債券とは?債券の仕組みや債券に向いているタイプをFPが解説

f:id:haruka_sako:20200525125219p:plain

オカネコは、「お金の専門家が執筆、その執筆者にチャットで相談することもできる」 Webマガジン。
この記事の専門家は…

f:id:kenta_furumi_400f:20200512094336j:plain

【執筆者:おかねの相談室(嶋田商事株式会社)】

特定の金融機関に属さない独立系ファイナンシャルプランナー(FP)。 お金に関する相談件数は年間1000件以上。 資産運用や投資信託、iDeCo・NISA、保険、ライフプラン、相続などの疑問や不安をワンストップで解決している。 (嶋田商事株式会社 関東財務局長(金仲)第700号)

▼この筆者にチャットで無料相談できます!
詳しくはこちらから
    

90秒であなたの家計状況を診断!お金のプロに匿名でチャット相談

f:id:haruka_sako:20200403151128p:plain

「自分と同世代の人はどのくらい貯金しているんだろう?」

「自分の年収は高いのかな?低いのかな?」

など、自分の年収や貯金などが気になったら「お金の健康診断」で家計状況をチェックしてみましょう!

年収や年齢、居住地、家族構成など20個の質問に答えれば、たった90秒で家計を診断

その後は、あなたにぴったりなお金の専門家が紹介されるので、お金のプロに直接チャット相談することができます。
「お金の健康診断」には90社500名以上のFPが在籍しており、自分に合ったFPを探すことも可能。
匿名かつ無料なので、ぜひ気軽にトライしてみてくださいね! 

\\あなたの家計をチェック//

f:id:kenta_furumi_400f:20200406095816p:plain

債券ってよく聞くけどイマイチわからない…

f:id:haruka_sako:20200514150140j:plain

お金の問題をスッキリ!解決するファイナンシャルプランナーの小沢です。

最近、資産運用の相談を受けているとNISAやiDeCoの他にも、「債券ってどうですか?」との質問をよく受けます。


そこで今回は債券の仕組みについてお伝えします。

そもそも債券とは?

f:id:haruka_sako:20200424172836p:plain

債券は、国、地方公共団体、企業、または外国の政府や企業などが一時的に、広く一般の投資家からまとまった資金を調達することを目的として発行するものです。

資金調達するために発行するという点では、株式と目的は同じですが、あらかじめ利率や満期日などが決められて発行される点が違います。

債券を購入すると、定期的に利率分の利息を受け取ることができます。
そして、満期日を迎えると、額面金額である償還金を受け取ることができます。
債券は、満期日まで保有しつづければ、元本と受け取り利息が受け取れる可能性が高い商品です。

発行体に「お金を貸す」とイメージしていただければと思います。
安全性の高い金融商品。
よって、利子収入を目的に資産運用をすることができます。

債券の種類を解説

f:id:haruka_sako:20200403105629j:plain

発行体による分類
★★小沢債券650.png

債券発行体の信用力は、市場価格に重要な影響を及ぼします。
独立した機関が債券発行体の財務健全性を検討し格付けします。

格付けが高くなるほどリスクは小さくなると考えられていることから、一般的に金利や利回りは低く抑えられる傾向にあります。

BB以下の投機的債券は高金利だからといって、飛びついてしまうと思わぬリスクが潜在している可能性がありますので注意して購入しましょう。

例スタンダード&プアーズの場合
★★スタンダード&プアーズ650pix.png
以下「CCC」、「CC」、「C」、「D」まであり

 

債券の売買

f:id:haruka_sako:20200409113758j:plain

債券は満期まで待つものというイメージを持つ人も多いように見受けられますが、2年~10年といったようにあらかじめ決められた満期日まで待つことなく、マーケットで売買することも可能です。
マーケットにおける債券の価格は、主に以下3つの要因で日々変動しています。

①発行体の信用力

②現在の金利情勢
例えば、年率3%の債券を保有しているとして新発の債券が1%で売られているとしたら3%の債券の買い手はたくさんいるので高く売れるというイメージです。

③満期償還になるまでの期間
途中売却することにより、利息収入以外に、購入価格と売却価格との差益を得ることができることもあります。

こんな人に債券がおすすめ

f:id:haruka_sako:20200507175135j:plain

債券は以下のような人におすすめです。

 

  • 安定的な収入を望む人
  • リスクをあまり負いたくない人
  • 計画的に運用したい人
  • 運用したい期間が決まっている人


上記にあてはまる人が債券に向いていると言えます。

債券は全体的に発行元の信用力が高いと利率が低くなるし、信用力が低いと利率が高くなる仕組みです。
例えば現状でアメリカの10年国債だと2%台、ブラジルだと8%以上の利率となり、信用力が低いと利率が高くなることが想像できると思います。

不安や疑問はチャットで楽々!FPに無料相談しよう

f:id:haruka_sako:20200407134732j:plain

債券は安全性の高い商品の代表格ですが、格付けの低い債券の場合は元本の回収ができないリスクもありますので、自分の許容リスクに見合った債券を購入しましょう。

仕組みがわからない、購入方法が分からない方、自分に合った投資方法が分からない方は是非、おかねの相談室のファイナンシャルプランナーにご相談ください。

▼この筆者にチャットで無料相談できます!
詳しくはこちらから    

 

また、「お金の健康診断」は年齢や居住地、年収など20個程の質問に回答するだけで、あなたの家計状況をチェックすることもできます。

その後は、あなたにぴったりなお金の専門家が紹介されるので、お金のプロに直接相談することもできます。

ぜひ気軽にトライしてみてくださいね! 

\\あなたの家計をチェック//

f:id:kenta_furumi_400f:20200406095816p:plain

執筆者

得意分野:家計改善、ライフプランニング、教育資金、保険、資産運用、住宅ローン、老後資金、相続、投資/お金の勉強

お金の相談室

  • 家計改善
  • ライフプランニング
  • 教育資金
  • 保険
  • 住宅ローン
  • 資産運用
  • 老後資金
  • 相続
  • 投資

コメント「知識・経験豊富なお金のプロがどんな些細なことでもお答えします!!」

私たちは、特定の金融機関に属さない独立系ファイナンシャルプランナー(FP)です。 お金に関する相談件数は年間1000件以上。 お金のプロが皆様の様々なお金に関する疑問や不安をワンストップで解決します。
☆詳しくは「おかねの相談室」(https://www.e-shimada.com)で検索.。
【主な相談内容】
資産運用に関するご相談
投資信託のご相談
年金・iDeCo・NISAのご相談
生命保険・損害保険のご相談
住宅購入時の資金計画のご相談
ライフプランのご相談
家計簿に関するご相談
相続に関するご相談
など

【担当FP保有資格】
CFP(1級FP技能士)
AFP(2級FP技能士)
証券外務員一種
住宅ローンアドバイザー
生命保険募集人資格
相続知財鑑定士
DCマイスター
など 

このプランナーに無料で相談する