今年の夏は森永製菓の株価に期待!資産運用のプロが注目すべき理由を解説

f:id:haruka_sako:20200610192414j:plain
オカネコは、「お金の専門家が執筆、その執筆者にチャットで相談することもできる」 Webマガジン。
この記事の専門家は…

f:id:haruka_sako:20200415085044p:plain

【執筆者:西出 滋】
銀行、証券・投資顧問、保険と金融3業態すべてを経験した、金融業界25年のFP。外資系投信投資顧問とヘッジファンドで年金運用のファンドマネージャーを歴任しており、特に資産形成・資産運用の相談を専門としている。
 

▼この筆者にチャットで無料相談できます!
詳しくはこちらから
     

\\あなたの家計状況を90秒で診断//

f:id:kenta_furumi_400f:20200406095816p:plain  

今年は猛暑…株価はアイスに注目!?

f:id:haruka_sako:20200610173552p:plainこんにちは、元外資ファンドマネージャーの西出滋です。

今回のテーマは、猛暑関連株として、アイスクリームに注目する理由を解説していきます。

 

株式市場では、季節的に盛り上がる株のことを「シーズンストック」と言います。

たとえば、例年より寒い場合は、コートなどが売れるのでアパレル関連企業の株価が上がると予想されますし、暑い夏はビールやアイスなどが注目されます。

今年の夏は例年より暑いことが予想されています。
そのため、ビールやアイスの株が注目されます。

しかし、今年のビール株は注意した方がいいと私は考えています。
というのも、ビールは業務用が大半を占めているから。
コロナショックからの回復もありますが、「外で飲もう」という消費行動がコロナ前に戻るかどうかは疑問が残ります。

一方で、アイスクリームは家庭内がほとんどなので、暑ければ「アイスを買って家で食べよう」という人が増えると予想できます。

森永製菓の株価に注目する理由

f:id:haruka_sako:20200610172553j:plain

昨年の3月〜6月までのアイスの売上ランキングを見てると、以下の通りでした。

 

1位 チョコモナカジャンボ(森永製菓)
2位 スーパーカップ 超バニラ(明治)
3位 PARMチョコレートバー(森永乳業)
4位 パピコチョココーヒー(江崎グリコ)
5位 ハーゲンダッツ キャラメルバタークッキー

上記の中で上場していて、アイスクリームが全体の売上を占める比率が大きい会社はどこでしょうか?

そう、ランキング1位の森永製菓なのです。
5月29日時点の森永製菓の株価指標を見てみましょう。

森永製菓(2201)
配当利回りは1.56%
PERは18.91倍
PBRは2.22倍 

配当利回りは決して高いわけではありませんが、銀行の預金金利よりは高いですよね。

PERは利益の何倍まで株価が買われているかという指標で、一般的に低い方が割安だと言われています。
森永製菓の18.91倍が高いか、低いかを判断するにはどういう業種に属しているかで判断が異なります。

日経平均の適正レベルは15倍ほどと言われています。

森永製菓は食料品という生活必需品を扱っている会社なので、PERが高くても市場では許容されます。
ということは、森永製菓のPER18.91倍は割安ではないものの決して高い水準ではないと言えます。

続いて、PBR。
会社の持っている資産から会社の抱えている負債を引いた残り、これを純資産といい、この純資産の何倍まで株価が買われているかという指標です。
これも一般的には小さいほうが割安だと言われています。

森永製菓のPBRは、2.22倍。
決して低い水準ではありませんが、極めて割高だという水準でもありません。

\\自宅で簡単にプロに「お金」のチャット相談//

f:id:kenta_furumi_400f:20200406095816p:plain  

森永製菓の売上の20%はアイス

森永製菓の2020年3月期の売上に占める冷菓、アイスクリームの比率を見てみましょう。

全体の売上は2,088億7,800万円。
そのうち、冷菓の売上は407億5,300万円で、約20%を占めます。

ちなみに、先ほどランキング3位だった森永乳業は全体に占めるアイスクリームの比率は10%以下

つまり、森永製菓ではアイスクリームが主力の売上を占めているということが判断できます。

 

森永製菓はすでに2021年3月期の業績予想を発表しており、やはりコロナショックの影響は避けられないとし、減収減益、売上高は下がり、利益も小さくなると予想しています。

コロナショックによる影響を売上高で80億円の減収、営業利益で25億円の減益要因だと判断しています。

ここで重要なのは、すでに減収減益予想を出していること
株価はその影響を折り込んだ水準にあります。

想定通り、今年猛暑になり、アイスの売上が拡大し、森永製菓の業績に寄与するという連想が投資家の間に広まり、「森永製菓2201」が注目を浴びることになるでしょう。

 

Twitterやnoteでも役立つ情報を発信しているので、ぜひご覧ください。

チャンネル登録はこちら

Twitterはこちら

「西出滋@元ファンドマネージャー」のnoteはこちら 

お金の不安や疑問…執筆者のFPに相談してみよう

f:id:haruka_sako:20200421092131p:plain

「もっと詳しく知りたい」「投資に興味はあるけど、具体的に何から始めればいいかわからない」という人は、資産運用のプロである筆者に直接聞いてみましょう!

「お金の健康診断」サービスならFPに無料で相談することができます。
▼この筆者にチャットで無料で相談!
詳しくはこちらから
  

 
また、「お金の健康診断」は年齢や居住地、年収など20個程の質問に回答するだけで、あなたの家計状況をチェックすることもできます。

同地域・同世代の方と比較して年収・貯蓄額・家賃・資産運用額・保険料などがどの程度なのかがわかるので、自分の家計状況を客観的に知ることが可能。

その後は、あなたにぴったりなお金の専門家が紹介されるので、お金のプロに直接相談することもできます。

ぜひ気軽にトライしてみてくださいね! 

\\スマホで簡単!プロに無料でチャット相談//

f:id:kenta_furumi_400f:20200406095816p:plain

※ディスクレーマー※

本資料が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものであり、投資その他の行動を勧誘するものではありません。銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。本資料に掲載される株式、債券、為替および商品等金融商品は、企業の活動内容、経済政策や世界情勢などの影響により、その価値を増大または減少することもあり、価値を失う場合があります。本資料は、投資された資金がその価値を維持または増大を補償するものではなく、本資料に基づいて投資を行った結果、お客様に何らかの障害が発生した場合でも、理由のいかんを問わず、責任を負いません。

本記事は2020年6月6日に「西出滋@元ファンドマネージャー」のnoteにて公開した記事を編集部で一部加筆・修正したものです。

執筆者

得意分野:資産運用、ライフプランニング、教育資金、保険、住宅ローン、老後資金、相続、投資/お金の勉強

西出 滋

  • 資産運用
  • ライフプランニング
  • 教育資金
  • 保険
  • 住宅ローン
  • 老後資金
  • 相続
  • 投資

コメント皆さん、はじめまして!ファイナンシャルプランナー(FP)の西出(にしで)でございます。
銀行、証券・投資顧問、保険と金融3業態全てを経験し、金融業界25年のFPです。自身の経験で培った知識を活かしてお客様の質問にお答えしています。外資系投信投資顧問とヘッジファンドで年金運用のファンドマネージャーを歴任しており、特に資産形成・資産運用のご相談を専門にしています。
【職業理念】は「投資を文化に」
資産家の皆さんには、機関投資家の考え方をベースにポートフォリオをご提案します。また、ビギナーの方には、とかく難しいというイメージが先行している資産形成・資産運用を、特別なことではなく身近に感じていただけるようお話します。 投資は難しくありません!ぜひお気軽にご相談ください!

このプランナーに無料で相談する