【投資信託】コロナショック時の正しい対応をFPが答えます。こんなときどうすればいいの?

f:id:kenta_furumi_400f:20200428143319j:plain

f:id:kenta_furumi_400f:20200512094336j:plain

【執筆者:おかねの相談室(嶋田商事株式会社)】

「知識・経験豊富なお金のプロがどんな些細なことでもお答えします!!」

私たちは、特定の金融機関に属さない独立系ファイナンシャルプランナー(FP)です。 お金に関する相談件数は年間1000件以上。 お金のプロが皆様の様々なお金に関する疑問や不安をワンストップで解決します。(嶋田商事株式会社 関東財務局長(金仲)第700号)

得意分野: 家計改善、ライフプランニング、教育資金、保険、住宅ローン、資産運用、老後資金、相続、投資/お金の勉強

 

▼この筆者にチャットで無料相談できます!
詳しくはこちらから
    

 

 

皆さんの人生を豊かにするお手伝いをしています
おかねの相談室 ファイナンシャルプランナーの氏家です。

新型コロナウイルスの影響で株価の乱高下が続いています。
「日経平均株価が大幅下落、下げ幅は一時1,000円超え」
「NYダウが過去最大の下げ幅を記録」


投資信託を保有している人はこのようなニュースを聞くと、

  • 「このまま続けても大丈夫だろうか?」
  • 「売ってしまったほうがいいのか?」

と、不安に感じるのではないでしょうか?


そして、こんなときにとってしまう行動として次のようなことがあります。

  • 怖くなり解約してしまう
  • (積立をしている人は)積立金額を少なくしてしまう



じつは、このような行動は良い選択とはいえません。
投資信託は長期で保有し、市場の動きに対して一喜一憂しないことが大切です。


そこで、今回は投資信託を保有するうえで、株価下落など市場の変化が起こっても動揺せずに行動するための必要なポイントをお伝えします。

  • これから投資信託を始めようと考えている人
  • 現在投資信託を保有していて不安な人


このような方はぜひ最後まで読んでみてください。

f:id:kenta_furumi_400f:20200331111557p:plain

\\無料でプロが家計をチェック//

f:id:kenta_furumi_400f:20200406095816p:plain

 

 

■ 株価下落時にやってはいけない2つのコト

怖くなり解消してしまう

このままどこまで下がるのだろうと不安になり、怖いから売ってしまうという安易な選択をしてはいけません。なぜなら、過去の株価推移を見ると下落しても、そのままどこまでも下がり続けるということはなく、長期的には回復してきているからです。

 

f:id:kenta_furumi_400f:20200512095820p:plain

 

(出典:おかねの小槌より)

※MSCIワールド指数とは
MSCIワールド指数は、日本を含む主要国の株式を対象とする指数です。MSCIワールド指数は、先進国23カ国に上場する大・中型株を対象にしており、先進国の株式市場の動向を知るために最も利用されている株価指数の一つです。



毎月の積立金額を減らしてしまう

株価が下落すると不安になり、毎月の積立金額を減らそうと考える人も多いでしょう。しかし、毎月の積立金額を減らすのは注意が必要です。なぜならば、積立投資では「ドルコスト平均法」の効果で、株価下落時は投資のチャンスといえるからです。

 

f:id:kenta_furumi_400f:20200512095823p:plain

(出典:日本証券業協会ホームページより)

※ドルコスト平均法とは
株や投資信託などの価格が変動する商品に投資する際、「定期的」に「一定金額」分を買う方法。基準価格が安いときは多く、基準価格が高いときは少なく購入することになり、高値掴みのリスクを低減する手法として、長期で安定的な収益を目指すべき初心者にはオススメです。自らの判断でハイリスク・ハイリターンを目指す投資向きではありません。



■ 投資信託の正しいプロセスを実践する

市場の動向に左右されずに投資信託を保有するには、実行までのプロセスがとても大切です。

 

➀目的を決める(何のために)

まずは「何のために資産運用するのか」を考えましょう。

(例)老後資金が不足しそうで心配だから運用して増やしたい
(例)子どもの教育資金が心配だから準備したい、等

目的とは自分が達成したいゴールを決める
ことです。

②目標を決める(いつまで、いくら)

