教育資金は学資が最強?学資保険をおすすめする4つの理由

 

f:id:haruka_sako:20200407120137j:plain

執筆者:株式会社FPバンク
得意分野:ライフプランニング、保険、資産運用、相続、不動産、住宅ローン

 

子供が生まれると考える教育費。

特にコロナのように予期せぬ事態で「収入が減った」「思うように貯金ができない」なんてことがあると、早くから備えておきたいと思いますよね。

高校から大学へ進学する時は、短い期間にかなりの出費があります。

そのため、早いうちからこれらの資金を蓄えておくのがおすすめ。 

そこで、今回は教育資金の準備としてよく耳にする「学資保険」について紹介します。

 

f:id:kenta_furumi_400f:20200331111557p:plain

\\無料でプロが家計をチェック//

f:id:kenta_furumi_400f:20200406095816p:plain

 

■1.教育資金を貯めるには学資保険がおすすめ

f:id:haruka_sako:20200406170601j:plain

 学資保険という言葉、一度は耳にしたことがある人も多いのではないでしょうか。

学資保険とは、契約した保険料を払い続け、まとまった教育費が必要になる頃に給付金として受け取ることができる保険です。

 

教育費を貯める方法はいくつかありますが、なかでもおすすめなのがこの学資保険。

その理由を次の章でご説明しましょう。 

■2.学資保険をおすすめする4つの理由

f:id:haruka_sako:20200407115451j:plain

 学資保険には主に4つのメリットがあります。

1つずつ見ていきましょう。

(1)契約者が死亡しても保険金が受け取れる

「学資保険に入らなくても貯金しておけばいいのでは?」と思う人もいるかもしれません。

しかし、何か起きたとき貯金し続けることが難しい可能性があります。

 

そう学資保険が定期貯金が大きく違う点は、保険の契約者(親)が死亡した場合、残りの契約期間は保険料の支払いが免除される点です。

そして、満期保険金は契約どおりの金額が受け取れることができるのです。

(2)利息相当額が50万円以下なら非課税

銀行の定期預金は、積み立てを途中で止めてしまうとそれまでに積み立てたお金に利息がつくだけ。

そして、その利息には所得税15%、住民税5%が課税されます。

 

しかし、学資保険は満期を迎え給付金を受け取った時でも、利息相当額(受け取ったお金から、実際に支払った保険料を差し引いた金額)が、特別控除額の50万円以下なら税金がかかりません。

また、金利についても長期金利という高金利が適用されるので、銀行の定期預金よりも高いリターンが期待できるのです。

(3)貯蓄しながら節税できる

学資保険は、払った保険料の一部を生命保険料控除として、所得税と住民税の対象額から差し引くことができます。 

保険料の支払い期間中は、貯蓄をしながら同時に節税も実現できるのです。 

(4)必要な時期までに確実に準備できる

そして学資保険の最大のメリットは、学費という目的を明確にして、確実に必要な時期に準備ができるという点です。

 

学資保険は、一度始めたら簡単には引き出すことができません。

どうしてもというときは途中解約ができますが、支払った保険料より払い戻しが少ない「元本割れ」になる可能性が高いです。

いつでも引き出せる定期貯金はちょこちょこ使ってしまい、「全然貯まってなかった」となりやすいですが、学資保険なら必要な時期までに確実にお金を貯めることができるのです。

■3.学資保険はシンプルなタイプを選ぼう

f:id:haruka_sako:20200403105629j:plain

 

保険でありがちなのが、いろんな特約をつけてしまい保険料が割高になってしまうこと。

学資保険にも子どもの入院保険(医療特約)を追加できるものなどがあります。
しかし、特約は保険料掛け捨てのため、あれもこれもと追加しすぎると、保険料を払い終わり、満期金を受け取るときに元本割れになってしまうことがあります。

 

学資保険は特約をつけないで商品選びをすすめるのがポイント。

「教育資金準備」のための貯蓄と割り切りましょう。

 

各家庭の教育方針によって、まとまった資金が必要になる時期は変わってくるはずです。

一般的に大学進学前、18歳に満期を迎える学資保険を選択する人が多いのですが、入学金支払いに間に合うよう、17歳満期にできるものもあります。

また、学資保険に加入するのは、子どもの誕生後すぐであれば保険料も安くなりますが、満期金受け取り時期やその金額を明確にしてから契約するようにしましょう。

■4.まとめ

学資保険のメリットについて解説しました。

将来子供がやりたいことを応援できるよう、早くからぜひ検討してみてください。

■5.どんなことでもOK!お金のプロに相談しよう

オカネコでは、「お金の不安はあるけど何から始めればいいかわからない…」という方のために「お金の健康診断」というサービスを実施しています。

匿名かつ無料で利用できるので、ぜひチェックしてくださいね! 

(1)FPにチャットで無料相談

f:id:haruka_sako:20200407134732j:plain

お金の専門家、FP(ファイナンシャルプランナー)やIFA(独立系アドバイザー)などにチャットでお金の相談をすることができます。

相談内容は、貯蓄方法やNISAやiDeCo、投資、節税対策などどんな些細なことでもOK。

経験豊富なFPが丁寧にアドバイスしてくれます。

「お金の知識が全然ない」「何がわからないかわからない」という人こそ、まずはプロのアドバイスを聞いてみましょう!

今回の記事の執筆者に相談してみたいという方は、こちらから詳細をご覧ください。

\\無料でプロが家計をチェック//

f:id:kenta_furumi_400f:20200406095816p:plain

 

(2)年収や家族構成などに答えるだけで家計をチェック

年齢や居住地、年収など20個程の質問に回答するだけで、あなたの家計状況をチェックすることもできます。

同地域・同世代の方と比較して年収・貯蓄額・家賃・資産運用額・保険料などがどの程度なのかがわかるので、自分の家計状況を客観的に知ることが可能。

その後は、あなたにぴったりなお金の専門家が紹介されるので、お金のプロに直接相談することもできます。

ぜひ気軽にトライしてみてくださいね!

  

\\あなたの家計をチェック//

f:id:kenta_furumi_400f:20200406095816p:plain

執筆者

得意分野:ライフプランニング・保険・資産運用・相続・不動産・住宅ローン

株式会社FPバンク

  • 家計改善
  • ライフプランニング
  • 教育資金
  • 保険
  • 資産運用
  • 老後資金

コメントはじめまして! 株式会社FPバンク です。 ライフプランニングから人生のデザインを。 住宅購入相談、資産を増やす運用、保険見直しまでオールインワンでお金の不安を解決するライフプラン相談所です。 毎年1,000人以上のお金の悩みを解決したプロフェッショナル集団が「お金のホームドクター」として本物のライフプランニングを提供します。  ▶︎株式会社FPバンク:https://fpbank.co.jp

こちらの執筆者に無料で相談する