が項目ごとに分かります。
家計簿の付け方は自由ですが、何に対していくら使用したか分かるようにしなくてはなりません。

例えば、以下のように項目ごとにいくらであるかを家計簿に記入します。

・家賃:6万円
・食費:4万円
・保険料:7千円
・光熱費:1万円

さらに、無駄な支出を見つけるためには各項目を細分化すると良いでしょう。
例えば食費であれば、

・自炊に使った食費
・外食費
・コンビニで買ったアイスやお菓子
・自動販売機で買った飲み物

などと細かく記入すれば、どこを削るべきか検討しやすくなるはずです。

また、家計簿に使うツールは何でもOK。
手書きの家計簿を買ったり、真っ白なノートを買って記入したりする方法があります。他にも、スマートフォンで利用できる無料の家計簿アプリを使うのも良いでしょう。

自分に合った方法を試してみてください。

④固定費や生活費から無駄を削除していく

家計簿を使って無駄な支出を見つけたあとは支出削減し、その分を貯金に回しましょう。
ここからはどのように支出削減するのか、具体的な方法をお伝えします。
固定費の中にも、削減すべき支出は見つかるでしょう。
ここでは簡単に実践でき、なおかつ削減効果の高い順にご紹介するので、ぜひ参考にしてください。

④-1:通信費

毎月の通信費の内訳を確認してみましょう。
中にはほとんど使っていない付帯サービスが含まれているかもしれません。
使っていないサービスは解約し、その分を貯金に回します。

また、通信費を削減するために通信会社を変更する方法もおすすめです。
例えば格安SIMを利用すれば、DoCoMoやau、SoftBankなどの大手よりも安い通信費にできます。

④-2:保険料

毎月の保険料も見直してみましょう。
見直してみると、必要のない保険内容が含まれている可能性もあります。

例えば保険内容をよく確認すると、生命保険の医療保障特約と医療保険の保障内容が被っているケースもあるのです。
一度、加入している保険の内容を確かめることをおすすめします。

④-3:サブスクリプション

定期的に利用しているサービスの中で、使っていないにもかかわらず支払い続けているサービスはありませんか?

例えば通っていないスポーツジムの会費、視聴していないビデオオンデマンドのサービスなどが当てはまります。
このように利用していないサブスクサービスは思い切って解約し、その分を貯金に回すと良いでしょう。

④-4:水道光熱費

水道・電気・ガス代も見直しの対象となります。
毎月の料金が高めである場合は、普段の生活の中で、水や電気などの無駄遣いをしていないかを確認してみましょう。

例えば、水道であれば水を出しっぱなしにする癖がないかどうか。
電気であれば外出時に部屋やパソコンの電気を付けっぱなしにしてないかどうかに注意してみてください。

④-5:食費

毎月の食費の支出額を確認しましょう。
外食費用の割合が高くないかどうかや、自炊にした方が安く済ませられないかどうかなどを検討します。

また、コンビニで買うお菓子やアイスなど、余分であると感じられる支出があれば、カットするように努めてみるのがおすすめです。

④-6:交際費

毎月の交際費を見直します。
例えば友人と一緒に行く喫茶店やボーリング、会社の人と一緒にいく飲み会やカラオケ代など。
誘われるがままに、似たメンバーで月に何度も飲みに行くようなことがあれば注意が必要です。

また、飲み会に参加していて、終電を逃してしまって利用するタクシー代なども、家計を圧迫する原因となるでしょう。

交際費の支出を改善する方法は、飲み会に参加する回数や、帰る時間を決めておくことです。また、毎月使うお金を決めるのが有効です。

④-7:その他の支出

その他の支出をご紹介します。

・ATMの時間外手数料
・惰性で読む雑誌
・酒やタバコ代
・自動販売機で買う缶コーヒー

家計簿を見て、削減できそうな支出がないかどうか確認することをおすすめします。

家計簿から100万円を貯金するための世帯別シミュレーション

実際に100万円を貯金する方法をイメージしていただくために、世帯別シミュレーションをしてみましょう。

20代単身世帯の場合
過去に筆者が実際につけていた家計簿を参考にして、20代単身世帯の場合のシミュレーションをしてみます。

f:id:haruka_sako:20200825151037p:plain

【備考】
・食費の50%は外食費
・交際費は会社での飲み会などがほとんど
・ボルダリングジム会費は1か月無制限で利用できる内容であるが、ほとんど行けていない

そこで、以下の見直しをしました。

・通信費7千500円:通信費は、格安SIMに切り替えることで2千円代にすることが可能
・ボルダリングジム会費9千円:ボルダリングジムはほとんど利用していないので、解約
・食費5万円:食費の50%(2万5千円)は外食費とのことなので、外食に使うお金は1万5千円までと制限し、替わりに自炊する
・交際費5万円:交際費は毎月3万円までと制限する

