「平均月収」6年ぶり減、給料だけに頼らない家計づくりを

f:id:kenta_furumi_400f:20200319200723j:plain

執筆者:谷 謙作(ユニバーサル財務総研) 

得意分野:ライフプランニング、教育資金、保険、資産運用、老後資金、相続

 

2019年の名目賃金が6年ぶりに前年割れしたと、厚生労働省が発表しました。

毎月勤労統計調査(速報値)によると、名目賃金は前年より0.3%減の、

月額32万2689円

 

この報道から、今後の家計づくりの在り方について考えたいと思います。

 

 

そもそも「名目賃金」とは

f:id:kenta_furumi_400f:20200319200454j:plain

名目賃金が下がると、なぜ今後の家計づくりについて考える必要があるのか。

よくわからないという方もいらっしゃるかもしれません。

 

名目賃金とは、

給与明細に記載される額面上の賃金支給額のこと

 

「名目賃金が下がった」と聞くとピンとこないですが、「平均月収が下がった」と言い換えると、家計への影響が伝わるでしょうか。

 

 

家計へのダメージを知る指標は「名目賃金」だけじゃない

f:id:kenta_furumi_400f:20200319200523j:plain



名目賃金とセットで語られる経済指標に「実質賃金」というものがあります。

 

実質賃金とは、労働に応じて取った賃金(名目賃金)が、どれだけの物品の購入に使えるかを示す値のこと。

わかりやすく言うと、「家計のゆとり」です。

 

実質賃金は、

  名目賃金÷消費者物価指数 

で出すことができます。

 

同じ金額をもらっていても、物価が上がれば購入できるモノやサービスは減り、物価が下がれば購入できるモノやサービスが増えます。

そのため生活実態を知るには、名目賃金とあわせて実質賃金の値の変動も見ることが重要です。

 

ちなみに、2019年の実質賃金は前年より0.9%減となり、2年ぶりに前年を割り込みました。

 

f:id:kenta_furumi_400f:20200331111557p:plain

 

 

家計の窮屈さをやわらげる「家計づくり」を

f:id:kenta_furumi_400f:20200324151437j:plain


 

「景気回復の実感がない」

 

という声に代表されるように、よくわからないけど確かに感じていた「家計の苦しさ」が、名目賃金・実質賃金という言葉とその意味、数値を知ることで、はっきりしてきたかと思います。

 

日本の景気がよかったバブル期と比べると、よりわかりやすいのでみてみましょう。

  バブル期1990年の実質賃金を100とすると、

  2019年の実質賃金は約94

バブル期の家庭よりも今のほうが家計は窮屈と言えます。

 

こうした窮屈さをやわらげるために、できることはないのでしょうか。

そこで私たちFPがおすすめしているのが、「資産運用」です。

 

資産運用をおすすめする理由は、消費者物価指数を上回る「金利」の利率が見込めるから。

  • 2019年の消費者物価指数は、前年比0.5%の上昇。
  • 弊社が資産運用と位置付けている金融商品の金利は、だいたい3%~7%くらい。
  • 預貯金(定期)の金利は、0.01%。

 

この違いがどういう結果を生むか。先ほどの実質賃金の計算式を思い出してください。

  実質賃金=名目賃金÷消費者物価指数

 

わかりやすく置き換えると、

  家計のゆとり=収入÷物やサービスの値段がどれだけ上がったか 

 

なので、

消費者物価指数を上回る金利のものに収入を預ければ、消費者物価指数より低い金利である預貯金に預けるよりも、家計のゆとりは大きくなります。

 

次のシミュレーションをご覧ください。

月3万円を金利3%の金融商品と預貯金(0.01%)で運用した場合の積立額の差です。

f:id:kenta_furumi_400f:20200324194324j:plain

 

金利3%の金融商品の20年後の積立額は980万円、

預貯金の20年後の積立額は720万円。

預入額が同じでも、結果に260万円もの差が生まれています。

低金利環境が長期化している中で、このように資産運用をうまく家計に取り入れることが、家計管理の明暗をわけるでしょう。

 

 

この筆者にチャットで気軽に相談できます。詳しくはこちらから

お金について不安がある方は、「お金の健康診断」をご利用ください。
※無料で受診できます

 

f:id:kenta_furumi_400f:20200331111557p:plain

 

得意分野: ライフプランニング・教育資金・保険・資産運用・老後資金・相続
執筆者
f:id:kenta_furumi_400f:20200325114756j:plain

ユニバーサル財務総研

谷 謙作

  • ライフプランニング
  • 教育資金
  • 保険
  • 資産運用
  • 老後資金
  • 相続

コメント はじめまして、こんにちは。 ユニバーサル財務総研のファイナンシャルプランナーの谷と申します。
保有資格:2級ファイナンシャル・プランニング技能士
損害保険会社の勤務を経て、2014年より株式会社ユニバーサル財務総研に入社。 通算100回以上の実績のある「女性のためのマネーセミナー」を毎月主催している弊社ならではの、女性を対象としたライフプランニングや資産運用を得意としております。

【弊社HP】 https://www.universal-fp.com/
中でも、弊社がライフプランを考える上で基盤としている「人生を逆算して考える」という手法は、「目から鱗の思いです」「これで将来も安心です」といったような、有難いお言葉を頂戴する機会も非常に多く、自信を持ってご提案させて頂きます。
「お金についてもっと詳しく知りたいけれど、何から準備したら良いのか分からない」といったような、はじめての方でも入りやすいように、実際にあった身近な例やたとえ話を使って分かりやすくお伝えさせて頂きますのでご安心ください。
「ライフプランニング」「資産運用」といっても、家族構成や家計が異なっていれば、取るべき戦略は異なってきます。だからこそ将来「あの時、相談してよかった」と思えるような、最良の選択をして頂くための手助けが出来ればと思います。少しでもご興味を持たれた方は是非とも一度お問い合わせください。 その他にも、保険のお見直しや教育資金作り、ファミリー向けの保険選びなどにつきましても気軽にご相談ください。

このプランナーに無料で相談する