貯金1000万円を達成する方法とは?心構えとコツや参考になる習慣を解説


貯金1000万円

1000万円は大きな金額ですが現実離れしているほどの額でもないため、貯金の1つの目標として掲げている人も少なくありません。しかし、実際に貯金1000万円を達成するには、どのような考え方を持ち、どのような習慣を守ればよいのか考えてしまうことでしょう。目標を達成するには節約や計画作りなどいくつかのポイントがあります。そこで、本記事では、1000万円を貯金するための心構えやコツ、達成した世帯の特徴などについて解説します。

1.貯金1000万円を達成するための心構え

貯金1000万円を達成するためには、心構えとして貯金における基本的なルールの設定と家計に見直しをすることが必要です。ここでは、ルールの決め方と家計に見直し方法のポイントを詳しく紹介します。

1-1.基本ルールを決める

特に無駄遣いをしているわけでも、贅沢をしているわけでもないのにお金が貯まらないと悩む人がいます。堅実な生活さえしていればお金は溜まるようにも思えますが、貯金は「なんとなく」「感覚で」といった漠然とした方法では達成しにくいものです。1000万円のような多くの貯金額を目指している場合には、なおさらなんとなく貯めることは難しくなります。貯金1000万円を達成したいなら、基本のルールを決めることが必要です。掲げるルールは、できるだけ内容を明確にしておくことがポイントとなります。

また、金額だけではなく、達成する時期も目標として定めておくことが大切です。1000万円という金額に併せて、いつまでに貯めるかという目標時期も決めたら、その目標を達成するためには月々いくら貯金しなければならないかについて逆算しましょう。さらに、月々の貯金額を捻出するために、今からどのような節約方法が必要となるかも具体的に考え、そのうえで実行に移します。貯金のためのルール作りとしては、たとえば、「先取り貯金」は効果的な方法です。

先取り貯金とは、給料日になったら、支出が発生する前に月々の貯金額を別口座に移してしまう方法をいいます。その月の生活費は貯金額を移した後に残ったお金でやりくりすることが必要です。余った分を貯金しようと思っていても、人は使えるお金があると、あるだけ使ってしまいやすいものです。一方、お金がなければ、ないなりにやりくりできる人は多くいます。先取り貯金は、このような人の心理を利用した方法で、貯金しなければならない金額が決まっているときに適した手段です。貯金におけるルールや方法を決めたら、さらに、家族全員で貯金に対する共有意識を持つようにします。どんなにきちんと計画的に貯金を目指しても、家族のうち誰かひとりが散財してしまっていては、目標達成は難しくなるからです。

1-2.家計全体を見直す

貯金を行う際には、家計をきちんと管理しておくことは基本です。家計管理では、家計全体の状況を見直し、日々のお金の動きを知っておくことが大切となります。そのため、まずは、日々どのようなことにお金を使い、毎月どのくらいのお金が入ってきているか、家計全体の収入と支出の状況を正しく把握しておくようにしなければいけません。家計全体の状況を把握したら、節約できるところがないかをチェックしましょう。生活として最低限必要となるような部分を無理に節約する必要はありません。現実的に出費が抑えられるところが見つかったら節約を心がけるなどして、お金の支出に対して意識を変えることが効果的となります。

具体的な見直しポイントして、まず固定費は重要です。住居費、水道光熱費、通信費、保険料などはメインとして見直しておきたい項目となります。現在住んでいる家に特にこだわりがないのであれば、住居費の負担が軽くなる家に引っ越しをするのも手です。また、電気プランを変更したり、格安スマホへ切り替えを行ったりする方法なども定番の節約法となります。固定費の見直しを終えたら、次にチェックしたいのが生活にかかる変動費です。食費については、なるべく外食を減らすようにすることが大切となります。可能であれば、自分で作るようにしたり、出来合いのものを買う場合でもごはんだけは自分で炊くようにしたりするなど工夫しましょう。

また、電気は待機電源に注意することがポイントです。使用していなくてもコンセントは挿しておくだけで電気代がかかります。こまめにコンセントを抜くようにしたり、家電の主電源をオフにしておいたりするなどし、家電の使い方を見直すことが節約には有効です。そのほか家計簿をつけたり、家計簿アプリなどを利用したりするのも、家計管理につながります。家計簿の記帳が長く続かない人は、毎日書く時間を決めて習慣化させることも手段です。また、忙しい人なら、家計簿アプリはスマホで手軽に管理できるものもあるので便利に使えます。

2.貯金1000万円を達成している世帯の参考にしたい特徴

貯金1000万円を達成している世帯には、共通して見られる特徴があります。ここでは、4つの特徴を紹介しますので、参考にするとよいでしょう。

2-1.年収に見合った生活をする

年収が高い世帯ほどお金に余裕があるため、貯金額が多いと考える人もいることでしょう。しかし、世帯年収が平均を上回っているからといって一概に貯蓄がしやすいとはいえず、世帯年収と貯金額は必ずしも比例しているわけではありません。年収が高くても1000万円を貯められない人もいれば、年収が平均より低くても貯められる人もいます。年収が平均を下回っていても貯金1000万円を達成できている人は、それぞれで工夫をしているのです。

