【資産形成のセオリー】急がば回れ!初心者に長期運用がおすすめな理由

f:id:haruka_sako:20200403105629j:plain

オカネコは、「お金の専門家が執筆、その執筆者にチャットで相談することもできる」 Webマガジン。
この記事の専門家は…

f:id:kenta_furumi_400f:20200512094336j:plain

【執筆者:おかねの相談室(嶋田商事株式会社)】

特定の金融機関に属さない独立系ファイナンシャルプランナー(FP)。 お金に関する相談件数は年間1000件以上。 資産運用や投資信託、iDeCo・NISA、保険、ライフプラン、相続などの疑問や不安をワンストップで解決している。 (嶋田商事株式会社 関東財務局長(金仲)第700号)

▼この筆者にチャットで無料相談できます!
詳しくはこちらから
    

あなたの年収は低い?高い?90秒であなたの家計状況を診断

f:id:haruka_sako:20200403151128p:plain

「自分と同世代の人はどのくらい貯金しているんだろう?」

「自分の年収は高いのかな?低いのかな?」

など、自分の年収や貯金などが気になったら「お金の健康診断」で家計状況をチェックしてみましょう!

年収や年齢、居住地、家族構成など20個の質問に答えれば、たった90秒で家計を診断

その後は、あなたにぴったりなお金の専門家が紹介されるので、お金のプロに直接相談することができます。

ぜひ気軽にトライしてみてくださいね! 

\\あなたの家計をチェック//

f:id:kenta_furumi_400f:20200406095816p:plain

 

注目の長期投資!投資初心者にこそおすすめ

f:id:haruka_sako:20200507175135j:plain

人生をHAPPYにプロデュース!あなただけのマネープランを届けるファイナンシャルプランナー戸松優子です。

今、長期投資が注目されています。
日本は世界でもトップクラスの長寿国です。
「長生きリスク」に備えてコツコツ資産を増やす、長期投資を考える人が増えてきました。

そもそも、投資にはリスク(値動きの幅)があります。
リスクをゼロにすることはできませんが、ゼロに近づける手法があると言われています。

それは、【分散投資】と【資産配分】そして【長期運用】です。

投資初心者で、なるべくリスクを抑えて運用したい人や日々の値動きに一喜一憂したくない人には長期投資がお勧めです。


今回は長期投資について考えてみましょう。

長期投資のメリットとは?

f:id:haruka_sako:20200424172836p:plain

そもそも長期投資はどのくらいの期間のことを言うのでしょうか。
一般的には10年超を考えた資産形成のことを言います。

長期投資のメリット①複利の効果が期待できる

そもそも金融商品には、単利・複利があります。

単利とは、預けた元本に対して利息が付きます。利息の再運用はしません。
一方、複利とは、預けた元本と利息に利息が付きます。
預けた元本についた利息をどんどん元本に組み入れて新たな元本とし、利息の再運用を含めて計算します。

元本100万円を年利7%で運用した場合を例に見てみましょう。

【単利】

1年目 
100万円(元本)+7万円(7%)=107万円

2年目 
100万円(元本)+7万円(1年目利子)+7万円(2年目利子)=114万円

3年目
100万円(元本)+7万円(1年目利子)+7万円(2年目利子)+7万円(3年目利子)=121万円



10年トータル 170 万円
20年トータル 240万円
30年トータル 310万円

【複利】 

1年目 
100万円(元本)+7万円(7%)=107万円

2年間
107万円(元本)+74,900円(7%)=114万4,900円

3年目
114,49万円(元本)+80,143円(7%)=122万5,043円


10年トータル 
196 万7,151円(単利との差額26万7,151円)

20年トータル
386万9,684円(単利との差額146万9,684円)

30年トータル
761万2,255円(単利との差額451万2,255円)


複利の効果が期待できるメリット1の図.jpg
※出所:嶋田商事株式会社

単利は何年たっても元本が100万円のままですが、複利は元本が毎年毎年殖えていきます。
投資期間が長くなればなるほど、単利と複利で大きな差になることがわかりますね。
複利の商品を選ぶことが大前提ですが、長期運用は複利の効果が期待して選ぶことが大切です。

