賢い貯金の仕方5選!平均貯金額と貯金ができない原因も解説

f:id:haruka_sako:20200729180658j:plain
いざ貯金をしようと思っていても、うまく貯金ができないという人も多いのではないでしょうか。
最初は節約したり、家計簿をつけたりして頑張っても、貯金は継続するのが難しいもの。

そこで、今回は賢い貯金の仕方をご紹介。
また、貯金の仕方のほかにも、

・みんなの平均貯金額
・貯金ができない原因
・賢い貯金の仕方
・資産形成の方法

を紹介していきます。
ぜひ参考にしてくださいね!

自宅で簡単に「お金の健康診断」 専門家にチャット相談

f:id:haruka_sako:20200601143219p:plain

「貯金がなかなか貯まらない…何を改善すべき?」
「資産運用として投資をしてみたいけど何から始めればいいかわからない」

など、お金に関する不安や疑問を感じている人も多いのではないでしょうか。

そこで、おすすめなのが、お金のプロに無料相談できる「お金の健康診断」

居住地や相談内容を入力するだけで、あなたにぴったりなFPや独立系ファイナンシャル・アドバイザー(IFA)が見つかり、チャットで無料相談することができます。

<体験者の声>

貯金がなかなか貯まらず、前から誰かに相談したいと思っていたものの資産が少ないのに相談しても良いものかと思い、相談できずにいました。
また、お金の相談って今までしたことがなく、ちょっとあやしいイメージも…。でも、「お金の健康診断」のチャット相談は匿名でできますし、嫌だったら途中でやめればいいかと思い利用しました。実際使ってみると、とても気軽でLINE感覚で使いやすく、チャットだとFPのアドバイスが後から見返せる点が気に入りました。
後日FPと直接会って相談もしましたが、無理に勧誘されることもなく、安心して相談することができて良かったです。

(東京都/会社員/27歳女性)

「お金の健康診断」には90社500名以上の専門家が登録しており、家計・保険・投資・ローンの相談・ライフプランなど幅広い相談に対応可能です。
相談は何人してもOKなので、さまざまな専門家の意見を比較すれば、より納得して選択ができるはず。

相談は名前・住所の入力不要なので、ぜひ気軽にトライしてみてくださいね!

\\自宅で簡単!あなたの家計状況を90秒で診断//

f:id:kenta_furumi_400f:20200406095816p:plain

どのくらい貯金すべき?みんなの平均貯金額

f:id:haruka_sako:20200522170159j:plain

貯金の仕方を知る前に、そもそも他の人がどのくらい貯金しているのか気になりますよね。
平均が分かれば、目標とする金額を設定でき、貯金に励めます。

そこで、まずは年代別の平均貯金額をご紹介します。
金融広報中央委員会が令和元年に行った 『家計と金融行動に関する世論調査』(※)の「金融商品の保有額」(金融資産非保有世帯含む)によると、独身と既婚者の平均貯金額は以下の通りでした。

 

【単身世帯の金融資産保有額】

  平均値 中央値
20代 106万円 5万円
30代 359万円 77万円
40代 564万円 50万円
50代 926万円 54万円
60代 1,335万円 300万円

出典:家計の金融行動に関する世論調査[単身世帯調査] (知るぽると)

 

上記の金額は預貯金だけでなく、貯蓄性のある生命保険、債券や株式、投資信託など金融商品を含めたものです。

ここで注目してほしいのが中央値です。
中央値とは、上から順に並べたときの真ん中にあたる値。
平均値の場合は、金額が極端に大きい人や少ない人の平均となるため、中央値を参考にすると良いでしょう。

中央値を見ると、思ったほど資産額が少ないと感じませんか?
特に20代の場合、他の年代と比べても平均値と中央値が極端に少なく、貯金に対する意識の低さがうかがえます。
つまり、中央値と平均値の差から貯金している人としていない人では、かなり差があるということ。
30代以降の中央値と平均値の違いからもその差はどんどん大きくなることがわかるので、早いうちからの貯金に取り組みたいですね。

