住宅ローンの選び方とFPに相談するメリット

f:id:kenta_furumi_400f:20200331164309j:plain

オカネコは、「お金の専門家が執筆、その執筆者にチャットで相談することもできる」 Webマガジン。
この記事の専門家は…

f:id:haruka_sako:20200415085044p:plain

【執筆者:FPバンク】
住宅購入相談、資産を増やす運用、保険見直しまで解決するライフプラン相談所。 毎年1,000人以上のお金の悩みを解決したプロフェッショナル集団が「お金のホームドクター」として本物のライフプランニングを提供している。
 

▼この筆者にチャットで無料相談できます!
詳しくはこちらから
  

 

今回は、最近話題にもなっているマイナス金利導入と同時に住宅購入を考えている人が急増している実態のなか、果たして本当に購入していいのか、他に考えなければならないこととは何なのか…FPならではの視点で見ていこうと思います。

住宅の購入は人生の中でも大きな決断ですので、正しい判断をすることが理想のライフプラン実現に不可欠と言えるでしょう。
しかし、FP側からの視点から見ると、正しい判断ができていないケースも多く見られます。 

この記事を読んで、住宅購入を判断する上での参考になれば幸いです。

自宅で簡単に「お金の健康診断」 専門家にチャット相談

「資産運用として投資をしてみたいけど何から始めればいいかわからない」
「自分の投資方法で良いのかアドバイスがほしい」

など、お金に関する不安や疑問を感じている人も多いのではないでしょうか。

そこで、おすすめなのが、お金のプロに無料相談できる「お金の健康診断」

居住地や相談内容を入力するだけで、あなたにぴったりなFPや独立系ファイナンシャル・アドバイザー(IFA)が見つかり、チャットで無料相談することができます。

<体験者の声>

子供の教育費や住宅ローンで思うように貯蓄ができず、老後資金に不安を感じていました。そんな時「お金の健康診断」を知ったのですが、匿名でチャット相談ができる点が気に入りました。とても親切にアドバイスしてくれ、結果的に家計の見直しをして浮いたお金で投資信託を始めました。これからも定期的に相談したいと思います。(東京都/会社員/44歳女性)

居住地や相談内容を入力するだけで、あなたにぴったりなFPや独立系ファイナンシャル・アドバイザー(IFA)が見つかり、チャットで無料相談することができます。

「お金の健康診断」には90社500名以上の専門家が登録しており、家計・保険・投資・ローンの相談・ライフプランなど幅広い相談に対応可能です。
相談は何人してもOKなので、さまざまな専門家の意見を比較すれば、より納得して選択ができるはず。

相談は名前・住所の入力不要なので、ぜひ気軽にトライしてみてくださいね!

\\家から簡単!FPに無料でチャット相談//

f:id:kenta_furumi_400f:20200406095816p:plain 

住宅ローンを選ぶうえで重要なこと


(1)ローン選びの前に行うこと

みなさん住宅ローンを選ぶうえで何を重用視していますか?

住宅ローン=借金

なので、なるべく金利を多く払わずに早く返済したいという気持ちは誰しもがあるかと思います。

 

それ自体は正しい考えであり、当たり前のことだと思います。しかし、ただやみくもに頭金を多く入れ、返済期間を短くするというやり方はトータルの返済額でみれば得をするかもしれませんが、私はお勧めしません。


よく銀行などの金融機関は「○○円ぐらいまででしたら融資できますよ」といった話を持ちかけてきますが、それはあくまでも現状での資産、収入の推移を予測したものになります。


例えば、

  • 転職を考えて収入が激変した。
  • 病気等で働くことができなくなり、収入がなくなった。
  • 予想以上にお子様の教育費や生活費がかかり、住宅ローンまで手が回らなくなった。

 

など先々の起こりうる出来事を無視した内容のものになります。それが原因で生活が成り立たなくなっては本末転倒です。つまり「借りれる金額と借りていい金額は違う」ということです。

先々にどんなことが起こりうるのか予測を立て、またそうなった場合にどう対応するか前もって備えていく必要があります。

(2)いざ住宅ローン選びへ

予算が決まったら、いよいよローン選びです。

住宅ローンは大きく分けると「変動金利」と「固定金利」に分けられます。

他には期間選択型などといったのもありますがここでは、固定と変動に焦点を当てていこうと思いますので割愛させてもらいます。


実際には、低金利時代ですので変動金利を選ばれる方が多いです。

銀行にもよりますが金利としては0.4%から0.8%といったところでしょうか。固定金利(フラット35)ですと令和1年3月時点で頭金1割以上ご用意できて1%程度というデータが出ております。金利が低くなるにつれ、変動と固定の差もそこまで大きな開きがなくなってきています。

 

さて、ここで考えなければいけないのが最長で35年のローンを組むうえで金利はどう変化していくのか?

