離婚の際の検討事項と生命保険


離婚

いざ離婚を決意しても、離婚後の家族構成や生活スタイルなど、環境の変化を考えると経済面はどうなっていくのか不安になると思います。離婚成立までに何を検討すべきか、離婚時の生命保険はどうなってしまうのかを知る事が出来れば、少しずつ不安は解消されるのではないでしょうか?

1.離婚成立までの検討事項

(1)親権者の決定 

離婚したいけど子供のことを考えると・・・。夫に対しての気持ちは既に決まっていても、子供にとっては大事な父親です。離婚することで子供に寂しい思いをさせるのではないかと考えると躊躇してしまうかもしれません。しかし、子供の親権を決めないと離婚することが出来ませんので、まずは夫婦での話し合いが大切です。

(2)慰謝料について

離婚原因のランキングでは「性格の不一致」が夫婦ともにダントツ1位です。「性格の不一致」だけでは慰謝料の支払いが認められることはないようです。どんな理由の場合に請求ができるのか、どのくらいの金額なのか、事前に知っておくことで今後の生活を考える目安になると思います。また、離婚後いつでも請求できるわけではないので、請求を考えている場合は注意が必要です。

(3)養育費について

離婚によって環境が変わる場合は、ストレスなど様々な問題を考えて、最大限しっかり整えてあげることが親の役目です。その為には、養育費は必要な費用です。離婚しても、親であることは変わりませんので、育てるためのお金を負担するのは親の義務であり、子供もそれを受ける権利があります。離婚後の生活があまりに厳しい場合は子育てして生活していくことができません。夫からの養育費がいくら貰えそうかなど、離婚後の生活を具体的にイメージしておくことが大切です。

(4)婚姻費の請求

離婚に向けて別居している場合、生活費は「婚姻費用」として請求することができます。いくら請求できるかは、夫の収入だけではなく、妻の年収によっても金額が変わりますので、事前に調べておくことが大切です。また、いつ受け取れるかということも合わせて知っておく必要があります。

参考HP: 東京家庭裁判所「養育費・婚姻費用算定表」

www.courts.go.jp

(5)財産分与の対象となる財産

財産分与の対象となる財産は、結婚してから離婚に至るまでの間に、夫婦で得た財産のことです。どちらか一方意見だけでは決められませんし、決まらないので必ず話し合う必要があります。基本的には1/2が一般的ですが、分配の仕方で納得いかないケースもあるでしょう。またプラスの財産だけではなく、マイナスの財産も対象になってきますので事前に知っておく必要があります。離婚後の生活を左右する大切な資金の問題ですので、一方が不利にならないように知識を得ておくことも大切です。

2.離婚と保険契約

(1)財産分与時の生命保険の取り扱い

一般的に、生命保険(貯蓄性のある保険)は財産分与の対象となりますので、離婚時の解約返戻金額で評価して財産分与を行います。生命保険の財産分与の方法は、解約返戻金*を分配するだけではなく、解約せずに契約を継続させる方法もあります。この場合は、再加入すると保険料が上がるため、財産分与として取得した側が契約を継続することになります。

(2)離婚と生命保険

まずは、今加入している保険はどんな保険か、保障内容や契約者、被保険者、受取人はどうなっているかをお手持ちの保険証券で確認してみましょう。保険証券に解約返戻金額が記載されている場合は、保険証券から解約返戻金*が大体いくらか見当が付きます。記載がない場合は、契約者本人であれば保険会社へ問い合わせて聞くことができます。また、学資保険についても確認が必要です。子供のためのものだから財産分与の対象ではないと思っていませんか? 残念なことに学資保険も、将来の教育資金に充てるために夫婦共有財産から積み立ててきた保険とみなしますので、財産分与の対象になる可能性があります。

(3)離婚に伴う名義変更

離婚後も解約せずに保険契約を継続する場合でも、名義変更など見直しは必須です。学資保険の解約返戻金*1が財産分与の対象になる可能性があっても、子供の将来を考えると解約することは考えにくいと思います。離婚をして子供の親権が自分になったのに、夫が保険契約者だと満期時に保険金が子供のために本当に使えるか心配です。離婚前に、保険契約者の名義を夫から自分へ変更しておくなどの手続きをきちんと済ませておく必要があります。また、他にも名義変更していないと税負担が生じることになりますので、忘れずに考慮する必要があります。

3.まとめ

いかがでしたでしょうか? 離婚成立までに何を検討すべきか、離婚時の生命保険はどうなってしまうのか少しはお分かりいただけたと思います。しかし、これだけでは離婚後の生活が決して安心できるわけではありません。早く離婚をしたいという気持ちが先行して、離婚後の生活のことまで考えられなくなってしまう場合もあるのではないでしょうか。

シングルマザーとなる場合には、それを取り巻く環境を考え、後悔しないためにも、離婚成立までの事前準備として、離婚後の生活をまずはシミュレーションしておくことが非常に重要ではないかと思います。

離婚後のライフプランを立てるということは現在だけではなく、将来必要なお金も考えておくということになりますので、より具体的な対策を立てられることになります。


 

*1:契約を解約したときに戻ってくるお金のこと

執筆者

得意分野:ライフプランニング・保険・資産運用・相続・不動産・住宅ローン

株式会社FPバンク

  • 家計改善
  • ライフプランニング
  • 教育資金
  • 保険
  • 資産運用
  • 老後資金

コメントはじめまして! 株式会社FPバンク です。 ライフプランニングから人生のデザインを。 住宅購入相談、資産を増やす運用、保険見直しまでオールインワンでお金の不安を解決するライフプラン相談所です。 毎年1,000人以上のお金の悩みを解決したプロフェッショナル集団が「お金のホームドクター」として本物のライフプランニングを提供します。  ▶︎株式会社FPバンク:https://fpbank.co.jp

こちらの執筆者に無料で相談する