話題の365日貯金とは?メリット・デメリットや成功させるコツを紹介


話題の365日貯金

貯金をしたいけどなかなかたまらないと考えている人も多いでしょう。そんな中、SNSなどで話題になっているのが「365日貯金」です。聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。この記事では、365日貯金について詳しく知りたいという人に向けて、365日貯金の概要や実践するために必要なものやメリット・デメリット、成功させるコツなどについて解説します。

1.365日貯金とは

365日貯金とは、その名の通り365日毎日貯金をしていく方法です。365日貯金は、貯金する金額がユニークなのが特徴で毎日1~365円までの小銭を貯金していきます。1日の貯金額が最大でも365円と少額なので、子どもから大人まで無理なく実践できるのがポイントです。1~365までの数字が書かれたシートを用意して、毎日その中から1つ数字を選んで塗りつぶします。選んだ数字の金額を貯金箱に貯めていくだけなので、やり方も簡単で誰で気軽に始めることができるでしょう。数字については、1から順番に選んでいく必要はありません。自分の財布にある小銭と残っている数字を見比べて、カバーできるものを選ぶだけです。

例えば、小銭入れに500円玉しかない場合には、2日分として貯金することもできます。235と265、365と135など残っている数字の組み合わせで塗りつぶせばいいので、フレキシブルに実践していけるのは魅力でしょう。

2.365日貯金で貯まる金額

365日貯金では、1日に貯金する金額は少ないため「あまり貯まらないのではないか」と考えている人もいるかもしれません。しかし、365日毎日実践すれば意外と多くの金額が貯まるようになっているのです。365日貯金を欠かさず1年続けた場合の総貯金額は、6万6,795円となっています。このように、少ない金額でも毎日続けることによってまとまった金額になります。5年続ければ33万3,975円、15年続ければ100万1,925円というように、長期間続けることにより、さらに大きな貯金を築ける可能性があるのです。

1日あたりの平均貯金額は183円で、1カ月あたりの平均貯金額は約5,566円になります。1日あたりの負担も少ないので、「貯金箱にお金を入れたことによって財布の中身が心もとなくなった」というような心配が起こる可能性も低いでしょう。

3.365日貯金に必要なもの

365日貯金を行うためには、どのようなものが必要なのでしょうか。365日貯金を実践するにあたって用意しておくべきものを2つ紹介します。

3-1.貯金シート

365日貯金で、まず必要になるのが「貯金シート」です。365日貯金は、1~365円までの間ならどの金額を選んでもかまいませんが、貯金額として選べるのは一度だけ。つまり、初日に1を選んだら365日貯金を終えるまで1の数字は選べません。どの数字を選んで貯金したか自分で覚えておくことは難しいため、メモ帳などに記録しても後から見直してどの数字が余っているのか考えるのは面倒です。そのため、あらかじめ1~365までの数字が記入されているシートを用意しておきましょう。

手書きで使っても問題ありませんが、面倒ならエクセルを使って作成すれば簡単です。インターネットで検索すれば、365日貯金用のシートが多数公開されています。その中からダウンロードしてプリントアウトすれば、非常に手軽に作成することができるでしょう。「紙を使いたくない」という人は、専用のスマホアプリをインストールする方法もあります。スマホから貯金の管理が簡単にできるので、「プリントアウトが面倒くさい」「紙を無駄に使いたくない」という人におすすめです。

3-2.貯金箱

365日貯金を行う場合は、貯金箱も欠かせないアイテムの一つです。小銭を貯めていくタイプの貯金なので、基本的には小銭が入るならどのような貯金箱でも構いません。しかし、タイプごとに異なる性質があるため、その点は押さえておきましょう。まずは、フタが開閉できるタイプの貯金箱です。このタイプは、いつでもフタを開閉することができるので、どのくらいの金額が貯まったのかを確認できます。そのため、モチベーションを維持するために役立つでしょう。ただし、すぐに開けられるという性質上、貯まったお金を使ってしまう可能性も否めません。そのため、ある程度貯まったら銀行口座に移すなどの対策が必要です。