正直なところ、これからの国の経済状況などによって左右されますので、予知能力者でもない限り誰にもわかりません。


そこで、過去35年間をみるといろんな経済の出来事がありました。バブル、リーマンショック、ITバブル、チャイナショックなど記憶にある方も多いと思います。

金利の推移はどうなっているのかというと、最も高かった90年代前後のバブルの時期で8.5%となっています。裏を返せば過去35年間でこれだけ動いているということです。ちょっと恐ろしいですよね。


ご家庭をお持ちの方ですと、金利上昇リスクを見据えながら生計を立てていくのはちょっとリスクがあるかもしれません。その点、固定金利ですと金利が上がろうと下がろうと支払い金額がずっと一定ですので、先々の生計がある程度立てやすいというメリットがありますよね。


つまり、

  • 「金利が上がらなければ支払い金額を最小限に抑えられるメリットがあるが、それと引き換えに金利上昇リスクをとるか」
  • 「多少金利が高くても金利上昇リスクに左右されず支払額が一定という安心感をとるか」

どちらかになります。

選択方法としてはどちらの方法も正解ですので、ご自身の合ったやり方で無理なく住宅ローンを選択いただければと思います。 

住宅ローンをFPに相談して得られるメリット

f:id:kenta_furumi_400f:20200331170503j:plain


実は住宅ローンに関する相談はかなり増えています。低金利であれば、それだけ返済額も少なくて済みますので今が買い時と考える人は多くて当然かもしれません。


しかし、人生長い目でみたときに住宅を購入することがゴールではありません。理想のプランを生きていくための通過点に過ぎません。

よく住宅相談に来られるお客様に対して私が伝えるのは、「人生というライフプランをまず大枠として考えること。その後にどれだけの予算でどのように住宅ローンを組むべきか決めていくべき」ということです。


「今は低金利だし、現在の家賃よりも安い支払いで払っていけないはずなどない」など思われる方もいらっしゃるかと思いますが、前述のように私はそこに対しては疑うべきであると強く訴えています。


実際にFPとして多くのお客様と接していて感じることは、不動産屋や金融機関に言われたことを鵜呑みにし、それに安心して住宅購入に踏み切っている方が多いということです。

向こうも利益を出すために商売でやっていますので、良いことを伝え背中を押してあげるというのはあるかもしれませんが、残念ながら自分たちの利益重視で営業しているケースもしばしば見られます。不動産屋や金融機関からの勧誘の言葉に対しては常に慎重になるべきです。


素人目線からみたらなかなか難しいかもしれませんが、スーパーでの買い物とは違い、住宅の購入はいかに安くコストを抑えるかだけが重要なポイントではないのです。

例えば、

  • もしも、数年住んでから住宅に何か問題が出てきたら
  • 将来住宅を売却する場合に、資産価値が大きく低下したらどうするか
  • もしも、この先金利が大幅に上がって月々の支払いに大きく支障が出たらどう対応すべきか

など他にもアンテナを張り巡らせながら注意すべき点はたくさんあります。

現在低金利だから今が住宅購入のタイミングだと安易に考えるべきではないでしょう。


かといって慎重になりすぎてタイミングを見失い、いつまで経っても購入ができない状況は避けなければなりません。

重要なのは、長いライフプランの中で住宅購入をすることによってどんな問題が起こりうるか考え、そこに対しての対策を事前に打つことです。

 

考えることが多くて、「難しい」「大変だ」と思われる方もいらっしゃるかもしれません。その場合には、住宅購入に関してもFPに相談いただければで細かい情報を入手・整理でき、正しい判断をするサポートをさせていただきます。ぜひ一度ご検討してみてはいかがでしょうか。

 

どんなことでもOK!お金のプロに相談しよう

f:id:kenta_furumi_400f:20200319191851j:plain
FPとして活動をしていると、いろんな悩みを持った方とご対面します。そして、その悩みの本質をどう改善していけば、お客様が理想とする人生を歩んでいけるかを常に一緒に考えながら接しています。

なかなか一筋縄ではいかないことも多いですが、お客様の人生を背負っている以上はその責任を一緒に背負いながら取り組んでいます。そして、お客様の幸せが何よりの生きがいだと私は感じております。

 住宅購入に限らず、人生の中でお金に関連した悩みを抱える機会は数多くあります。そんな時に、お金のプロとして相談相手になってあげるのがFPの仕事です。
何か困ったことがあれば、一度FPに相談して見ることをご検討ください。

▼この筆者にチャットで無料相談できます!
詳しくはこちらから
  

 

また、「お金の健康診断」は年齢や居住地、年収など20個程の質問に回答するだけで、あなたの家計状況をチェックすることもできます。

同地域・同世代の方と比較して年収・貯蓄額・家賃・資産運用額・保険料などがどの程度なのかがわかるので、自分の家計状況を客観的に知ることが可能。

その後は、お金のプロに直接チャット相談することもできます。
相談は無料かつ匿名なので、ぜひ気軽にトライしてみてくださいね! 

\\家から簡単!FPに無料でチャット相談//

f:id:kenta_furumi_400f:20200406095816p:plain  

 
執筆者

得意分野:ライフプランニング・保険・資産運用・相続・不動産・住宅ローン

株式会社FPバンク

  • 家計改善
  • ライフプランニング
  • 教育資金
  • 保険
  • 資産運用
  • 老後資金

コメントはじめまして! 株式会社FPバンク です。 ライフプランニングから人生のデザインを。 住宅購入相談、資産を増やす運用、保険見直しまでオールインワンでお金の不安を解決するライフプラン相談所です。 毎年1,000人以上のお金の悩みを解決したプロフェッショナル集団が「お金のホームドクター」として本物のライフプランニングを提供します。  ▶︎株式会社FPバンク:https://fpbank.co.jp

こちらの執筆者に無料で相談する