20代で貯金1000万は可能?【独身・既婚別】貯金平均額と上手な貯金方法を紹介

f:id:haruka_sako:20200516102245p:plain

こんにちは、オカネコ編集部です!
オカネコは、「お金の専門家が執筆、その執筆者にチャットで相談することもできる」 Webマガジン。

 

突然ですが、20代の皆さんはきちんと貯金をしていますか?

20代のうちからお金の流れを理解し、貯める習慣をつけることは大事です。
収入から貯金に回せる金額をイメージしてコツコツと続けると、挫折しないで貯金をすることができます。
 
貯金のことを気にしだすと、同世代の貯金額も知りたくなるのではないでしょうか。
この記事では、20代の貯金平均額や無理なく貯金を続ける方法を紹介します。

株主優待名人・桐谷さんの特別オンラインセミナー開催中!

f:id:haruka_sako:20200509132617p:plain

現在、優待おじさんとして有名な桐谷さんのオンラインセミナー動画を公開中です。

6月7日までの期間限定公開なので、興味のある方はお早めにご覧ください!

【セミナー動画視聴方法】
下記URLより「お金の健康診断」ページから「キャンペーンに応募する」のボタンをクリックしてください。

https://okane-kenko.jp/lp/project/kiritani

会員登録された方にオンラインセミナーの動画URLをお送りいたします。

■20代のリアルな貯金額は?独身・既婚別に紹介 

f:id:haruka_sako:20200516102356j:plain

20代は、手取り収入もまだ少ない時期。
旅行や洋服や趣味のものなど自分の好きなものにたくさんお金を使いたい時期でもあります。


しかし、20代は結婚や出産、子育て、さらにマイホーム購入などお金がかかる大きなイベントをまだ迎えていない人が多いもの。
つまり、20代は収入のほとんどすべてを自分のためだけに使うことができるので貯金がしやすい年代でもあるのです。
とはいえ、20代の貯金額は独身か既婚かで大きく変わってきます。

20代の独身と既婚の場合のそれぞれの貯金相場について解説します。

その前に平均値と中央値の違いを知っておこう

貯金額については平均値と中央値を記載しています。
中央値とはデータを並べたときにちょうど中央にある値のことを言います。

・平均値:データを足し合わせ、データの個数で割った値
・中央値:データを小さい(または大きい)順に並べ、真ん中に来る値


平均値は極端な数値があるとそれに大きく影響されてしまうため、貯金額においては中央値も紹介しています。

【独身・既婚別】20代の貯金額の平均と中央値は?

金融広報中央委員会が令和元年に行った 『家計と金融行動に関する世論調査』の「金融商品の保有額」(金融資産非保有世帯含む)によると、独身と既婚者の平均貯金額は以下の通りでした。 

 

【20代の金融資産保有額】

  平均値

中央値

独身 106万円 5万円
既婚 165万円 71万円

※出典

家計の金融行動に関する世論調査[単身世帯調査] (知るぽると)

家計の金融行動に関する世論調査[二人以上世帯調査] (知るぽると)

 

上記の金額は預貯金だけでなく、貯蓄性のある生命保険、債券や株式、投資信託など金融商品を含めたものです。

独身者の貯金額の中央値は5万円なのに対して、平均値は106万円ということは、貯金している人としていない人でかなりの差があることがわかります。

また、既婚者の平均値は165万円と高めなことに驚く人もいるかもしれませんが、これは夫婦二人分の貯金額。
半分にすると82万5千円で、中央値や独身の平均値ともそれほど大きな差があるわけではありません。

既婚者の貯金額が高い理由としては、出産や住宅購入、子供の進学などライフイベントに合わせてまとまったお金が必要となるためだと考えられます。

独身であっても既婚者であっても、意識して貯金をしている、していないだけで貯金額がかなり違うことが伺えますね。

■20代で1000万は可能?貯めるために必要な貯金額

f:id:haruka_sako:20200406150135j:plain

20代で貯金1000万は可能なのでしょうか。

単純に1000万円を10年で貯めるなら、1年で100万円貯金が必要です。

毎月の貯金額は約8万3000円に。

一人暮らしでこの金額を毎月貯金するのは厳しいですよね…。

ボーナスがある程度の金額が見込めるなら、毎月5万円貯金し、ボーナスで約40万円貯金すれば、10年で1000万円貯めることができます

ただ現実的に考えると、20代で1000万円を貯めるのは非常に難しいでしょう。
家計が圧迫されて日々の生活が苦しくなったり、精神的にも辛くなるかもしれません。

そうすれば、貯金のモチベーションを保つことが難しくなります。

まずは手取りの20〜25%貯金できれば上出来!