\\貯金したいなら家計の見直し!FPに無料相談//

f:id:kenta_furumi_400f:20200406095816p:plain

貯金ができない原因をチェック

f:id:haruka_sako:20200406152844j:plain

みんなの平均貯金額がわかったところで、続いては貯金がうまくできない原因をチェックしてみましょう。
原因がわかれば、上手に貯金できるようになるかもしれません。

①貯金ができない原因:支出を把握していない

支出とは、家賃や光熱費はもちろん、ローンや娯楽費など出ていくお金のこと。

貯金をするうえで、無駄な出費はできるだけ抑えていきたいものですが、支出を把握していないと、毎月いくら使ったのが分からないため、無駄な出費してしまいがち
何にどのくらいのお金がかかっているのかがわからないと、どこを見直すべきなのかもわかりません。

ざっくりでも良いので、毎月の支出を把握しておくことが大切です。

②貯金ができない原因:余ったお金を貯金しようと思っている

あなたは給料が入ったら、余ったお金を貯金しようと考えていませんか?

しかし、いくら余ったお金を貯金しようと思っていても、あればあるだけ使ってしまうもの。
数ヶ月はできたとしても、急な出費が重なったりすると貯金ができない場合もありますし、モチベーションをキープするのも大変です。

意思だけで貯金を継続するのは難しく、勝手に貯まる仕組みを作ることが大切
先取り貯金の方法は、後半の「貯金の仕方」で解説します。

③貯金ができない原因:口座を分けていない

貯金をうまくできない人に多いのが、銀行の口座を分けていないこと。

給与や生活費、貯金などを一つの口座にまとめていると、それぞれどのくらいのお金が残っているのかがわかりにくく、何となく使っているうちに「全然貯金できていない…」なんてことに。

上手に貯金する仕方としては、生活費用の口座と貯金用の口座を分けるのがおすすめ。
口座を分けることで、何のお金がどのくらいあるのかが明確にわかるからです。

貯金をうまくするためにも、1つの口座で管理するのではなく、目的に応じた口座の使い分けをしていきましょう。

④貯金ができない原因:固定費が高い

固定費とは、収入の増減に関係なく毎月決まって出ていくお金のことで、家賃・保険代・携帯代などが当てはまります。

家賃をはじめ、固定費は金額が大きく、いくら日々の食費や交際費を削っても固定費が高いと貯金できる金額はなかなか増えません。

少しでも貯金額を増やすためにも固定費を見直すことがポイントです。

⑤貯金ができない原因:クレジットカードを多用する

複数枚のカードを使うと、毎月の支払い額を把握することが難しくなります。

特に、リボ払いには注意が必要です。
リボ払いとは、毎月の支払額を一定の金額に固定して、金利とともに返済していく方法。
毎月の支払いは少額で済む点がメリットですが、分割払いが終わっていないうちに、また新たに分割払いをしてしまったりして支出の管理が困難に。

さらに、クレジットカードによって金利は異なりますが、一般的には15%程度。
支払いが長期化し、金利に応じた利息が膨らみやすく、本来であれば貯金に回せるはずの金額も、リボ手数料によって消えてしまいます。

貯金をしたいなら、分割払いやリボ払いはなるべくしないように気をつけましょう。

\\スマホで簡単!FPになんでも無料でチャット相談//

f:id:kenta_furumi_400f:20200406095816p:plain

賢い貯金の仕方5選

f:id:haruka_sako:20200529152246j:plain
貯金がうまくできない人の特徴が分かったところで、どうすれば貯金がうまくできるのかが気になりますよね。

賢い貯金の仕方にはコツがあります。
一つひとつ見ていきましょう!

①貯金の仕方:先取り貯金をする

貯金の仕方の王道は、先取り貯金。
先取り貯金とは、給料などのまとまった金額が入ってきたときに、決まった金額を自動的に貯金用口座へ振り込む仕組み。

先取り貯金をすれば、残りの金額で生活を送っていくためいくら無駄な出費をしても、貯金は確保できていることになります。
最初から貯金を差し引かれた分を使うので、節約しているというストレスを感じることもありません。

先取り貯金は、各銀行が取り扱っている「自動積立定期預金」で行うことができます。給与振込口座などで利用している銀行で依頼すれば、誰でもすぐに始められます。

勤務先に社内預金や財形貯蓄制度がある人は、それを活用するのも良いでしょう。

②貯金の仕方:お金の流れを把握する

貯金ができない原因でも解説した通り、自分の支出を把握することは貯金をする上で大切なポイント。

お金の流れを把握することができれば、改善すべきところがわかってきます。

お金の流れを把握するなら家計簿をつけてみましょう。
毎日手書きでつけるのは面倒だという人は、家計簿アプリを活用するのがおすすめ。
または、レシートを取っておいて週に一度ざっくりと整理してみるのも良いでしょう。

