FPが教えるファイナンシャルプランナーの上手な選び方3選

f:id:haruka_sako:20200507175135j:plain
オカネコは、「お金の専門家が執筆、その執筆者にチャットで相談することもできる」 Webマガジン。
この記事の専門家は…

f:id:haruka_sako:20200415085044p:plain

【執筆者:FPバンク】
住宅購入相談、資産を増やす運用、保険見直しまで解決するライフプラン相談所。 毎年1,000人以上のお金の悩みを解決したプロフェッショナル集団が「お金のホームドクター」として本物のライフプランニングを提供している。
 

▼この筆者にチャットで無料相談できます!
詳しくはこちらから
    

自宅で簡単に「お金の健康診断」 専門家にチャット相談

「資産運用として投資をしてみたいけど何から始めればいいかわからない」
「自分の投資方法で良いのかアドバイスがほしい」

など、お金に関する不安や疑問を感じている人も多いのではないでしょうか。

そこで、おすすめなのが、お金のプロに無料相談できる「お金の健康診断」

居住地や相談内容を入力するだけで、あなたにぴったりなFPや独立系ファイナンシャル・アドバイザー(IFA)が見つかり、チャットで無料相談することができます。

<体験者の声>

子供の教育費や住宅ローンで思うように貯蓄ができず、老後資金に不安を感じていました。そんな時「お金の健康診断」を知ったのですが、匿名でチャット相談ができる点が気に入りました。とても親切にアドバイスしてくれ、結果的に家計の見直しをして浮いたお金で投資信託を始めました。これからも定期的に相談したいと思います。(東京都/会社員/44歳女性)

 

居住地や相談内容を入力するだけで、あなたにぴったりなFPや独立系ファイナンシャル・アドバイザー(IFA)が見つかり、チャットで無料相談することができます。

「お金の健康診断」には90社500名以上の専門家が登録しており、家計・保険・投資・ローンの相談・ライフプランなど幅広い相談に対応可能です。
相談は何人してもOKなので、さまざまな専門家の意見を比較すれば、より納得して選択ができるはず。

相談は名前・住所の入力不要なので、ぜひ気軽にトライしてみてくださいね!

\\家から簡単!FPに無料でチャット相談//

f:id:kenta_furumi_400f:20200406095816p:plain  

ファイナンシャルプランナーはどう選べばいいの?

f:id:haruka_sako:20200403105258j:plain

こんにちは、FPバンクです。

みなさんの中には、ファイナンシャルプランナーへの相談を検討している人もいるのではないでしょうか。
しかし、ファイナンシャルプランナーは数多くいるので、どの人に相談しようか選ぶのだけで一苦労…ですよね。

そこで、この記事ではFPを選ぶポイントをご紹介します!
ご紹介する3つのポイントを押さえておけば、良いFPに相談することができるハズ。
ぜひ参考にしてくださいね!

ファイナンシャルプランナーを選ぶポイント3選

f:id:haruka_sako:20200507175354j:plain

早速FPを選ぶ際のポイントを見ていきましょう!

①FPの選び方:経験豊富かどうか

FPに相談する際に作成することの多いライフプラン(人生設計)
ライフプランのシミュレーションは、ただソフトを使って、条件を入力すればいいというものではありません。
お客様の現状を的確に把握し、将来の変化をあらゆる観点から想像してお客様のニーズに応えられなければなりません。


その際、ものを言うのは実務経験
ファイナンシャルプランナーの資格を持っているだけでなく、金融機関の出身であるとか不動産、相続の実務に携わっていたという経験が欠かせません。


良いFPは単なる資格保有者でなく、実務経験を持ってコンサルティングできるレベル
例えば、住宅ローンを熟知していれば、いくらまで借りても大丈夫なのかを導き出すのはもちろんのこと、銀行から有利な条件を引き出す交渉術、あるいは個人事業主など難易度の高い融資審査を通すノウハウを持っています。

