貯金できない人必見!お金が貯まらない人の特徴と今すぐできる解決策とは?


貯金できない人

500円玉貯金や銀行預金など、貯金の方法にはいろいろなものがあります。しかし、意外にも3日坊主で終わってしまう人も少なくありません。ここでは、貯金ができない人にはどのような特徴があるのかを紹介します。心当たりのある人はこの機会に見直してみるとよいでしょう。また、貯金ができない人が今すぐ始められる解決策も紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

1.貯金できない人の特徴

ひと口に貯金ができない人といっても、そこにはいろいろなタイプがあり、それぞれに特徴があります。「自分には貯金は向いていない」「浪費癖がある」と決めつけてあきらめてしまうのはよくありません。ここでは貯金ができない人の特徴を7つ紹介します。まずは自分が普段行っている行動の中に、貯金ができない人の行動に当てはまるものがないかチェックすることから始めましょう。当てはまる特徴が、複数あることも珍しくありません。大切なのは、自分の行動を見つめ直すことです。

1-1.財布の中が整理されていない

貯金ができない人の特徴として、財布の中が整理できていないことが挙げられます。レシートやポイントカードが、財布が膨らむほど乱雑に入っていないでしょうか。このような状態では、財布にどのくらいの現金が入っていて、今使ってよい金額はいくらなのかがわかりにくくなってしまいます。このような財布を持っている人は、収支の管理が甘い人が多いのが特徴です。毎月の固定費や生活費にいくらかかっているか自分でも把握していないので、ついつい使いすぎてしまうのです。

レシートを取っておくという行為からは、家計簿をつけてお金の管理をしっかりとやりたいという気持ちがうかがえます。それならば、レシートを財布から取り出して、専用の場所に保管しておきましょう。財布の中をいつもスッキリと整理しておけば、今どのくらい持っていていくらまで使えるのかが分かります。その状態が節約につながるのです。

1-2.セールやポイントにとらわれて買い物をする

セールやポイントにとらわれて買い物をするのも、貯金ができない人の特徴です。バーゲンセールや見切り品、タイムセールには、お得になるケースもあります。以前から欲しかったものがセール価格で売られているなら、買ったほうがお得でしょう。しかし、安いからという理由だけで買ってしまうことのほうが、多いのではないでしょうか。値引きされた額を合計して「これだけ節約した」と喜んでいても、それほど必要でないものや今はなくてもよいものを買っていたのでは、結局は無駄遣いしているのと変わりありません。逆に貯金ができる人は、安いかどうかよりも必要かどうかで判断します。安いからという理由で必要のないものを大量に買うのは、節約には厳禁です。

ポイントを貯めるために買い物をするのもやめましょう。お金を貯める秘訣は、使わないことです。ポイントを貯めても、お金は貯まりません。

1-3.月額サービスの利用が多い

月額サービスの利用が多いことも、貯金ができない人の特徴のひとつです。スマホの普及に伴い、毎月定額でかかる月額サービスが多くなっています。いわゆるサブスクリプションですが、この利用が多い人は注意が必要です。サービスに申し込んだときには絶対に必要だと感じたかもしれません。使い始めた当時は、そのサービスを利用することでお得になったこともあったでしょう。しかし、利用するのは月に数回程度ということはないでしょうか。月額サービスは、毎月ずっとお金がかかり続けるということを忘れてはいけません。定期的に見直しをしないと、無駄なお金を払い続けているということもあり得るのです。

1-4.まとめ買いやストック買いが多い

貯金ができない人には、まとめ買いやストック買いをすることが多いという特徴もあります。ひとつだけ購入するよりも、同じものをまとめて買ったほうが安くなるというのはよくある販売方法です。特に消耗品などは、どうせ使うのだからとまとめ買いをして、ストックしておくほうが賢い方法だと思う人も多いでしょう。しかし大量に購入したために、ついつい使いすぎてしまうという落とし穴があるのです。まとめ買いをすることで数十円安くなったとしても、消費量が増えて無くなるペースが早くなってしまっては意味がありません。結局は、無くなる少し前か無くなってから、必要な買ったほうがお得な場合が多いのです。

また、まとめ買いをすることで、毎月の出費にバラつきが出てしまい、管理しにくくなるというデメリットもあります。「今月はまとめ買いをしたので出費が多かったけれど、2~3カ月はストックがあるので買う必要がない」このような状況になってしまうと、本当に必要な月々の生活費がいくらなのか、わからなくなってしまうのです。