貯金額は手取りの20〜25%が理想とされ、最低でも10%は貯金したいもの。
国税庁が平成30年に行った民間給与実態統計調査によると、20代前半の手取り給与平均は20〜23万円程。
毎月5万前後の貯金ができるのが理想です。

 

逆に実家や会社の寮暮らしの人は30〜40%が理想なので、毎月6〜9万円は貯金できると良いでしょう。

■20代で挫折せず上手に貯金する方法

f:id:haruka_sako:20200406150430j:plain

せっかく貯金を始めても、続けていくのは大変。

そこで、ここでは20代が挫折することなく貯金を続けられる、おすすめの方法を紹介します。

①とにもかくにも先取り貯金!

20代で挫折することなくお金を貯めるなら、先取り貯金の習慣をつけましょう。

先取り貯金とは、給料から貯金に回すお金を差し引き、残りのお金で生活をすること。

人間の意志は弱いので、お金があれば使ってしまいます。
残ったお金を貯金しようと思っても、ついつい使ってしまって挫折してしまうのです。

そこで、おすすめは毎月の給与日に天引きされるような「財形貯蓄」や「社内預金」を活用すること。

勝手に給料から引かれていくので、貯金分はなかったものとして考えることができます。

先取り貯金を応用すると、先取り投資をすることもできます。
投資に回す分を先取りすることで無理なく続けることが可能でしょう。

②アプリを使って毎月の支出を把握する

貯金ができない人は、自分がどれだけ使っているかを分かっていないことがよくあります。しかし、なんとなくお金を使うのはよくありません。
何にどれくらい使ったかをしっかりと把握することで、お金の流れがイメージできるようにしましょう。
「マネーフォワード ME」や「Moneytree」など、スマホで簡単に管理できる家計簿アプリはたくさんあります。
それらを活用して、日々の支出を把握していきましょう。

③固定費を見直して無駄な出費を減らす

挫折することなくお金を貯めるには、無駄な出費を減らすことも重要です。
「安いから」と衝動買いしてしまいそうな時は、本当に必要かどうか自問自答するのです。
貯金ができている人は、本当に必要なものだけを購入しています。

とはいえ、心構えだけで出費を減らすなんて、なかなかできることではありませんよね。
そこで、以下の固定費から削減してみましょう!

①住居費
例)少しでも家賃の安いところに住んだり、家賃の値下げ交渉を行う

②通信費
例)ドコモやau、ソフトバンクなど大手キャリアを使っている人は、格安スマホに乗り換えたり、スマホとのセット割が使えるインターネット回線にしてみる

③水道光熱費
例)供給会社や契約プランを変更して基本料金を下げる

④サブスクリプションサービス
例)ジムやNetflixなどの動画配信サービスなどに入ったままで、利用頻度の低いものは解約する

 

固定費を削減するだけで、確実に無駄な出費を抑えることができます。
今すぐできそうなものから見直してみましょう!

④旅行や結婚資金など明確な貯金の目標を立てる

お金を貯めるといいながら、具体的にいくら貯めるつもりなのかはっきりしていない人がいます。

挫折することなくお金を貯めるには、自分がいくら貯めたいのか、しっかりと目標を立てることが大事です。

そうすることで、貯金に対するモチベーションを維持することができます。

結婚や出産などのライフステージをイメージしながら目標を立てるのもよい方法です。貯金をしながら、人生設計を同時にすることにもなります。

■お金の不安や疑問はFPに相談してみよう

f:id:haruka_sako:20200421092131p:plain

 

将来設計やお金との向き合い方に不安を感じている人や、効率的な貯金方法を知りたい人は、ファイナンシャルプランナー(FP)に相談するのがおすすめです。

貯金や投資などの専門知識を豊富に持っているFPなら、あなたにあった方法をアドバイスしてくれます。

FPを選ぶときには、投資商品の押し売りなどがなく、親身になって相談に乗ってくれるプランナーを選びましょう。

「お金の健康診断」では、チャットでFPに相談することができるので、店舗での相談よりも気軽に利用することができます。

チャット相談は無料なので、ぜひトライしてみてくださいね!

\\あなたの家計をチェック//

f:id:kenta_furumi_400f:20200406095816p:plain

本記事は2019年9月15日に公開した記事を編集部で一部加筆・修正したものです。