『金利低下=株価上昇』だと思ってる?知らないと大損する話

f:id:kenta_furumi_400f:20200330191618j:plain

執筆者:FP(元外資ファンドマネージャー)西出滋
得意分野:資産運用、ライフプランニング、教育資金、保険、住宅ローン、老後資金、相続、投資/お金の勉強

 

 

300億円運用していた元外資ファンドマネージャーの西出です。

米国で金利が急低下していることが話題となっていますが、株式投資において、金利の動きの背景や含意を理解することは極めて重要です。

そこで、この記事では金利の低下について解説していきましょう。

 

f:id:kenta_furumi_400f:20200331111557p:plain

\\無料でプロが家計をチェック//

f:id:kenta_furumi_400f:20200406095816p:plain

 

■ 金利の低下はポジティブなのか?

f:id:kenta_furumi_400f:20200428143353j:plain

一般的には、金利の低下は株式投資にとってポジティブです。

しかし、今回のアメリカの金利低下は経済活動の鈍化を先取りした動きであり、株式投資のリスクは高まっていると言えます。

 

米国株が急反落、10年債利回りは一時0.9%割れ
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2020-03-05/Q6QMWWT1UM1B01?srnd=cojp-v2
引用元:bloomberg

 

米国10年国債の利回りは2か月前(2月5日頃)に1.65%ありました。
それが3月5日には0.91%、低下幅は74bp(1bp=0.01%)に上っています。

急激な金利低下です。

今回の金利低下の理由を探る前に、金利の主な変動要因について確認します。

■ なぜここまで金利が低下しているのか? 

f:id:kenta_furumi_400f:20200331165625j:plain

それは、長期金利の変動要因です。

金利もモノと同じで需要と供給によって変動します。

「資金を借りたい」(=需要)
「資金を貸したい」(=供給)

資金を借りたい主体(政府、法人、個人等)が多ければ金利が上がり、貸したい主体(主に金融機関)が多いと金利が下がります。

例えば、好景気の場合は経済活動が活発化します。

・法人なら 
設備投資拡大 長期資金調達増 
→ 金利上昇圧力

・個人なら 
住宅需要拡大 住宅ローン需要増 
→ 金利上昇圧力

 

一方、不景気の場合は経済活動が鈍化します。

・法人なら
 設備投資縮小 長期資金調達減 
 → 金利低下圧力
              

・個人なら 
 住宅需要縮小 住宅ローン需要減 
 → 金利低下圧力

===================
物価上昇(インフレ)の場合 
→金利上昇圧力
→モノの価格が上がる前に購入しようと考え、資金調達が増える 

物価下落(デフレ)の場合  
→金利低下圧力
→モノの価格が下がるまで購入を控えようと考え、資金調達が減少する

 

一般的にこのようになります。

 

■ 今回の場合の金利低下はどう動く?

f:id:kenta_furumi_400f:20200331165744j:plain

今回の金利低下は、さきほどの「長期金利の変動要因」で解説した次の要因を先取りする動きです。

■不景気の場合
経済活動が鈍化   

・法人なら
 設備投資縮小 長期資金調達減 
 → 金利低下圧力
 
・個人なら 
 住宅需要縮小 住宅ローン需要減 
 → 金利低下圧力


経済活動が鈍化し、資金需要が減少、

その結果として将来の金利が低下するだろうと予想した投資家が債券を購入したため債券価格が上昇(=金利が低下)しています。

 

■ 金利低下予想が、なぜ債券価格上昇になるか?

f:id:kenta_furumi_400f:20200414154756j:plain

計算を簡単にするため割引率を考慮せず、『金利低下予想→債券価格上昇』の考え方を紹介します。

今ここに、金利2%の5年満期の債券が価格100円で購入可能だったとします。

この債券を保有した場合に受け取れる金額の合計は110円です。(①)

①利息2円×5年+償還金(満期金)100円=110円

ここで状況が一変し、景気悪化により金利が1%まで低下すると投資家が予想したとします。

金利1%の5年満期の債券を保有した場合に受け取れる金額は105円です。(②)

②利息1円×5年+償還金(満期金)100円=105円

この時、「①」の債券があれば、110円受け取れるので、
2)の受け取り総額105円との差額分である5円(110円ー105円)だけ価値が高まります。

そのため「①」の債券価格は100円から105円に上昇します。


お分かり頂けましたでしょうか?