長期投資のメリット②リスクをゼロに近づけることができる


金融商品は日々価格が変動しています。
今日購入した株式が明日、大きく値下がりすることもあれば、大きく値上がりすることもあります。


しかし、短期的な価格のブレは、長期的視点で見ると一通過点にすぎません。

運用期間を長くとり、資産価格の変動を長期的視点でとらえることで、短期的な価格のブレによる運用資産への影響は均され安定的なリターンを期待できる可能性が高まります。

長期投資のメリット③日々の相場を気にせずのんびりできる

10年先を考えた資産形成です。
プロの投資家のように、投資環境や景気の分析をし、日々の相場状況・値動きを監視し、投資のタイミングを計る必要がありません。
買い時・売り時を気にすることなく、仕事をしながらのんびり待つことができます。

長期投資のデメリットはすぐに利益は得られないこと

f:id:haruka_sako:20200514150140j:plain
投資といえば、短期売買で儲けるものというイメージを持つ方も多いのではないでしょうか。

しかし、長期投資は10年先を考えた運用であるため、短期的に利益を得ることができません。

投資をギャンブルのようにとらえて、短期で2倍〜3倍もうけたいと考える方は多いかもしれませんが、短期売買は常にマーケットを観察し、先読みし、利益を追求していく手法。
その場合多くの時間と知識を必要とします。

たまたま儲かるといったことはあっても、勝ち続けることは簡単ではありません。

投資の不安や疑問はプロに相談してみよう

f:id:haruka_sako:20200421092131p:plain


人生100年時代に向けての資産形成には、計画的な投資が必要
です。


アインシュタインは、「人間の発明した仕組みで最も驚くべきものは複利である」という言葉を残しました。
つまり、時間を味方につけることで、複利効果を最大限活かすことができるのです。

複利の金融商品を選ぶことが大前提ですが、時間のある人ほど「複利効果」を活かすチャンス
なんとなく、勧められて金融商品を選んでいる人も多いと思いますが、預貯金を含め金融商品には単利の商品と複利の商品があります。
効率よく資産形成を考えるのであれば、複利を意識した金融商品選びも重要ですね。

「もっと詳しく知りたい」「具体的に教えてほしい」という方は、私たちFPにぜひご相談ください。

▼この筆者にチャットで無料相談できます!
詳しくはこちらから    

 

また、「お金の健康診断」は年齢や居住地、年収など20個程の質問に回答するだけで、あなたの家計状況をチェックすることもできます。

その後は、あなたにぴったりなお金の専門家が紹介されるので、お金のプロに直接相談することもできます。

ぜひ気軽にトライしてみてくださいね! 

\\あなたの家計をチェック//

f:id:kenta_furumi_400f:20200406095816p:plain

 

執筆者

得意分野:家計改善、ライフプランニング、教育資金、保険、資産運用、住宅ローン、老後資金、相続、投資/お金の勉強

お金の相談室

  • 家計改善
  • ライフプランニング
  • 教育資金
  • 保険
  • 住宅ローン
  • 資産運用
  • 老後資金
  • 相続
  • 投資

コメント「知識・経験豊富なお金のプロがどんな些細なことでもお答えします!!」

私たちは、特定の金融機関に属さない独立系ファイナンシャルプランナー(FP)です。 お金に関する相談件数は年間1000件以上。 お金のプロが皆様の様々なお金に関する疑問や不安をワンストップで解決します。
☆詳しくは「おかねの相談室」(https://www.e-shimada.com)で検索.。
【主な相談内容】
資産運用に関するご相談
投資信託のご相談
年金・iDeCo・NISAのご相談
生命保険・損害保険のご相談
住宅購入時の資金計画のご相談
ライフプランのご相談
家計簿に関するご相談
相続に関するご相談
など

【担当FP保有資格】
CFP(1級FP技能士)
AFP(2級FP技能士)
証券外務員一種
住宅ローンアドバイザー
生命保険募集人資格
相続知財鑑定士
DCマイスター
など 

このプランナーに無料で相談する