世帯年収1000万円といっても、実際に支出項目を見ると平均値と比べてそれほど大きいわけではありません。税金面において見ると、年収が高い世帯は、その分、納める税金額が大きくなっているからです。日本では所得税について累進課税の方式が取られています。累進課税は、1人あたりの課税所得が高いほど税率が引き上げられ、納税額が多くなる仕組みです。そのため、年収1000万円の世帯でも、税金を考えると手取りは750万円から800万円程度になります。

さらに、年収が1000万円あるにもかかわらず貯蓄に失敗している世帯のなかには、年収の高さに合わせて生活水準も上げてしまうケースも見られます。お金に余裕があると考えて日々小さな出費を繰り返す積み重ねが、思いのほか、大きな出費となってしまっていることはあるものです。一方、年収は平均以下でも、日々、計画的に節約を心がけながら堅実な生活を続けることで、お金を貯めている世帯もあります。確かに、年収が高ければ貯金をするのに有利となるでしょう。しかし、年収が高いからといって必ず1000万円を貯金できるわけではなく、むしろ日常の心がけや節約におけるルールを守ることが貯金には大切となるのです。

2-2.預貯金以外にも関心を持つ

地道にコツコツとお金を預けていく預貯金は確実にお金を貯められる方法です。ただし、1000万円を超える貯金ができている世帯は、現金や普通預金だけではなく、資産を活用できるさまざまな種類の運用方法にも興味を持っている傾向にあります。一般的には、貯蓄が1000万円未満の世帯の場合、現状の生活資金や老後に対する不安、インフレなどへの懸念からリスク性の低い資産運用に強く関心を持ちがちです。リスクの低い資産運用とは、たとえば、積立型保険商品や、個人年金保険などが挙げられます。

一方、貯蓄1000万円以上の世帯が強い関心を持っている資産運用が、株式や株式投資信託、不動産投資信託などです。株が1つの企業に投資するものであるのに対して、株式投資信託は、複数の企業の株を組み合わせられる投資商品をいいます。また、不動産投資信託とは、不動産投資によって得られた収益が投資家の分配金となる金融商品です。これらは、リスクのある資産ですが、その分高いリターンに期待が持て、収益性が高まる可能性があります。銀行の普通預金は金利が非常に低い傾向にあるため、資産を増やしにくいのが現実です。そのため、しっかりと貯められる人は、お金を効果的に増やす手段として、安定性のある預貯金以外にも興味を持っている実態があります。

2-3.出費にメリハリをつける

我慢ばかりの生活では、貯金に対するモチベーションは高く維持できないものです。貯金や節約ばかりに意識を集中させた楽しみもない日々のなかで、無理をしてお金を貯めようとしても、ストレスが溜まってしまい長続きしないこともあるでしょう。貯金を継続的に行うためにはメリハリをつけることも大事です。上手に貯蓄ができている人は、財布のひもを厳しく締める時と緩める時のバランスを上手に取っています。お金を掛ける価値のないものや無駄遣いとなるものに対してはきちんと節約をしますが、旅行に出かけたり、外食を楽しんだりといった時々のリフレッシュには出費をためらいません。1000万円貯金した人は、我慢ばかりではなく楽しみも持つことで長期的に無理のない貯金を続けているケースが多く見られます。ただし、リフレッシュにかけるお金は、きちんと予算を決めて、その範囲で楽しむようにすることも必要です。

また、出費のメリハリで抑える費用として固定費に着目することもポイントとなります。特に、住居費や通信費といった固定費は、削減すれば大きな節約につながることがあるからです。すべての支出項目をこまごまと節約することも方法ですが、大きな節約につながる項目を上手に抑えるのも賢い節約手段となります。1000万円を貯金している人は、無理のある節約をしてもいずれ続かなくなる可能性が高くなるため、あまり行いません。現実的に可能な方法を上手に探し出して、時には楽しみながら達成している傾向にあります。

2-4.貯金ルールを守る

1000万円を貯金できる人は、目標達成のための基本ルール決めに加えて、そのルールを守るための仕組み作りもきちんと行っていることが特徴です。場当たり的な貯蓄とならないために、貯金に回す金額について、収入の何割あるいは毎月何万円と具体的なルールを設け、着実にそのルールを守っている傾向にあります。貯蓄のルールを守るうえで、先で紹介した先取り貯金は、特に実践的で効果が得られやすい方法です。

また、貯金をする際に利用する制度や方法は、必要に応じて使い分けることが上手にお金を貯めるためのポイントとなります。普通預金の利用は必要なときに自由に出し入れできるため安心ですが、目標をきちんと定めて貯蓄ができる積立定期預金も活用できる方法です。積立定期預金とは、事前に毎月の貯金金額や契約期間を決めて、元本割れを起こさずに目標額に向けて積み立てができる定期預金をいいます。普通預金から自動振替にすることで、一定額を毎月確実に貯金に回すことができるのが魅力です。