1-5.流行や新品にこだわりがある

貯金できない人には、流行や新品にこだわりがあることが多いのも大きな特徴です。流行に敏感な人は、常に新しいものを追い求める傾向があります。CMで見かけたりネットで話題になったりしていると、欲しくなってしまうのです。そのため、お金を使う場所が増え続ける状況になっています。また、気になっているものを買う回数も多いので、ひと月あたりの購入回数を決めるとよいでしょう。本当に欲しい物だけ買うようにするのです。

新品でないと許せないという人も同じです。例えば、友人の結婚式に着ていく服や靴などは、新品でそろえると高額になります。それよりもリースやリユースなど中古のものを利用すれば、節約につながるのです。メルカリなどのフリマアプリも利用してみるとよいでしょう。

1-6.クレジットカードを使いすぎている

クレジットカードを使いすぎている人も、貯金できていないことが多いです。クレジットカードは、利用したそのときにお金が引き落とされるわけではありません。また、手元にお金がなくても買い物ができてしまうので、使いすぎてしまうリスクがあるのです。特にリボ払いにすると、毎月支払う金額は安く見えますが、結局は金利が高くなります。そのため、よく考えてから利用しなくてはいけません。ボーナス払いや分割払いで欲しい物を買うのも、クレジットカードで購入するのと同じことです。欲しいものは、お金を貯めて買うようにしましょう。

1-7.買い物が日課になっている

貯金できない人には、買い物が日課になっているという特徴もあります。毎日買い物に行くということは、毎日出費をする場所に出向いているのと同じことです。要らないものであっても、新商品が発売されていたり特売で売られているものを目にしたりすると、買ってしまう可能性があります。そもそも、買い物に行かなければよいのです。買い物に行ってから欲しい物を我慢するよりも、最初から買い物そのものを我慢するほうが簡単です。

仕事帰りや暇つぶしのためにコンビニに寄るのも、節約という観点からはよくない習慣です。一回あたり何百円という細かい買い物であっても、月の出費にするとかなりの金額になってしまいます。

2.貯金できない人が今すぐできる解決策はある?

貯金ができない人にはさまざまな特徴があり、解決するためにはまずその原因を洗い出す必要があるのです。例えば、食費にお金がかかっているのか、浪費癖があるのか、そもそも収入が低いことが原因となっている場合もあります。貯金ができない原因は人それぞれですが、そこに対してどうアプローチしていくのかが重要なのです。浪費癖が原因で貯金ができないなら、欲しいものと必要なものを区別して考えるなど、浪費癖を直すための対策が必要になります。また、収入が少ないのが原因で貯金ができないのであれば、収入の底上げが必要です。

貯金ができない人の問題を解決するには、本来は個別な事情に合わせて具体的な対策を立てる必要があります。しかし、今回は一般的に有効な解決策として、3つの方法を紹介します。

3.解決法1:支出を見直す

貯金ができないという問題の解決策として、まずは支出を見直すという方法があります。

3-1.家計簿をつけて把握することから始めよう

支出を見直すためには、まず家計簿をつけ、どのくらい支出をしているのかを把握することが大事です。どのような項目にどれくらい使っているのかを把握することで、初めて支出について考えることができるようになります。そのために、家計簿を付ける必要があるのです。とはいえ、家計簿をつけるのは面倒で続きそうにないと思う人もいるでしょう。その場合は、家計簿アプリなど簡単に記入できるツールもあるので活用してみましょう。家計簿をつけて支出を把握できたら、使いすぎている項目にメスを入れていきます。次の月からはその項目の支出を削除するようにし、その分を確保して貯金していきます。

3-2.支出の見直しは固定費のカットから

支出を見直すためには、家計簿をつけることと並行して、まず固定費のカットに手を付けましょう。節約といえば、食費に気を使ったり交際費を削ったり、変動費に注目しがちです。しかし、毎月同じ金額でかかってくる固定費を削減したほうが効果は大きいといわれています。固定費には、水道光熱費の他に携帯などの通信費や、月額のサブスクリプションなどがあります。水道光熱費は、意識すれば減らすことはできるでしょう。通信費は、格安スマホへの移行やプランの見直しなどで対応することが可能です。サブスクリプションについては、本当に必要かどうかを今一度考える必要があります。不要なものは解約しましょう。

