FPが伝授!企業型確定拠出年金(企業型DC)を効果的に活用する方法

f:id:haruka_sako:20200511100616p:plain

オカネコは、「お金の専門家が執筆、その執筆者にチャットで相談することもできる」 Webマガジン。
この記事の専門家は…

f:id:kenta_furumi_400f:20200512094336j:plain

【執筆者:おかねの相談室(嶋田商事株式会社)】

特定の金融機関に属さない独立系ファイナンシャルプランナー(FP)。 お金に関する相談件数は年間1000件以上。 資産運用や投資信託、iDeCo・NISA、保険、ライフプラン、相続などの疑問や不安をワンストップで解決している。 (嶋田商事株式会社 関東財務局長(金仲)第700号)

▼この筆者にチャットで無料相談できます!
詳しくはこちらから
    

90秒であなたの家計状況を診断!今すぐお金のプロにチャット相談

f:id:haruka_sako:20200403151128p:plain

「自分と同世代の人はどのくらい貯金しているんだろう?」

「自分の年収は高いのかな?低いのかな?」

など、自分の年収や貯金などが気になったら「お金の健康診断」で家計状況をチェックしてみましょう!

年収や年齢、居住地、家族構成など20個の質問に答えれば、たった90秒で家計を診断

その後は、あなたにぴったりなお金の専門家が紹介されるので、お金のプロに直接相談することができます。

ぜひ気軽にトライしてみてくださいね! 

\\あなたの家計をチェック//

f:id:kenta_furumi_400f:20200406095816p:plain

ほったらかしはもったいない!企業型DCを活用しよう

f:id:haruka_sako:20200406150301j:plain

皆さんの人生を豊かにするお手伝いをしています、おかねの相談室ファイナンシャルプランナー(FP)の氏家です。

企業の退職金制度の1つに企業型確定拠出年金(以下、企業型DC)があります。

年々導入する企業も増えてきましたが、会社からの説明だけでは中身の事がよく分からず「ほったらかし」になっている人が多いのではないでしょうか?

FPの立場からすると企業型DCは、老後の資産形成において「有効な手段の1つ」であるため「ほったらかし」で活用しないのはもったいないです。


そこで今回は、企業型DCを上手に活用する方法について取り上げました。

将来の年金不安がメディア等でさまざま取り上げられているように、老後資金の備えはこれからますます自分でお金を準備することが必要になってきます。

お金に困らない豊かなセカンドライフを送るためにも、今回紹介する企業型DCの効果的な活用方法を参考にしてください。 

「自動的に実行できる」有効な2つの手段 

f:id:haruka_sako:20200511100432j:plain

資産形成においてのポイントはいくつかありますが、ここでは企業型DCで「自動的に実行できる」有効な手段をお伝えします。

 

①ドルコスト平均法

資産形成の有効な手段の一つで「ドルコスト平均法」というものがあります。

これは価格が日々変わる金融商品を一度に購入するのではなく、「定期的」に「同じ金額」を購入していく方法です。

投資するタイミングはプロの投資家でも判断するのが難しいと言われていますが、これを利用することで、価格の変動リスクを減らし安定して増やしていく効果が期待できます。

・企業型DC→毎月積み立てで価格変動リスクを減らす効果が期待できる!

★ドルコスト平均法の効果が期待できるケース600.png

②長期運用

もう一つの有効な手段が長期運用です。

例えば、雪玉を転がして雪玉を作る場合、より長く転がすと大きな雪だるまが作れますよね。

資産運用も長く続けることでその効果が大きくなります。

 

さらに、金利(リターン)を味方にすると得られる効果がより大きくなります。(※下記参照)

毎月1万円積み立て 金利0.001%
★積立金額と運用成果600.png


毎月1万円積み立て 金利3%
★2積立金額と運用成果600.png
≪出典≫資産運用シュミレーション(金融庁ホームページ)

 

ただし、高い金利(リターン)を目指す場合、一方で損をする可能性(リスク)も高くなるので注意しましょう。

・企業型DC→60歳まで積み立てていくため、若い人ほど長期運用の効果が期待できる!