フタがないタイプの貯金箱は、意志が弱い人におすすめです。このタイプは、壊さなければお金を取り出すことができないため、気軽に中身を見ることも取り出すこともできません。フタをすぐに開けられると使ってしまう心配がある場合は、フタなしタイプの貯金箱のほうが安心です。それぞれのタイプの特性を理解して、自分に合った貯金箱を選びましょう。

4.365日貯金のメリット・デメリット

365日貯金には、どのようなメリット・デメリットがあるのか、それぞれについて詳しく見ていきましょう。

4-1.メリット

365日貯金のメリットは主に3つあります。

#ゲーム感覚で貯金ができる
まずは、ゲーム感覚で貯金をすることができる点です。365日貯金は、毎日1つずつ数字を塗りつぶしていくという方法のため、ビンゴゲームのような感覚で楽しむことができます。また、財布に入っている小銭と残っている数字を見比べて、どの数字を塗りつぶせるか考えることになるので、パズルのように楽しみながら毎日貯金を続けていけるでしょう。

#1日の貯金額が少ないため無理せず貯金できる
無理せず貯金できることも大きなメリットです。365日貯金は、最大でも1日に365円と一度に貯金する金額が小さいことが特徴となっています。1日に500円と考えるとなかなか難しく負担に感じてしまうかもしれません。しかし、1~365円まで空いている数字から自分の財布に入っている額に応じて選べるため、無理せずに続けることができます。

#自由度が高い
自由度が高いのも365日貯金の魅力でしょう。小銭がないときには2日分や3日分まとめて貯金しても構わないので、わざわざ小銭にする必要がありません。また、目標の金額に合わせてシートの数字を変えることも可能です。通常の365日貯金では、1年で6万6,795円貯まります。例えば、1年で20万貯めたいという人の場合、シートの数字を3倍にすれば6万6,795円×3=20万385円となるため、簡単にカスタムすることができるのです。

4-2.デメリット

365日の貯金のデメリットは主に2つです。

#貯金箱に入れる小銭を用意するのが面倒
小銭を用意するのが面倒だと感じるケースがある点が挙げられます。365日貯金は、1~365円までという性質上、どうしても小銭が必要です。シートに該当する数字の小銭を用意する必要があるので、普段からキャッシュレス払いをしている人には向いていません。ある程度貯金箱にお金が貯まったら、その中からお釣りをもらう方式にすることも方法の一つです。この場合は、あらかじめフタが開閉できるタイプの貯金箱を用意しておきましょう。

#貯まった小銭の両替が手間になる
365日貯金は、小銭で貯金することになるので、両替するのに手間がかかるのもデメリットです。両替機を利用する方法もありますが、手数料がかかる場合もあります。そのため、ATMや窓口で小銭をいったん口座に預けてから、お札で引き出すという方法をとったほうがおすすめです。

5.365日貯金を成功させるコツ

365日貯金を成功させるためには、継続していくためのコツを押さえておくことが重要です。まずは、「何のためにお金を貯めたいのか」を明確にしましょう。「旅行に行きたい」「憧れのブランド品を買いたい」など、具体的な使い道を決めておくとモチベーションを保ちやすくなります。また、使い道に合わせて具体的な目標金額を設定しておくのも効果的です。
貯金箱にあるお金を使わないように対策することも大切です。フタのない貯金箱を利用したり、こまめに銀行口座へ預金したりするなどの対策を取ることによって、目標金額になる前にお金を使ってしまうことを防げます。


執筆者

得意分野:ライフプランニング・資産運用

オカネコ編集部

  • 資産運用
  • 保険
  • 老後資金
  • 家計改善
  • ライフプランニング

お金の話は難しい。お金の話はつまらない。お金の話をしていると、何かが胸につっかえたような気持ちになる。みんなどうしてるの?自分は一体どうすればいいの?
オカネコは、そんなあなたのための「今すぐプロの専門家にチャットで相談することもできる」Webマガジンです。
不安になったら、あなたが気になった記事を書いたお金のプロに、気軽にちょっと相談してみませんか?
お金に関するあなたの疑問や不安はプロと一緒に解決して、あなたは「やりたい」をやる決断を。

オカネコに無料で相談する