細かく把握する必要はなく、大体わかれば十分なので、手間にならない方法で試してみてください。

③貯金の仕方:固定費を削減する

固定費の削減は、毎月の支出を確実に抑えることができるため真っ先に取り組みたいことのひとつ。
もっとも大きい固定費は家賃ですが、引っ越しや家賃交渉は人によっては簡単ではないかもしれません。

そこで、すぐに実践できる内容としておすすめなのが、格安スマホへの乗り換えや保険の見直し
もし、3大キャリアを利用している方は、格安スマホへの乗り換えを検討してみましょう。
格安スマホに乗り換えると、毎月の支払いが半額以下になるケースも多く、毎月数千円の支出を抑えることが可能
年間で数万円は削減できるため、その金額を貯金や投資に回せば非常に効率的です。

保険の見直しもおすすめです。
なかには、保険は知り合いの紹介や営業の人にすすめられて入ったという人もいるでしょう。
しかし、保険は年代や家族構成によって入るべき保険が変わってきます。
今の自分のケースに合っている保険かどうか見直してみてみましょう。

④貯金の仕方:旅行や買い物など貯金の目標を立てる

もし何の目標も立てずに貯金をした場合、途中で何のために貯金をしているのかが分からなくなり、貯金に対するモチベーションが下がってしまうことがあります。

そこで、貯金の仕方としておすすめなのは、目標を立てること。
目標を立てることで、モチベーションを保ちながら貯金に取り組むことが可能です。

目標は旅行や欲しい物を買うなど、自分が楽しみにできるものにすることがポイント

最初は目標のために頑張ろうと思うのですが、貯金が徐々に貯まっていくと貯金自体が楽しくなったり、「ここまで貯めたからもう少し頑張ろう」と思えるようになります。

楽しい目標を立てて、貯金を習慣化できるようにしてみましょう。

⑤貯金の仕方:小さな出費を減らす

意外と見落としがちになるのが、毎朝コンビニでコーヒーを買ったり、自販機でジュースを買ったり、食後にお菓子を買ったりなど日々の小さな出費。

数百円、数千円と少額のため気にすることなく買ってしまいがちですが、積み重なると当然金額は大きくなります。

加えて、コンビニ通いなどは習慣になっていることが多く、不必要なものまで買ってしまう場合も。

こうした小さな出費を積み重ねていないか見直し、意識してやめる努力をしていきましょう。

\\お金のプロに無料でチャット相談//

f:id:kenta_furumi_400f:20200406095816p:plain

【応用編】積立NISAなど資産形成を始めよう

f:id:haruka_sako:20200515093259j:plain
ある程度の貯金が貯まってきた人は、積立投資などの資産形成がおすすめです。

今は銀行に預けていても大体が普通預金は0.001%、定期預金でも0.002%の低金利
預貯金の金利でお金を増やすのは、ほぼ不可能と言っていいでしょう。

 

そこで、おすすめなのが「積立NISA」や「確定拠出年金(企業型DC/iDeCo)」など非課税制度を活用したつみたて投資

特に積立NISAは国が厳選した投資信託銘柄に投資できるため、初心者でも安心して始められます。

投資は長期間運用した方が資産が増えやすいため、早く始めることがポイント
ただし、投資は元本割れするリスクもあるため、余裕資金で運用するようにしましょう。

▼投資について詳しく知りたい人はこちらの記事をご覧ください。

貯金の仕方を知って貯め上手になろう

f:id:haruka_sako:20200406150135j:plain

今回は、貯金がうまくできない方に向けて、貯金ができない原因と賢い貯金の仕方を解説しました。
紹介した方法をすべて実践する必要はないので、まずは自分のできることから実践してみましょう。

 

しかし、自分1人では固定費の見直しや資金形成をどうしていくべきか悩むという人も多いですよね。
そんな方は、ファイナンシャルプランナーや資産運用のプロであるIFA(独立系金融アドバイザー)に相談してみましょう。

お金のプロにチャット無料相談ができる「お金の健康診断」をぜひ活用してみてくださいね!

\\自宅で簡単!あなたの家計状況を90秒で診断//

f:id:kenta_furumi_400f:20200406095816p:plain