また、老後のための貯金なら「iDeCo(個人型確定拠出年金)」もメリットのある方法となります。iDeCoとは、掛け金が全額所得控除の対象となる年金制度です。定期預金や投資信託など複数の金融商品のなかから自分が運用したい商品を自由に選ぶことができ、運用益は非課税となります。月々の掛け金は手軽に始めやすい5000円からとなっていて、運用した資産は60歳以降に年金や一時金として受け取ることが可能です。

そのほか、貯金ルールを確実に守るための対策として、残高管理を行っているケースもあります。現在の貯蓄状況を「見える化」するためです。現状を正しく把握することによって、ルールが守れていなければ改善の気づきとなり、きちんと結果が出ている場合には達成感を覚えてモチベーションアップにつなげられます。残高管理は、各口座の残高を確認するなどしたうえでグラフ化すると一目で変化が見やすくなるでしょう。

3.1000万円の貯金ができたあとの運用のコツ

無事に1000万円の貯金ができたとしても、安心して気を抜いてしまわないようにしましょう。その後の運用のやり方次第で、将来の預貯金の額が大きく変わってくることがあります。そこで、ここでは、貯金が1000万円貯まった後の注意点について紹介します。

3-1.口座を分散する

資産が1000万円を超えたら、1つの銀行口座に集中させて所有せず、複数の金融機関の口座で分散管理をすることが安心となります。預金保険制度に加盟している金融機関であれば破綻しても預金が保証される「ペイオフ」という制度がありますが、保証の対象となるのは1000万円までとなっているからです。対象となる1000万円には、元本だけではなく、その利息なども含まれますが、1金融機関に1預金者が持つ合計金額となります。同じ金融機関に複数の口座がある場合、それぞれの口座では対象額を超えていなくても合計が1000万円を超えてしまうと、全額保護されません。上回る分については、部分的にしか返済されなくなり、破棄しなければならなくなるリスクが生じるため要注意です。

一方、証券会社の口座であれば、会社が破綻してしまった場合でも守ることができます。証券会社は自社の資産と顧客の資産を別に管理することが法律で義務づけられているからです。また、投資したお金についても破綻にかかわる心配は必要ありません。そもそも投資は証券会社に対してするものではないからです。このようなことから、資産を安全に守るためには分散して、リスクに備えるリスクヘッジを行うことは重要となります。

3-2.投資・運用を検討する

資産が1000万円ある場合、リスクヘッジのためにも、効率よく貯金をするためにも株式投資や投資信託などを利用した運用は検討しておきたい方法です。金利の低い状況下では、どんなに長期間銀行に寝かせておいても、ほとんど利子はつきません。お金を増やすためには効果的な方法とはいえないのが実状です。一方、1000万円で投資をするとなると運用方法に選択肢が広がり、さまざまな方法で活用することが可能となります。投資できる商品の種類は、株式、投資信託、保険、不動産など多様です。

運用初心者であれば、ローリスク・ローリターンの債券投資やハイリスク・ハイリターンの株式投資などは始めやすい商品となります。ただし、投資はリスクがあるものなので、許容できる範囲で投資することが重要です。一定の安全資産は必ず確保しておくようにしましょう。また、知識が十分にないものの、効果的に活用したいのであれば、お金の専門家に相談する方法が安全です。

4.1000万円の貯金を目指すうえで専門家に相談するメリット

1000万円の貯金を真剣に目指しているなら、お金の専門家に相談することが効果的です。貯金をするうえで計画性は大切となります。お金の専門家に相談すれば、計画的に実現可能な方法を検討することが可能です。また、大きな金額を確実に貯めるためには、コツや節約術など注意すべき点がいろいろあります。気をつけるべきポイントは、生活スタイルや収入状況などにより異なってくるため、一概にいうことは難しく、個別に相談することが有効です。また、貯金を効率的に増やすためにはお金の運用を視野に入れておきたいところですが、初心者が知識なく始めるのは不安なものでしょう。そのような時にも、専門的な知識を持った信頼できる人のアドバイスがあれば役に立ちます。

「お金の健康診断」は、お金に関する悩みを無料でプロに相談できるサービスです。FP(ファイナンシャルプランナー)などが、貯金の方法やマネープラン、資産運用の方法などについて相談に乗ってくれます。相談は、スマホを利用してチャット形式で行うことができるため、誰でも気軽に始めることができておすすめです。

 


執筆者

得意分野:ライフプランニング・資産運用

オカネコ編集部

  • 資産運用
  • 保険
  • 老後資金
  • 家計改善
  • ライフプランニング

お金の話は難しい。お金の話はつまらない。お金の話をしていると、何かが胸につっかえたような気持ちになる。みんなどうしてるの?自分は一体どうすればいいの?
オカネコは、そんなあなたのための「今すぐプロの専門家にチャットで相談することもできる」Webマガジンです。
不安になったら、あなたが気になった記事を書いたお金のプロに、気軽にちょっと相談してみませんか?
お金に関するあなたの疑問や不安はプロと一緒に解決して、あなたは「やりたい」をやる決断を。

オカネコに無料で相談する