ファイナンシャルプランナーとは?FPの仕事内容や相談事例を解説

f:id:haruka_sako:20200507175354j:plainオカネコは、「お金の専門家が執筆、その執筆者にチャットで相談することもできる」 Webマガジン。
この記事の専門家は…

f:id:haruka_sako:20200415085044p:plain

【執筆者:FPバンク】
住宅購入相談、資産を増やす運用、保険見直しまで解決するライフプラン相談所。 毎年1,000人以上のお金の悩みを解決したプロフェッショナル集団が「お金のホームドクター」として本物のライフプランニングを提供している。
 

▼この筆者にチャットで無料相談できます!
詳しくはこちらから
   

ファイナンシャルプランナーって?

f:id:haruka_sako:20200507150821j:plain

こんにちは、FPバンクです。

ファイナンシャルプランナーという言葉、一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。

ですが、FPに具体的にどんな相談ができるのが意外と知らない人は多いもの。

ファイナンシャルプランナーとは、資産形成や住宅の取得、保険の見直しから相続に至るまで、お金のアドバイスをしてくれる職業です。

そのためFPは、金融や経済、税制、社会保障などの幅広い知識を備え、顧客に最大限の利益をもたらすスキルを身につけています。

FP資格や経歴などについて詳しく知りたい方は、以下の記事をご覧ください。

mag.okane-kenko.jp

一般的にFPに相談するなかで、人生設計を立てることが多くあります。

あなたや家族の夢や目標を明確にし、実現までの計画をしっかり設計することがライフプランです。

そして、夢や目標をかなえるには、計画的に資金を用意しておくことがポイント。
その際に必要となるのが金融、税制、不動産、住宅ローン、生命保険、年金制度などの幅広い知識です。

FPはそうした知識を生かし、アドバイスし、目標がかなうように一緒に考え、サポートします。

米国では良き人生のために3人の専門家(メンター)を持ちなさいと言われています。その3人とは、医師、弁護士、ファイナンシャルプランナーです。

株主優待名人・桐谷さんの特別オンラインセミナー開催中!


【1ヶ月限定!】「優待おじさん」桐谷さんオススメ銘柄とは!?

現在、優待おじさんとして有名な桐谷さんのオンラインセミナー動画を公開中です。
セミナーでは、桐谷さんの投資手法や優待生活、現在おすすめする銘柄などをご紹介しています。
下記のURLから「お金の健康診断」に登録するだけで、動画を視聴することができます。
動画は6月7日までの期間限定公開です!

 

【セミナー動画視聴方法】

下記URLより「お金の健康診断」ページから「キャンペーンに応募する」のボタンをクリックしてください。

https://okane-kenko.jp/lp/project/kiritani

会員登録された方にオンラインセミナーの動画URLをお送りいたします。

※お金の健康診断の会員登録・オンラインセミナー参加費用は無料です。

どんな相談ができるの?FPへの相談一覧

f:id:haruka_sako:20200417183829j:plain

具体的にはどんな相談をファイナンシャルプランナーにできるのでしょうか?

主な相談事例は以下の通りです。

 

・家計
家計の見直しをしてほしい…。どうすれば貯金できるの?

・教育資金
子供の教育費はどのくらいかかるの?どうやって貯めればいいの?

・保険
たくさんあって自分に合う保険がわからない…。今の保険で損してない?

・住宅資金
いくらの物件を購入できる?住宅ローンについて教えてほしい!

・老後資金など資産形成
投資信託のおすすめ商品を知りたい。退職金をどのように運用すればいい?

・資産運用
投資は何から始めればいい?

・税制
配偶者控除について教えてほしい。

・相続
相続対策ってどんなことができるの?贈与税ってどのくらいかかるの?

 

上記はほんの一例ですが、FPへの相談内容が実に幅広いことがわかりますよね。
ライフイベントとともにお金のことは切っても切り離せない問題であり、どんなことにもFPへの相談が可能なのです。

FPへの相談が増えている4つの理由

f:id:haruka_sako:20200420155634j:plain

最近ではFPへの相談が急速に増えていると言われています。

その理由は何なのでしょうか?