目的が決まったら、次にそれは「いつまで」「いくら」準備をすればよいかを考えましょう。

(例)老後資金の準備をしたい

「期間」老後まであと何年あるかを逆算
「金額」老後、貯金と年金だけの生活で不足する金額 ➡準備しなければいけない目標金額

 

③手段を決める(制度や商品)

「期間」と「金額」が決まったら、次に自分のリスク許容度(どのくらいの損であれば受け入れられるか)を踏まえながら、いろいろある資産運用の中で、どんな制度(NISAやiDeCoなど)を使い、どのような商品(株や投資信託など)で運用するのが一番よいか考えましょう。


■ 資産運用に自信がない人は相談できる資産運用アドバイザーを

資産運用は市場の様々な影響を受け、その時にどのような判断をするかはとても重要です。運用経験が浅い人や運用に自信がない人は「アドバイスをもらえる人」がいると安心です。

そんな人にお薦めしたいのがIFA(Independent Financial Advisor)です。IFAとは特定の金融機関から独立した存在で、中立的な立場から資産運用のアドバイスを行う専門家です。所属の金融機関からノルマを課せられるなどということがないため、投資家目線になり最良と思われる運用方法を提案してもらえます。

■ まとめ

投資信託などの資産運用は、市場のサイクルにおいて株価の下落などリスクを伴いますので注意が必要です。しかし、資産運用は継続してこそ、より効果を得られますので、市場の動向に一喜一憂せずに市場下落時は投資の好機と捉えましょう。そのうえで不安やわからないことがあれば、気軽に私までご相談ください。

 

▼この筆者にチャットで無料相談できます!
詳しくはこちらから
    

 

 

■ どんなことでもOK!お金のプロに相談しよう

オカネコでは、「お金の不安はあるけど何から始めればいいかわからない…」という方のために「お金の健康診断」というサービスを実施しています。

匿名かつ無料で利用できるので、ぜひチェックしてくださいね! 

(1)FPにチャットで無料相談

f:id:haruka_sako:20200407134732j:plain

お金の専門家、FP(ファイナンシャルプランナー)やIFA(独立系アドバイザー)などにチャットでお金の相談をすることができます。

相談内容は、貯蓄方法やNISAやiDeCo、投資、節税対策などどんな些細なことでもOK。

経験豊富なFPが丁寧にアドバイスしてくれます。

「お金の知識が全然ない」「何がわからないかわからない」という人こそ、まずはプロのアドバイスを聞いてみましょう!

 

 

(2)年収や家族構成などに答えるだけで家計をチェック

年齢や居住地、年収など20個程の質問に回答するだけで、あなたの家計状況をチェックすることもできます。

同地域・同世代の方と比較して年収・貯蓄額・家賃・資産運用額・保険料などがどの程度なのかがわかるので、自分の家計状況を客観的に知ることが可能。

その後は、あなたにぴったりなお金の専門家が紹介されるので、お金のプロに直接相談することもできます。

ぜひ気軽にトライしてみてくださいね!

  

\\あなたの家計をチェック//

f:id:kenta_furumi_400f:20200406095816p:plain

執筆者

得意分野:家計改善、ライフプランニング、教育資金、保険、資産運用、住宅ローン、老後資金、相続、投資/お金の勉強

お金の相談室

  • 家計改善
  • ライフプランニング
  • 教育資金
  • 保険
  • 住宅ローン
  • 資産運用
  • 老後資金
  • 相続
  • 投資

コメント「知識・経験豊富なお金のプロがどんな些細なことでもお答えします!!」

私たちは、特定の金融機関に属さない独立系ファイナンシャルプランナー(FP)です。 お金に関する相談件数は年間1000件以上。 お金のプロが皆様の様々なお金に関する疑問や不安をワンストップで解決します。
☆詳しくは「おかねの相談室」(https://www.e-shimada.com)で検索.。
【主な相談内容】
資産運用に関するご相談
投資信託のご相談
年金・iDeCo・NISAのご相談
生命保険・損害保険のご相談
住宅購入時の資金計画のご相談
ライフプランのご相談
家計簿に関するご相談
相続に関するご相談
など

【担当FP保有資格】
CFP(1級FP技能士)
AFP(2級FP技能士)
証券外務員一種
住宅ローンアドバイザー
生命保険募集人資格
相続知財鑑定士
DCマイスター
など 

このプランナーに無料で相談する