このような技術は、豊富なキャリアがなければできません。

②FPの選び方:資産管理について長期間フォローできるか

結婚、出産、マイホーム、退職などなど人生におけるイベントには、常にお金がつきまとうものです。
そのため、お客様の状況や経済環境を常にアップデートし、資産の状況把握やライフプランの変化に合わせた長期的視野にたったアドバイスが欠かせません。

長期間に渡って、安心して相談ができるファイナンシャルプランナーかどうかは、個人でやっていたり、FPが所属する事務所が組織化され、長期でその体制を維持し続ける仕組みかどうかです。
あなたに相続が発生した場合でも、あなたの子供に対してフォローできる法人化されたFP事務所であることが求められます。

FPの選び方:独立系など中立的な立場かどうか

ファイナンシャルプランナーは金融機関等に所属する「企業系FP」と、特定の金融機関等に所属しない「独立系FP」に分けられます。
企業系FPだと、お客様が金融商品の選択や実行手段を採用するかどうかの判断において、自社商品の選択・採用が優先されてしまいます。
お客様に本当に合った選択ができるようにするためには、特定の金融機関等に所属せず、しがらみの無い立場で、中立性を保てる立場が良いでしょう。

特定の金融機関だけでなく、不動産のみとか保険のみなど特定の業種の仕事しかしていないFPもいますので、見極める目が大切です。

 

ファイナンシャルプランナーとは、あなたの人生設計を実現に導くパートナー。
短期的な視点で選ぶのではなく、総合的な視点で選ぶことをおすすめします。
FPを選ぶ際には、上記の3つのポイントをぜひ参考にしてくださいね!

チャットで簡単!あなたに合ったFPに相談しよう

f:id:haruka_sako:20200407134732j:plain
今回はFPの選び方について、FPバンクさんに解説してもらいました。

「もっと詳しく知りたい」「実際に相談してみたい」という人は、下記の「お金の健康診断」サービスからお気軽にチャットでご相談ください。

▼この筆者にチャットで無料相談できます!
詳しくはこちらから
  

  

また、「お金の健康診断」は年齢や居住地、年収など20個程の質問に回答するだけで、あなたの家計状況をチェックすることもできます。

同地域・同世代の方と比較して年収・貯蓄額・家賃・資産運用額・保険料などがどの程度なのかがわかるので、自分の家計状況を客観的に知ることが可能。

その後は、あなたにぴったりなお金の専門家が紹介されるので、お金のプロに直接相談することもできます。
ぜひ気軽にトライしてみてくださいね! 

\\家から簡単!FPに無料でチャット相談//

f:id:kenta_furumi_400f:20200406095816p:plain 

※ディスクレーマー※
上記は、一般生活者のみなさんの資産づくり役立てていただくことを目的として、金融に関する一般的理論・制度・商品等の概要、税制・社会保険制度等の概要、それらに関係する分野の情勢を説明したものです。将来の制度変更や株価等の相場を予測するものではなく、特定の商品・サービス等の購入・加入を促したり、特定の企業や商品・サービス等の誹謗中傷を意図するものではありません。また、金融商品の将来の運用成果等を保証または示唆するものではありません。

本記事は2020年2月5日に公開した記事を編集部で一部加筆・修正したものです。

執筆者

得意分野:ライフプランニング・保険・資産運用・相続・不動産・住宅ローン

株式会社FPバンク

  • 家計改善
  • ライフプランニング
  • 教育資金
  • 保険
  • 資産運用
  • 老後資金

コメントはじめまして! 株式会社FPバンク です。 ライフプランニングから人生のデザインを。 住宅購入相談、資産を増やす運用、保険見直しまでオールインワンでお金の不安を解決するライフプラン相談所です。 毎年1,000人以上のお金の悩みを解決したプロフェッショナル集団が「お金のホームドクター」として本物のライフプランニングを提供します。  ▶︎株式会社FPバンク:https://fpbank.co.jp

こちらの執筆者に無料で相談する