①FPへの相談が増えている理由:社会構造の変化

高度経済成長が終わりを告げ、本格的な少子高齢化時代に突入したことによって、私達を取り巻く経済環境は著しく変貌を遂げました。

企業業績の鈍化、就職難、少子高齢化、不透明な社会保障……数え上げたらきりがありません。
終身雇用で定年退職まで勤めあげれば、十分な退職金や、公的年金が待っていた時代と違って、これからは個人で資産を形成していくことが求められています。

資産形成として、積立NISAやiDeCoなどもありますが、「イマイチわからない…」という人は少なくありません。
だからこそFPに相談する人が増えているのです。

②FPへの相談が増えている理由:金融商品や住宅ローン、保険の複雑化

日本で90年代に行われた大規模な金融制度改革「金融ビッグバン」により、消費者の利便性の向上や商品の多様化が進みました。

しかし、便利になった一方で商品の複雑化によって金融機関と消費者の距離は一層広がってしまいました。

これを情報の非対称性と言いますが、高度な知識の集積のある事業者に消費者は対抗できなくなってしまいました。

そこで、中立な第三者の意見を求めたいというニーズが生まれたと考えられます。

③FPへの相談が増えている理由:大量の情報から取捨選択するのが困難

インターネットの普及によって情報がいくらでも入手できるようになったのと引き換えに、本当に質の良い情報を見分ける事が困難な場合も。

特にお金に関することは、居住地や家族構成、年齢、年収など人それぞれ。
ネット上で、自分と全く同じようなケースを見つけることは難しいでしょう。

だからこそ、それぞれに合った商品を提案し、サポートするFPの需要が伸びています。

④FPへの相談が増えている理由:価値観の多様化

女性の社会進出、共働き、晩婚化、おひとり様の増加など、近年価値観の多様化も進んでいます。

保険や年金、住宅ローンのようなライフプランと密接な関わりのある商品を選ぶ際に、このような価値観の多様化に伴い選択肢も広がっています。
この広がりが、商品選びの難しさに拍車をかけています。

FPは、個人の価値観や考え方を尊重したアドバイスをします。

FPとライフプランニングを考えてみよう

f:id:haruka_sako:20200406150430j:plain


みなさんの中には、「FPはお金や数字の計算をするのが仕事?」と思う方もいるかもしれません。

しかし、それは全くの誤解です。

FPの発想の根底には、必ず個人の人生設計、すなわちライフプランがあります。
自分や家族がやりたいことや仕事など、ライフプランはその人の人生そのもの。
これをお金に置き換えたり、実現性の確認や対策の立案をしていく作業が、ライフプランニングであり、そのお手伝いをするのがファイナンシャルプランナーです。

収入や、家族構成、年齢など将来のお金の状況を予測する要素は人それぞれですが、ライフプランニングは将来の目標を明確にし、「いつまでにどれくらいのお金をどうやって準備する」のかを考えるためのツールです。

これから紹介することを参考にライフプランについて考えてみましょう。

①結婚や出産など家族構成の変化

結婚や出産を機に家族は増えていき、ライフスタイルも変化していきます。
セカンドライフを考える上でも、家族構成を考慮することは極めて重要な要素です。
シングルの方には、シングルの方のライプランニングがあります。

現在の家族構成だけでなく、将来の変化まで予測することが大切です。

②セカンドライフ

「老後はカフェを開きたい」「海の近くに別荘を建てたい」「ゆっくり海外で生活したい」など、ライフランニングをしていると、まだご家族にも話していなかった将来の話が出てくることがあります。

老後と言っても20〜30年と長期間ですから、自分が本当にやりたい事を思い描く事はとても大切なことですね。
夢を実現したい日を定めて、ライフプランという計画に組み込んでいくことで、実現可能なものに見えてくるでしょう。

