初心者が今から始める手書き家計簿!書き方のコツなど細かく紹介


手書き家計簿

「家計簿の見直し」はお金の流れを再確認したいときに有用です。資金管理に何かと役立つ家計簿ですが、今まで資金管理をしたことがない人にとっては、何からどう始めたら良いか分からないものでしょう。しかし、家計簿は決してハードルの高いものではなく、手書きであればいつでも始められます。そこで今回は、家計簿を付けるメリットや誰でも簡単にできる書き方のコツを紹介します。

1.家計簿とは?

家計簿とは、「家計のお金の流れを表にし、支出を把握するための帳簿」です。家計簿を付けると、毎日の生活の中でどのようなものにどれだけ支出しているかがわかります。このように便利な家計簿ですが、帳簿を継続して付けることはとても根気のいる大変なことなので、途中で挫折してしまう人が多くいます。しかしその挫折の理由の多くは、モチベーションを維持するポイントを押さえられていれば回避できるものです。ゆえに、「継続する自信がない」と尻込みする前に、少しでも「家計を良くしたい」と考えるならば、まずは手っ取り早く「手書き家計簿」から始めることをおすすめします。

2.手書き家計簿のメリット

手書きで家計簿をつけると、どのようなメリットがあるのでしょうか。具体的な利点を3つ紹介します。

2-1.家計の問題が明らかになる

家計簿は家計の支出を整理し、「何にどれだけのお金を使っているのか」「支出のバランスは良いか」などの問題点を明らかにできます。したがって、「もっと節約をしたい」「貯金に回すお金を確保したい」など、家計の現状を見極めて改善を目指す際に有用です。とりわけ「手書き家計簿」の場合、自動的にではなく手を使って記入していきます。ゆえに、問題点が意識しやすく、記憶にも残りやすい傾向があります。また、レシートや領収書などをひとつひとつチェックして仕分けしていくので、家計の問題を明確に実感しながら理解できる点がメリットです。

2-2.節約への意識が高まる

家計簿で家計の問題を明らかにできれば改善点もはっきりし、節約の意識が高まります。「本当に必要な出費か」「支出の無駄はどこにあるのか」など、家計簿のことを日常的に思い出せるので、節約を心がけることにもつながります。

このように、家計簿は総じて節約には欠かせないツールです。ゆえに、「節約を始めよう」と考えているのなら、「まずは家計簿をつけてみること」が得策です。

手書きで家計簿を付けることが習慣化できれば、「帳簿を付けなかった日は気持ちが悪い」と感じるくらい、生活の血肉にできます。手書き家計簿によって節約に対する意識を高めることで、「バーゲンに目がくらむ」「衝動買いしてしまう」などの感情的な支出を抑えることが可能です。

2-3.自分のペースでできる

手書きの家計簿は、ノートや手帳のちょっとしたスペース上に帳簿を付けられます。まっさらな紙面の状態から書き始めるので、項目や設定内容を自分で自由に決められることも魅力のひとつです。帳簿のルールも、簿記の形式にとらわれずに自分のルールを元にして作れるので、自分に合ったペースで付けられます。また、既製品の家計簿と違い、自分が分類した項目を埋めるだけなので、飽きずに続けやすいことが利点です。もし帳簿の設定項目が負担になってきた場合は、適宜項目を減らして帳簿を簡素化できるため、柔軟に支出の記録を残せます。

3.ノートで始める手書き家計簿の書き方

ノートなどの紙媒体を利用すれば、簡単に家計簿を始められます。ここでは、ノートを使ってできる手書き家計簿の書き方を、3つのポイントにまとめて紹介します。

3-1.目標や収支計画

帳簿を始める際は「目標や計画を事前に設定する」ことから始めましょう。目標を設定することで、モチベーションを維持しながら節約に取り組めます。ノートの場合は、1ページ目や表紙の裏などわかりやすい場所に目標を記載すると効果的です。目標が記されたページを無意識に見るようになるので、初心を忘れずに節約に励めるからです。目標設定や収支計画のポイントは「具体性があること」といわれます。事前に定める目標や計画が具体的であればあるほど、数値が達成されたかどうかも明確です。ゆえに、期日や金額など数値に関してはできるだけ具体的にし、家計簿の目立つ場所に記載することが大切です。

