【投資初心者必見】投資信託で得するにはどうしたら良いの?


投資信託で得するのはどうしたら良いの?

投資に馴染みの薄い方でも、投資信託という言葉は聞いたことがあると思います。内容について、なんとなくわかっている方もいるかもしれませんが、あらためてご説明します。

少額から分散投資が始められる

投資信託では、大勢の投資家が少額、またはまとまったお金を投資し、そのお金がファンドに集められます。集められた多額の投資マネーを〝ファンドマネージャー〟という投資のプロが運用します。投資信託とはこの仕組みを指しています。

投資信託の運用先は商品によってさまざまです。債券・株・不動産など、ローリスクなものからハイリスクなものまであります。

投資先は様々で、タイプによっては分配金が毎月、投資家に配分されるものもあります。さながら株式の配当金のようなイメージです。

株式投資は自分で銘柄を選び、タイミングを考えながら売買を行いますが、投資信託は少額からスタートできるにもかかわらず、プロに運用を任せられ、かつ分散投資ができる、という大きな特徴があります。投資信託には、さまざまな投資先があります。

株タイプであれば100社~200社と分散投資を行っているため、万が一、組み込まれているうちの1、2社が上場廃止になったとしても、大きな損失を被るということはありません。

ただし、プロが運用してくれるといっても元本保証ではないので、その点は理解が必要です。また利益の有無に関わらずファンドマネージャーに対して報酬が発生します。

100円からでも投資が始められる!?

ここ最近はITの発展とともに少額から始める投資環境も整ってきました。以前は投資するにしても「まとまった資金」が必要で初心者にはハードルが高いものがありましたが、現在では100円というごく少額や、クレジットカードのポイントで投資することもできます。

損失のリスクが怖くて、なかなか投資をスタートできないという人にとって、少額のお金やポイントなどを使い、損失を限定させて投資が行えるのはメリットでしょう。

為替には注意!

投資に興味がある人が、不動産や個別株、海外の有名企業に投資をしてみたいと考えても、それらに直接投資するには資金が足りなかったり、分散投資が実現できなかったり、手数料が高額だったりと、いくつもの問題に直面します。

投資信託であれば、金額面のハードルも下がり、分散投資の効果も得られるので、目的に合った投資が叶えられます。

なお、海外の株式・債券に投資する投資信託の場合、通常であれば為替の影響を受けますが「為替ヘッジ」の選択ができるタイプであれば、為替の変動に左右されなくなります。為替リスクを取りたくない場合、この「為替ヘッジ」を選択できる商品を選ぶようにしてください。

積み立て投資の場合は、それほど意識する必要はありませんが、一括購入の場合は、円安か円高かでリターンが大きく変わってきます。為替変動の見通しは経験によるところも大きいため、わからなければ「為替ヘッジあり」を選択しておけばリスクを抑えられます。

どんなタイプの投資信託があるの?

投資信託の選び方については、次を目安にしてください。

  1. 債券タイプ……リターンよりもリスクを抑えることを重視するなら、このタイプ。預貯金より少しでも増やしたい人向け。債券に投資するため堅実に増える商品です
  2. 株タイプ……リスクよりもリターンを重視して、多少のリスクを取っても、大きく増やしたいという場合、株式で構成される株タイプを選びます
  3. 不動産タイプ……中程度のリスクを取り、分配金を受け取りながら不動産に投資します。現物の不動産投資ができない時に分散投資として有効な商品です

ぜひ投資信託を始める際のご参考にしてみてください。

 

※上記は、一般生活者のみなさんの資産づくり役立てていただくことを目的として、金融に関する一般的理論・制度・商品等の概要、税制・社会保険制度等の概要、それらに関係する分野の情勢を説明したものです。将来の制度変更や株価等の相場を予測するものではなく、特定の商品・サービス等の購入・加入を促したり、特定の企業や商品・サービス等の誹謗中傷を意図するものではありません。また、金融商品の将来の運用成果等を保証または示唆するものではありません。


 
執筆者

30代 / 得意分野:ライフプランニング・保険

武田 拓也

  • 教育資金
  • 保険
  • 資産運用
  • 住宅ローン
  • 老後資金

コメント有料老人ホームの管理者を経て、株式会社ファモアで活動中。普段は投資全般のアドバイスから保険の見直しまで、幅広く情報提供をしています。投資経験は13年。元々は介護の現場で働いていましたが、自分の老後が不安になり、22歳から株式投資を始めました。始めてすぐにリーマンショックが起こり、それからは投資信託、外貨、FX、不動産投資、海外投資など様々な資産運用に取り組んできました。この13年間で、良い思いと悲しい思いの両方を体験し、失敗もたくさんしてきましたが、結果的には良かったと感じています。成功体験と失敗を重ねながら、多くの実戦で役立つ知識を身につけられたので、これから金融商品を選ばれる方々にとって プラスになる情報提供をして行ければと思います。2児の父でもあり、大学でキャリア形成や奨学金の話もしています。住宅の売買も回数を重ね、気をつけるべきポイントを知ることができました。気になることがあれば、気軽にお声掛けください。【保有資格】証券外務員2種、相続診断士、高校教諭1種「福祉」、社会福祉士【好きな時間】家族(妻と子ども2人)と家でのんびり過ごす【経歴】⑴有料老人ホームの管理者⑵外資系保険会社の営業⑶独立型ファイナンシャルプランナー

このプランナーに無料で相談する