投資商品の選択は退職までの残り期間で考えよう

f:id:haruka_sako:20200507101552p:plain

退職までどのくらいの期間があるかによって、投資商品を選ぶポイントが異なります。

定年退職までの期間が10年以上

ドルコスト平均法で価格変動のリスクを減らせるため、「株式投資信託」など積極的な投資商品にチャレンジしてみましょう。

長期運用の効果で大きな収益も期待できます。

定年退職までの期間が10年以内

投資している商品の価格が下がった場合、価格が戻ってくる前に退職金を受け取るタイミングになってしまう可能性があります。

退職金を減らさないためにも運用期間が短くなってきたら「元本確保型」や「債券投資信託」など価格変動リスクを抑えた投資商品を選ぶことをおすすめします。

 

企業型DCは税金面でもメリットがある

①マッチング拠出

毎月の掛金は従業員の給与から払うわけではなく会社が負担しますが、「マッチング拠出」を選択すると、従業員が拠出した金額は全額所得控除できます。

マッチング拠出とは、従業員が事業主掛金に上乗せして掛金を拠出することができる制度(企業によって状況が異なるため、規約等を確認する必要がある)。

従業員が拠出した金額は全額所得控除できるため、所得税・住民税が軽減されます。

②運用益が非課税

預貯金などの金融商品の場合、元金に金利分が利息として上乗せされます(運用益)。この運用益に対して普通は20%課税されます。

例えば1年間で10,000円の運用益が出たとして、20%課税の場合、2,000円が税金として運用益から引かれるため、残り8,000円が再投資にまわります。

しかし、非課税が利用できる企業型DCの場合、運用益の10,000円がそのまま再投資されるため、資産運用する際に「運用益が非課税」は得られる効果が大きいポイントになります。

★企業型DC課税なし課税あり600.png

 

③受け取るときも税金優遇

「一括」で受け取る場合は『退職所得控除』、「年金」で受け取る場合は『公的年金等控除』が適用になるため、税負担を抑えることができます。

▼詳しくはコチラ
企業型確定拠出年金(企業型DC)-制度の概要-(一般社団法人 投資信託協会)

老後の不安や疑問はプロに相談してみよう

f:id:haruka_sako:20200507175354j:plain
企業型DCは上手に活用することで将来の老後資金を増やすことができて、お金に困らない豊かなセカンドライフの準備ができます。ぜひ今回お伝えしたことを参考に企業型DCを有効活用してください。

まだ実践するのが不安な方は一度「おかねの相談室」のファイナンシャルプランナーまでご相談ください。
安心して運用ができるようになるまで、皆さんのレベルに合わせてわかりやすくお伝えいたします。

▼この筆者にチャットで無料相談できます!
詳しくはこちらから    

※商品等へのご投資には商品毎に手数料等をご負担いただく場合があります。また、価格に変動等により損失が生じる恐れがあります。各商品等への投資に際してご負担いただく手数料及びリスクは商品毎に異なります。

 

また、「お金の健康診断」は年齢や居住地、年収など20個程の質問に回答するだけで、あなたの家計状況をチェックすることもできます。

その後は、あなたにぴったりなお金の専門家が紹介されるので、お金のプロに直接相談することもできます。

ぜひ気軽にトライしてみてくださいね! 

\\あなたの家計をチェック//

f:id:kenta_furumi_400f:20200406095816p:plain

執筆者

得意分野:家計改善、ライフプランニング、教育資金、保険、資産運用、住宅ローン、老後資金、相続、投資/お金の勉強

お金の相談室

  • 家計改善
  • ライフプランニング
  • 教育資金
  • 保険
  • 住宅ローン
  • 資産運用
  • 老後資金
  • 相続
  • 投資

コメント「知識・経験豊富なお金のプロがどんな些細なことでもお答えします!!」

私たちは、特定の金融機関に属さない独立系ファイナンシャルプランナー(FP)です。 お金に関する相談件数は年間1000件以上。 お金のプロが皆様の様々なお金に関する疑問や不安をワンストップで解決します。
☆詳しくは「おかねの相談室」(https://www.e-shimada.com)で検索.。
【主な相談内容】
資産運用に関するご相談
投資信託のご相談
年金・iDeCo・NISAのご相談
生命保険・損害保険のご相談
住宅購入時の資金計画のご相談
ライフプランのご相談
家計簿に関するご相談
相続に関するご相談
など

【担当FP保有資格】
CFP(1級FP技能士)
AFP(2級FP技能士)
証券外務員一種
住宅ローンアドバイザー
生命保険募集人資格
相続知財鑑定士
DCマイスター
など 

このプランナーに無料で相談する