これが金利低下予想が債券価格上昇につながるメカニズムです。

逆に、金利上昇予想は債券価格下落につながります。

 

■ 足もと株式投資はリスクが拡大

f:id:kenta_furumi_400f:20200414154306j:plain

通常は、金利の低下は株式投資にとってポジティブに働きます。

金利が低下すると預金や債券投資によって得られる利息では満足できない資金がリスクをとって株式市場に流入するためです。

しかし、今回の金利低下は今後の景気鈍化を予想した動きです。

金利低下が予想する景気鈍化が現実となれば企業業績は縮小します。

企業業績を反映する株式投資の魅力は現時点で低下したと言えるでしょう。

 

■ どんなことでもOK!お金のプロに相談しよう

オカネコでは、「お金の不安はあるけど何から始めればいいかわからない…」という方のために「お金の健康診断」というサービスを実施しています。

匿名かつ無料で利用できるので、ぜひチェックしてくださいね! 

(1)FPにチャットで無料相談

f:id:haruka_sako:20200407134732j:plain

お金の専門家、FP(ファイナンシャルプランナー)やIFA(独立系アドバイザー)などにチャットでお金の相談をすることができます。

相談内容は、貯蓄方法やNISAやiDeCo、投資、節税対策などどんな些細なことでもOK。

経験豊富なFPが丁寧にアドバイスしてくれます。

「お金の知識が全然ない」「何がわからないかわからない」という人こそ、まずはプロのアドバイスを聞いてみましょう!

今回の記事の執筆者に相談してみたいという方は、こちらから詳細をご覧ください。

 

この執筆者にチャットで投資などお金に関する相談をすることができます。詳しくはこちらから

※無料で利用できます

 

 

(2)年収や家族構成などに答えるだけで家計をチェック

年齢や居住地、年収など20個程の質問に回答するだけで、あなたの家計状況をチェックすることもできます。

同地域・同世代の方と比較して年収・貯蓄額・家賃・資産運用額・保険料などがどの程度なのかがわかるので、自分の家計状況を客観的に知ることが可能。

その後は、あなたにぴったりなお金の専門家が紹介されるので、お金のプロに直接相談することもできます。

ぜひ気軽にトライしてみてくださいね!

  

\\あなたの家計をチェック//

f:id:kenta_furumi_400f:20200406095816p:plain

 

======================
この記事が役に立ったら
「いいね」してもらえると嬉しいです。

また、元ファンドマネージャーの西出に
聞きたいこと、書いてほしい記事などあれば
コメント欄に書いてください。

必ず書くお約束はできませんが、
目を通させて頂き参考にさせて頂きます。

 

■チャット

投資などの相談を西出と無料で行うことができます

詳しくはこちらからご利用ください。

チャットを使用してみる


リアルタイムな情報はTwitterで発信中!

300億円運用していた
元ファンドマネージャー西出の
最新ニュースの見解などをいち早く知りたい場合には
ぜひフォローしてみてください!

■Twitter
https://twitter.com/nishideshigeru

 

======================

 

 

※ディスクレーマー※
この記事(以下、本記事)が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものであり、投資その他の行動を勧誘するものではありません。銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、読者様ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。
本記事に掲載される株式、債券、為替および商品等金融商品は、企業の活動内容、経済政策や世界情勢などの影響により、その価値を増大または減少することもあり、価値を失う場合があります。
本記事は、投資された資金がその価値を維持または増大を補償するものではなく、本記事に基づいて投資を行った結果、読者様に何らかの障害が発生した場合でも、理由のいかんを問わず、責任を負いません。

執筆者

得意分野:資産運用、ライフプランニング、教育資金、保険、住宅ローン、老後資金、相続、投資/お金の勉強

西出 滋

  • 資産運用
  • ライフプランニング
  • 教育資金
  • 保険
  • 住宅ローン
  • 老後資金
  • 相続
  • 投資

コメント皆さん、はじめまして!ファイナンシャルプランナー(FP)の西出(にしで)でございます。
銀行、証券・投資顧問、保険と金融3業態全てを経験し、金融業界25年のFPです。自身の経験で培った知識を活かしてお客様の質問にお答えしています。外資系投信投資顧問とヘッジファンドで年金運用のファンドマネージャーを歴任しており、特に資産形成・資産運用のご相談を専門にしています。
【職業理念】は「投資を文化に」
資産家の皆さんには、機関投資家の考え方をベースにポートフォリオをご提案します。また、ビギナーの方には、とかく難しいというイメージが先行している資産形成・資産運用を、特別なことではなく身近に感じていただけるようお話します。 投資は難しくありません!ぜひお気軽にご相談ください!

このプランナーに無料で相談する