24歳女性 会社員。貯金をしたいと思っているが、どうやってお金をコントロールしたらいいのかわかりません。


どうやってお金をコントロールできるの?

<プロファイル情報>

相談者
なつみさん(仮名)
女性/会社員/24歳
関東/借家

<家族構成>

独身(社会人2年目)
両親は関西在住

<相談内容>

社会人になってから、貯金をしなければと漠然とは思っているのですが、お金の貯め方、コントロールの仕方がわかりません。私のように社会人になったばかりの同じ世代の人たちは、どんなふうにお金を貯めているのでしょうか。

 

毎月の手取り収入が28万円、ボーナスは2か月分が夏と冬にそれぞれ出ますが、毎月のお給料は残らないかマイナス1~3万円くらいです。

 

ボーナスはかろうじて貯蓄していますが、毎月の不足分を補ったり、まとまった支出の時には崩してしまっています。

<家計収支データ>

f:id:jin-nakamura:20191122161645p:plain

アドバイス1. 毎月の収入は「お金の色分け」を

社会人になると、学生の頃とはまた違う生活になり、お給料が自分の自由になるお金になると同時に、やりたいこと、欲しいものもたくさん出てきますし、美味しいものもいろいろ食べたいですよね。それでついつい手元にお金があれば使ってしまう。なつみさんと同世代の方のご相談を受ける際によく聞く話です。でも、それだと一向にお金は貯まらないかもしれません。

 

まずは、入ってきたお金(収入)を「使う」「貯める・増やす」「備える」の3つに整理(色分け)してみてください。

「使う」お金は、日々の生活費や趣味・旅行に使うお金。

「貯める・増やす」お金は、将来の結婚資金や、仮に子供を持った時の教育費、マイホーム購入資金、少し先になりますが老後資金も見据えて、コツコツ貯めて増やすお金。

「備える」お金は、病気や事故で予想外の出費や、働けなくなった時のための自分や家族の生活を守っていく緊急資金としてのお金。

 

毎月の収入を色分けすることで、手元にあるお金をただなんとなく使ってしまうということは、起こりにくくなるはずです。

 

ただ、今のなつみさんの場合は、お金の色分けと並行して、毎月の支出をきちんと把握した上で支出の見直しをする必要もありそうです。

 

携帯は低価格プランにできないか?ガス・電気・水道等の光熱費のムダ使いはないか?雑費の中の使途不明なお金も要チェックです。外食を月に数回でも減らしてみるのもいいですね。

 

あれもこれも節約!と、がんじがらめになることはありませんが、ちょっと意識することで変化が出てくるはずです。 

 

ちなみに、金融広報中央委員会の「家計の金融行動に関する世論調査(単身世帯)2018年」によると、なつみさんと同世代(20代)の単身世帯の方で手取り額からの貯蓄割合で多いのが、10~15%。なつみさんの場合だと、年間約45万~67万円の貯蓄額になります。例えば、月々2万円+ボーナス20万~40万円の貯蓄をひとつの目安としてみるのも良いでしょう。理想としては、手取り額の20%の貯蓄(年間約90万円)を目指して欲しいです。

アドバイス2. やみくもに貯めるのではなく目的や目標を決める。強制力の活用も!

幼いころに、欲しいおもちゃや、本、文具などを買うために、お小遣いを頑張って貯めた経験はありませんか?なつみさんの現在の貯蓄額を見ると、学生時代に一定の貯蓄が出来ていて、すばらしいと感じました。当時、旅行や趣味、欲しい物など何かしら「これに使うため」という目的があったのではないでしょうか?

 

「いつまでに、何のために、どれくらいの金額を貯める!」と決めて取り組むだけでも、意外と上手に貯めていくことができます。

例として、

【短期】今から数年の間に使うお金:結婚資金や旅行資金など(100万円)

【中期】少し先の将来のためのお金:子供の教育資金、マイホーム資金(300~500万円)

【長期】もっと先の将来のためのお金:老後資金(2000万円)

このように、目的と使いたい時期、目標金額をイメージしてプランを立てます。ざっくりとでも構いません。

 

併せて、それぞれのプランに合った貯め方を選ぶことも大事なポイントです。すべて、ひたすら銀行預金で貯めるだけでいいのか?ということですが、これについては、「アドバイス3」でお話しします。

 

そしてもう一つ、ぜひ頭に入れておいてほしいことがあります。

 

それは「強制力」を活用すること。

 

要は、なんらかの「しばり」を設けて、貯め体質をわざとつくるということです。

 

『支出の額は収入の額に達するまで膨張する』(パーキンソンの第2法則)という言葉があるように、お金があればあるように使ってしまうのが人間の性(さが)。「なんとなく貯める」では、なかなか貯まりません。 