4.解決法2:収入源を増やす

貯金ができない人が今すぐできる解決策として、収入源を増やすという手段もあります。

4-1.働き方を見直してみる

収入源を増やすためには、働き方を見直してみるのが一番の近道です。生活費を捻出するのに精一杯で、貯金に回すお金がないケースでは、思い切って働き方を見直してみましょう。例えば、雇用形態を見直してみるのもひとつの方法です。また、今働いている会社で出世をして収入を上げるのが難しければ、より給料のよい仕事に転職したほうが早い場合もあります。とにかく給与額がアップするだけで、貯金に回す分を確保することができるのです。

4-2.副業を始めてみる

副業を始めて見ることでも、収入源を増やすことができます。副業をして月の収入を底上げできれば、その分を貯蓄に回すことができるのです。副業を解禁する企業も増えており、在宅ワークや週末副業などさまざまな種類の副業があるので、副業そのものはすぐにでも始めることが可能です。仮に、月3万円を稼いだとします。それを食事や娯楽に使うのではなく、稼いだ分は全額貯金に回すのです。そうすれば、月に3万円でも年間で36万円も貯金できることになります。

5.解決法3:貯金を習慣化する

貯金ができない人が今すぐできる解決策として、貯金を習慣化することもよい方法です。

5-1.貯金は天引きして固定費と考える

貯金を習慣化するためには、天引きして固定費として捉えましょう。1カ月間節約して生活し、残った分を貯金するという方法はなかなかできるものではありません。貯金は、生活費から残った分を当てるのではありません。毎月の給与から、あらかじめ天引きするのです。給料が入ったらまず、貯金の分を確保することが大切になります。そうやって、毎月の固定費として捉えるのが、貯金を続けるコツです。なぜなら、生活費から残った分を貯金に充てるのでは、どうしても貯金の優先度が低くなってしまいます。だからこそ最初に貯金する分を給料から差し引くことで、半強制的に貯めるのです。

いつも使っている銀行口座に貯金を入れておくのもよくありません。ついつい使ってしまうからです。貯金専用口座を作るなどして、給与から天引きできる仕組み作りをしておきましょう。

5-2.目標を設定してコツコツ始める

目標を設定してコツコツ貯金をすると、習慣化しやすくなります。貯金には、モチベーションの維持が大切です。ダイエットでも同じことがいえますが、長く続けるためには工夫が必要となります。工夫のひとつとして有効なのが、貯金の目標を設定することなのです。目標を掲げると、意欲につながります。そのため、目標はできるだけ具体的に立てましょう。「いくら貯める」「何に使う」「いつまでに貯める」というふうに目標を立てるとよいでしょう。貯金を始めたからといって、今すぐお金を貯めようとする必要はありません。数年以上かけてコツコツと貯めていく感覚で、焦らずに行うことが大切です。

6.貯金できないならお金の専門家に相談するのも一つの手!

貯金については、お金の専門家に相談するのもひとつの方法です。家計については、さまざまなケースがあります。そのため、貯金ができない理由も人それぞれなのです。貯金のことは、一般的な話をするよりも、本来は個別具体的なケースとして扱うことがふさわしい問題といえます。ファイナンシャルプランナーなどのお金の専門家と相談して、家計の健康診断をしてもらうという方法と相性がよいのです。専門家に相談をすると、それぞれの原因に合わせて適切なアドバイスをもらえるので、解決に向かいやすくなります。お金の健康診断を利用すると、具体的な対策を練ることができます。


執筆者

得意分野:ライフプランニング・資産運用

オカネコ編集部

  • 資産運用
  • 保険
  • 老後資金
  • 家計改善
  • ライフプランニング

お金の話は難しい。お金の話はつまらない。お金の話をしていると、何かが胸につっかえたような気持ちになる。みんなどうしてるの?自分は一体どうすればいいの?
オカネコは、そんなあなたのための「今すぐプロの専門家にチャットで相談することもできる」Webマガジンです。
不安になったら、あなたが気になった記事を書いたお金のプロに、気軽にちょっと相談してみませんか?
お金に関するあなたの疑問や不安はプロと一緒に解決して、あなたは「やりたい」をやる決断を。

オカネコに無料で相談する