家計簿は簡単なほうが続けやすい!具体的な方法やアプリを紹介


家計簿は簡単なほうが続けやすい

家計簿をつけるのは意外と面倒なものです。途中で挫折した経験を持つ人もいるのではないでしょうか。しかし、自分に合った家計簿を選び、いくつかのポイントを押さえれば、継続することは可能です。そこで、ここでは家計簿つけが大切な理由やつけ続けるためにおすすめの簡単な記入方法、押さえておきたいポイントなどを解説し、おすすめの家計簿アプリも紹介します。

1.家計簿が大切な理由は?

家計をうまく管理するためには、家計簿をつけることが欠かせません。なぜなら、家計簿をつけることで収入や支出を数字で可視化でき、家計の現状を把握できるからです。家計簿では、支出を食費や日用品費など費目別に分けて記入します。そのため、どの費目でどれだけ使っているかがわかり、無駄がないかどうかを確認できるのです。例えば、毎日出社するときにコンビニによってドリンクやお菓子を買う習慣があったとします。このとき、1回あたりの支払い額は数百円程度でそれほど大きな出費ではありません。そのため、「これくらい良いか」と思いがちです。

しかし、家計簿をつけていれば1カ月でどれだけ使ってしまったかが明確にわかります。すると、なるべくコンビニに立ち寄るのをやめるなど具体的な対応をとることができ、不要な出費を減らすことにつながるでしょう。また、収入が減るなどの事態に直面しても、どの費目の出費を抑えたら良いかなどを検討でき、現実的な対応をとりやすいです。さらに、どれだけ貯蓄しているかも把握できますので、大きな買い物をするときも「あとどれだけ貯めれば良いか」など目標を立てやすくなります。

2.家計簿の基本的な記入例

家計簿は、基本的に収入と支出を記録するものです。収入は、税金や社会保険料を除いた手取り金額を記入するとわかりやすいでしょう。このほかに、臨時収入などがあればそれも記入します。支出は、食費や日用品費、交際費、教育費など費目ごとに記入します。このときのポイントは、家庭ごとに必要な費目を決めることです。あらかじめ費目が記載されている家計簿も多いですが、その分類に従って細かく記入することはありません。

例えば、家計簿によっては食費を主食費・副食費に分けていることがあります。しかし、家計管理をするうえで特に必要性を感じないのであれば、主食と副食に分けず食費としてまとめて記入してしまえば良いでしょう。また、外食やレジャー費などは娯楽費としてまとめてしまっても問題ありません。費目をあまりに細かく分類してしまうと、面倒に感じやすいものです。そのため、ある程度おおまかな分類にするのが長続きするコツといえるでしょう。

支出を記入するときは、日付や支出の合計額、残高も書きます。1週間ごとに費目ごとの小計を記入しておくと、家計の流れが把握しやすくなります。1カ月経ったら費目ごとの合計額や残高、翌月への繰り越し額を算出しましょう。1年経ったら12カ月分を合計して、年間の収支も把握できるようにします。

3.簡単な家計簿で現状を把握することが大切!

家計管理の目的は、家計簿に収支を記入することではなく、数字を確認して改善点を見つけることです。そのため、必ずしも家計簿に1円単位までしっかりと記入する必要はありません。もちろん、端数まできっちり書くのが楽しいという人であれば、詳細に書けば良いでしょう。しかし、面倒に感じているのであれば、細かい額は切り捨てて書いても構わないのです。例えば、1012円の支払いがあったときは、1000円と書いてしまっても大きな問題はありません。なぜなら、時間をかけて詳細な家計簿をつけなくても、現状の支出の把握はできるからです。

詳細に記録しようとして途中で挫折するのでは、意味がありません。大ざっぱな書き方でも、長く続けられる書き方をすることが望ましいです。時間は、何より貴重なものであることを認識しておきましょう。ただし、収支は簡単につけても数字を見直し反省点を探る確認作業には時間をかけるようにします。なぜなら、現状を把握し、内容を振り返って家計上の問題点、改善点を見つけて対策することが家計簿をつける目的だからです。

4.簡単な家計簿のつけ方を紹介!自分に合った方法を選ぼう

家計簿は、複雑なものよりも簡単なもののほうが続けやすいです。そこで、ここでは簡単な家計簿のつけ方を3つ紹介します。自分に合った方法を選びましょう。

4-1.メモ式

「メモ式」は、銀行口座の残高をメモするという簡単な方法です。費目ごとの支出の内訳などは把握できませんが、1カ月の収支が一目で把握できます。記入する量は、メモ程度ですので、家計簿つけがどうしても長続きしない人でも続けやすいでしょう。まず、あらかじめ締め日を決めておき、その日に家計用に使っているすべての口座の通帳に記帳します。そして、すべての口座の残高を書きだしましょう。その合計額と手元にあるお金とを足すと、今月の残高が算出可能です。今月の残高から前月の残高を引けば、「黒字なのか赤字なのか」「その金額がいくらなのか」が確認できます。