 

なつみさんは今の収入でギリギリの生活をされているとのことですが、例えば月の収入が35万円になったら、今と同じお金の使い方を続けていると、おそらく35万円ギリギリの生活をすることになり、40万円になったら40万円の生活をする・・・ということになりそうです。

 

そうならないために、強制的に貯める仕組みを今から取り入れておくことで、収入が変わっても一定の貯蓄を継続していくことができるようになるのではないでしょうか。

 

代表的な例として、毎月給与天引きで積み立てていく財形貯蓄や積み立て預金のような、先取り貯蓄法がありますが、家計のご相談を受ける中でこの手法を活用している方は、貯蓄額が大きい傾向があります。私の知人で、銀行預金のキャッシュカードを破棄して、わざと引き出し手続きが面倒な状況を作ってお金が貯まるようにしているという方もいました。そうすることで、知らないうちに貯まっているとのことです。 

 

いずれにしても、「預ける時は簡単(自動的)に、引き出すときは面倒に」の仕組みをぜひ取り入れてみてください。

アドバイス3. 目標に合った「貯め方増やし方」の最強手段を選ぶ

お金の色分けと貯める目標が決まったら、いよいよどんな手段で貯めていくかを具体的に決めなければいけません。

 

まず、直近で使う目的が決まっている【短期】で準備したいお金は、預貯金でしっかり貯めていきたいですが、少し先の将来【中長期】で準備したいお金は、同じようにほぼ利息のつかない預貯金でひたすら貯めるだけでいいでしょうか?

 

実は、もっと有効な手段があります。

 

それは、国も推奨している「つみたて投資」です。

 

えっ、投資なんて私にはムリ!と思うかもしれませんが、「つみたて投資」は、いわゆるギャンブルとは全く違う投資のひとつなのです。 

 

毎月コツコツと国内外の株式や債券を買って(投資して)貯めていきますが、少額からでき、長い期間続ければ続けるほど、一定のプラス効果を得られる可能性が高くなる手法です。

 

2017年の金融庁資料の中に、国内外の株式・債券に分散してつみたて投資を20年間続けた場合、投資収益率が2~8%(年率)に収まる、と過去のデータを用いて示していますが(絶対そうなると断言しているわけではありません)、「つみたて投資」は時間を味方につけることで、成果を出しやすい手法であるとは言えます。

 

確定拠出年金(企業型DC・iDeCo)やつみたてNISAといった、国が奨める「つみたて投資」の制度を、まずは確認してみてはいかがでしょうか。

 

人生100年時代と言われる今、なつみさんはまだ人生の早朝を迎えたところです。ぜひ、今できることからスタートして、時間をしっかりと味方につけながら、これからの生活を豊かなものにしてくださいね。

 

※上記は、一般生活者のみなさんの資産づくり役立てていただくことを目的として、金融に関する一般的理論・制度・商品等の概要、税制・社会保険制度等の概要、それらに関係する分野の情勢を説明したものです。将来の制度変更や株価等の相場を予測するものではなく、特定の商品・サービス等の購入・加入を促したり、特定の企業や商品・サービス等の誹謗中傷を意図するものではありません。また、金融商品の将来の運用成果等を保証または示唆するものではありません。


 
執筆者

30代 / 得意分野:ライフプランニング・保険

福永 涼子

  • 家計改善
  • ライフプランニング
  • 教育資金
  • 保険
  • 資産運用
  • 老後資金

コメントこんにちは!株式会社あしたばのファイナンシャルアドバイザー、福永と申します。銀行での渉外業務(お金の相談や運用アドバイス)を経て、若い世代から老後を迎える世代まで、お一人お一人に合った資産づくりが必要と強く感じ、幅広くフラットな視点でのアドバイス&サポートを実現したく、現職に携わっています。それぞれの生活背景、ライフステージに合った資産づくりのご相談は、お任せください!経験をフル活用して、資産づくりのみならずそれに付随したお金のお悩みもお受けします。いつも、「私があなただったら、どうしたいだろう?どう考えるだろう?」という思いを持って、等身大でのアドバイス&サポートを心がけています。お金の相談は人生相談につながっていくことも多いですが、どんなことでも、お気軽にご相談ください!【経歴】神戸大学経済学部経済学科卒業。食品メーカー、銀行等の勤務を経て、4年前から現職に就く。子供が幼少期の子育て期間は、カフェ業界でコーヒー事業にはまりつつ、FPとしてボランティア活動にも従事。【保有資格】AFP、証券外務員一種、J.C.Q.A.認定コーヒーインストラクター1級【趣味・好きなもの】コーヒー、スキー(野沢は第二の故郷)、焼鳥と日本酒、長風呂

このプランナーに無料で相談する