③リスク

もしもの時のことも考えておくことも大切です。

病気で働けなくなったときや、夫婦どちらかが先立ってしまった場合など、もしもの時の対処方法を考えておきましょう。
これだけで、漠然とした不安が解消されるはずです。

④キャッシュフロー表

ライフプランニングを実際に行うためには、それを行うための費用の概算や、その資金を準備するために今からどのように貯蓄していくべきなのかを計算します。
また、出産でしばらく収入が減るとか、進学で大きな費用を支払う、急な病気で医療費がかかった場合などリスクも考慮する必要があります。

毎年の収支を計算し、生涯に渡って収支がどのように変化していくかを表したものが「キャッシュフロー表」です。
これを作れば、さまざまなライフプランのシミュレーションを行うことができますので、自分の将来を予測する事が可能になります。

税金や社会保険料、年金の計算まで含めて正確なキャシュフロー表を作るには、FPに依頼するのがおすすめ。
経験豊富なFPならさまざまなケースを考慮したキャッシュフロー表を作成してくれ、より正確なライフプランのシミュレーションができるでしょう。


(参考:日本FP協会「ライフプラン診断」)

www.jafp.or.jp

優待名人・桐谷さんの特別セミナー動画期間限定で公開中!

f:id:haruka_sako:20200509132617p:plain


現在、優待おじさん・桐谷さんのオンラインセミナー動画を公開中です。

【セミナー動画視聴方法】

下記URLより「お金の健康診断」ページから「キャンペーンに応募する」のボタンをクリックしてください。

https://okane-kenko.jp/lp/project/kiritani

会員登録された方にオンラインセミナーの動画URLをお送りいたします。

▼詳細は以下の記事をご覧ください。

mag.okane-kenko.jp

チャットで簡単!あなたに合ったFPに相談しよう

f:id:haruka_sako:20200407134732j:plain
今回はファイナンシャルプランナーやFPへの相談事例などについて、FPバンクさんに解説してもらいました。

「もっと詳しく知りたい」「実際に相談してみたい」という人は、下記の「お金の健康診断」サービスからお気軽にチャットでご相談ください。

▼この筆者にチャットで無料相談できます!
詳しくはこちらから
  

  

また、「お金の健康診断」では年齢や居住地、年収など20個程の質問に回答するだけで、あなたの家計状況をチェックすることもできます。

その後は、あなたにぴったりなお金の専門家が紹介されるので、お金のプロに直接相談が可能

ぜひ気軽にトライしてみてくださいね! 

f:id:kenta_furumi_400f:20200331111557p:plain
\\無料でプロが家計をチェック//

f:id:kenta_furumi_400f:20200406095816p:plain 

※ディスクレーマー※
上記は、一般生活者のみなさんの資産づくり役立てていただくことを目的として、金融に関する一般的理論・制度・商品等の概要、税制・社会保険制度等の概要、それらに関係する分野の情勢を説明したものです。将来の制度変更や株価等の相場を予測するものではなく、特定の商品・サービス等の購入・加入を促したり、特定の企業や商品・サービス等の誹謗中傷を意図するものではありません。また、金融商品の将来の運用成果等を保証または示唆するものではありません。

本記事は2020年2月5日に公開した記事を編集部で一部加筆・修正したものです。

執筆者

得意分野:ライフプランニング・保険・資産運用・相続・不動産・住宅ローン

株式会社FPバンク

  • 家計改善
  • ライフプランニング
  • 教育資金
  • 保険
  • 資産運用
  • 老後資金

コメントはじめまして! 株式会社FPバンク です。 ライフプランニングから人生のデザインを。 住宅購入相談、資産を増やす運用、保険見直しまでオールインワンでお金の不安を解決するライフプラン相談所です。 毎年1,000人以上のお金の悩みを解決したプロフェッショナル集団が「お金のホームドクター」として本物のライフプランニングを提供します。  ▶︎株式会社FPバンク:https://fpbank.co.jp

こちらの執筆者に無料で相談する