この通りに削減すると、収支は次のようになります。

f:id:haruka_sako:20200825151056p:plain

無駄な支出を削った結果、3万4,500円を浮かせることに成功しました。


30代既婚、子ども2人の場合

続いて、過去に筆者がFPとしてお引き受けしたご相談事例を参考にして、30代既婚、子ども2人の場合のシミュレーションをしてみます。

f:id:haruka_sako:20200825152048p:plain

【備考】

・夫婦とも30代、子どもは7歳と4歳の2人
・保険料は生命保険が1万6千200円、医療保険が5千800円

 

以下の点を見直すと、家計の負担を減らすことができます。

・通信費は夫婦1人あたり1万1千円かかっているので、2人とも格安SIMにすることで1人あたり2千円代にすることが可能
・保険料は不要な特約を外したり、掛け捨て型の保険に切り替えたりすることで保険料を減額する
・生命保険の医療保障特約と医療保険の内容が被っていたため、特約を解約して3千円削減
・教育費は習い事などをさせている場合は、子どもに本当に必要かどうかを考慮する
・4歳の子どもが英語教室に通っているが、行きたがらないことが多いので辞め、1万1千円削減

 

この通りに削減すると、収支は次のようになります。

f:id:haruka_sako:20200825152358p:plain

その結果、3万1,000円浮かせることに成功しました。
このように無駄なものを削減すると貯金にまわせるお金が増え、貯金100万円に近づきます。
ポイントを参考にして、見直してみましょう。

▼節約について詳しく知りたい方は下記の記事をご覧ください。

⑤頑張りすぎず、必要に応じて計画は見直す

100万円貯金の計画は、必要に応じて変更しましょう。
毎月の貯金額の増減や貯金の目標達成期日も、場合によっては必要です。

というのも、毎月の貯金額を用意するために生活を切り詰める方法は、効果的な貯金とはいえません。
なぜなら無理な支出削減は長続きしないためです。

そのため、毎月設定した貯金額が大きい場合は、目標達成期日を先延ばしにして額を小さくするのがおすすめ。
また、支出を削減した結果として多くのお金が浮いた場合は、毎月の貯金額を増やして目標達成期日を早める選択肢もあります。

つまり、「計画通りに進めなくてはならない」と強く思い込まず、状況に応じて柔軟に対応して良いのです。

知っておきたい!100万円貯金で得られる3つのこと

f:id:haruka_sako:20200812154251p:plain

なかなか貯金ができない人にとって、100万円の貯金はなかなか難しいでしょう。
途中で「もういいや」と思ってしまうこともあるかもしれません。


しかし、100万円貯金に成功した後に手に入るものがあります。

①貯金の習慣
この記事で紹介している方法で100万円を貯めた頃には、貯金の習慣が身についているでしょう。
貯金の習慣は、これから先、さらに貯金するために役立ちます。

 

②資産運用の資金
貯金した100万円は、資産運用に回すと良いでしょう。
銀行預金の利率は低いため、より高い利率で運用すれば、効率的に資産を増やすことが期待できます。

 

③精神的なゆとりが生まれる
いざというときの為のお金があれば、精神的にゆとりを持てます。
例えば事故に巻き込まれたり、大きな病気にかかったりして医療費が必要になったときなどの非常時に、貯金した100万円が役に立つでしょう。

 

貯金100万円達成するだけで、選択肢は広がるはず。
貯金がつらくなったときは上記の3つを思い出して、少額でも良いので継続してみてください。

100万円貯金できれば自信もつく!コツコツ始めてみよう

f:id:haruka_sako:20200626174321p:plain

この記事では、貯金100万円未満の人がどれくらいいるのか、貯金するにはどうするかを解説しました。

100万円を貯めれば資産運用の資金が用意できたり、精神的なゆとりが生まれたりするなどのメリットがあるため、ぜひ100万円貯金に挑戦してみてください。

また、「家計のどこを見直せばいいのかわからない」「投資を始めたいけど何から始めればいいのかわからない」という人は、FPや資産運用のプロであるIFA(独立系金融アドバイザー)に相談してみましょう!

「お金の健康診断」なら100社500名以上の専門家が登録する日本最大級のプラットフォーム。
自分の悩みに強いFPが検索でき、無料でチャット相談することができます。
相談は匿名でOKなので、ぜひ気軽にご利用ください!

\\あなたの家計状況を90秒で診断//

f:id:kenta_furumi_400f:20200406095816p:plain 

 ▼おすすめの関連記事

 
この記事の専門家

池田 昇太

    コメント 大学卒業後、介護施設に就職。本業と並行しながら、FP技能士2級を取得。過去に投資詐欺に遭った経験があることから、「人々のお金の不安を解消したい」という想いを抱きつつ、FPとして相談・執筆業を行う。不定期でウェビナーを開催しており、資産運用や保険などについての講演をしている。