4-2.ノート式

「ノート式」は、1日に1行の支出を記入するというシンプルなスタイルで、ノートの見開き片面で家計が把握できます。まず、大学ノートなどに縦線を引いて区切り、日付、費目、支出の合計、残高の欄を作りましょう。このとき、費目は少ないほうがわかりやすいため、あまり細かく作らないことがポイントです。食費、日用品費、娯楽費、教育費など4~8費目程度が適切でしょう。そして、支払いがあった日に日付や費目ごとの合計額、1日の支出の合計額、残高を該当する欄に記入します。残高は、前日の残高から1日の支出の合計額を引けば算出可能です。

月末になったら、1列ごとの集計もしましょう。費目ごとに支払った額のトータルがわかり、どこに無駄があるのかがわかりやすくなります。

4-3.レシート式

「レシート式」は、買い物をして受け取ったレシートをノートに貼っていく方法です。まず、ノートを1冊用意してレシートを貼っていきましょう。このとき、レシートがよく見えるように、重ねずに貼るのがポイントです。レシートが長くてノートからはみ出すときは、一部を折り返します。ある程度レシートが貼れたら、内容の振り返りをしましょう。これは、1枚1枚レシートの内容を確かめ、「これは不要だった」と思う支出をマーカーでチェックするというものです。

一通りのチェックが終わったら、どうしてこんな無駄な支出をしてしまったのかを分析し、ノートに書きだします。そして、改善するにはどうしたら良いかを検討しましょう。例えば、レジャーや趣味にお金を使い過ぎていることがわかれば、1カ月に使う上限を決めるなど具体的な対策を考えることができます。これを繰り返すうちに、無駄遣いを減らせるでしょう。なお、習慣化するまでは、3日に1回や1週間に1回など頻度を決めて振り返りを行うのがおすすめです。

5.簡単に入力できる家計簿アプリを紹介!

家計簿は、手書き式が普及していますが、無料の家計簿アプリもたくさんあります。さまざまな家計簿アプリがありますが、機能がシンプルなものほど初心者でも入力がスムーズにでき続けやすいでしょう。例えば、「レシーピ!」には精度の高いレシート読み取り機能が搭載されています。これは、レシートを撮影すると内容を読み取って自動で入力してくれる機能です。店名や品目、価格を1つ1つ打ち込む手間がかからず、手軽に家計簿をつけられます。読み取った食材で作れるレシピを紹介する機能があるのも便利です。

「家計簿 Monelyze」は、会員登録せずに利用でき、個人情報の漏えいが気になる人も安心して使えます。不要なものがないシンプルなフォーマットで、入力しやすいのがポイントです。分析機能に優れ、数字をわかりやすくグラフ化できるのが特徴で、視覚的にお金の流れが理解できます。「ハローキティおさいふアプリ」は、シンプルでかわいらしい家計簿アプリです。ハローキティのスタンプを収集できる機能があったり、ハローキティが一緒に喜んだり心配してくれたりと、楽しく続けやすい工夫がされています。住居費などの固定費は、事前登録すれば毎回の入力が必要なく手間が省ける点もポイントです。

6.家計簿をつけるときのポイント

家計簿を長続きさせるためには、自分に合ったルールを決めることが重要です。例えば、必要な費目は家庭ごとに異なりますので、何が自分に必要かを洗いだして決めましょう。このとき、あまり細かい費目わけをしないことが大切です。また、家計簿は毎日記入しなければいけないものではありません。忙しくて毎日つけるのが難しいときは、レシートを保管しておき、3日ごとや1週間ごとなど日を決めて記入するのがおすすめです。

なお、家計簿が長続きしない場合は、自分に合っていない可能性があります。いくつかの方法を試してみて、最もしっくりくるタイプを選ぶと良いでしょう。ただし、短期間でころころと方法を変えると、合っているのか合っていないのか判断できません。3カ月程度は続け、相性をみることも大切です。

 


執筆者

得意分野:ライフプランニング・資産運用

オカネコ編集部

  • 資産運用
  • 保険
  • 老後資金
  • 家計改善
  • ライフプランニング

お金の話は難しい。お金の話はつまらない。お金の話をしていると、何かが胸につっかえたような気持ちになる。みんなどうしてるの?自分は一体どうすればいいの?
オカネコは、そんなあなたのための「今すぐプロの専門家にチャットで相談することもできる」Webマガジンです。
不安になったら、あなたが気になった記事を書いたお金のプロに、気軽にちょっと相談してみませんか?
お金に関するあなたの疑問や不安はプロと一緒に解決して、あなたは「やりたい」をやる決断を。

オカネコに無料で相談する