3-2.年度支出

ノートで家計簿をつける際は、2ページ目に「年間での支出」をまとめると良いです。例えば、年度ごとにかかる「保険」「税金」「イベント費」など、1年でどれだけの支出の予定があるか、概算で構わないので算出します。

そのなかで、ボーナスの使い道なども考えつつ、1年間の支出計画を明確にしていきましょう。年間支出のおおよそが明らかになったら、それを元に1カ月単位の支出を出し、どれだけの金額を積み立てられるか確認します。

支出額が明確になれば、毎月どれほどの金額を貯金に回せばよいかも判断が可能です。このように、手書き家計簿を書く際は「年度支出」の項目をしっかりと押さえることで、効果的に帳簿を付けることが可能です。

3-3.毎月の支出

手書き帳簿の3ページ目以降は、「毎月の家計簿」を付けます。この項目では「収入」「支出」「貯金」の項目は必ず記載すると良いでしょう。その他の細かい項目は自己流で追加してアレンジすると、オリジナルの帳簿ができます。

また、支出項目はいくつかに分類すると、後から見返した際に何にお金を使っているのかがわかりやすくなります。例えば、「食費」「生活費」「交際費」「通信費」などは大抵の場合、毎月の支出として当てはまる項目です。ただし、あまりにも分類が細かいと逆にわかりにくい帳簿になるので注意しましょう。毎月の終わりにこれらの項目を集計し、残金があれば来月に繰り越すなどの処理をします。

この作業を1年間繰り返し行い、収支計画との差異を分析すると効果的です。毎月の支出を手書き家計簿としてきちんと書き出して確認すると、家計のお金の流れが明確です。

4.手書き家計簿を始めるときのポイント

手書き家計簿を始めるには、どのような点に注意する必要があるのでしょうか。4つのポイントを説明します。

4-1.レシートは保管しておこう

レシートを保管することで、帳簿を付け忘れたときでも、その日にいくらお金を使ったのかを再確認できます。手書き家計簿は毎日記入することが原則ですが、忙しかったり後回しにしたりすると、つい記録し忘れる日もあるでしょう。その際に役立つのがレシートなのです。

レシートを見れば、使った金額と項目が一目でわかるので、それさえ保管していれば過去にさかのぼっていつでも帳簿が可能です。ゆえに、会計後のレシートは捨てずに保管しておくと良いでしょう。記入したら適宜処分すれば良いので、レシートがたまりすぎて整理に困ることもありません。

ただし、最初からレシートを元にして細かく帳簿をしようとすると、数字がずれた時やレシートがない時に挫折してしまうケースもあるので注意です。あまり気負い過ぎず、帳簿を続けることに重点を置くと良いでしょう。このように、レシートを保管してうまく活用することで、帳簿の管理に役立てられます。

4-2.書く項目はなるべく少なくしよう

帳簿の項目は、なるべくシンプルにまとめることがポイントです。会社や商店などでは、決められた簿記のルールにしたがって帳簿をすることが多いですが、家計簿の書き方には正解がないので設定項目も人によりさまざまです。

例えば、「交際費」「衣服代」「書籍代」など細かく項目を分ける人もいれば、「趣味のお金」という風に大まかに分類する人もいます。「どのように分類するか」ということも重要ですが、会計簿で最も大切なことは、「続けられるかどうか」ということです。

あまり項目が多いと記入が面倒になってしまったり、途中で諦めてしまったりする原因となるので、なるべく項目はコンパクトにすると良いでしょう。帳簿の項目をなるべく少なくし、家計簿を付けることが億劫にならないようにすることが何よりも肝心です。

4-3.自分の使いやすい形に工夫しよう

手書き家計簿はノートで始められるので、カスタマイズ性に優れている点が魅力です。既製の家計簿は記入欄があらかじめ決められているため、便利なこともありますが、手書き家計簿は自分の使いやすいように作り変えられます。したがって、他の人には必要がないけれど自分には必要な項目を帳簿に増やせたり、交際費を詳しく分析したい人は交際費の内訳を細かく書いたりして柔軟に対応できるのです。自分の希望に合わせて仕様を変えることで、楽しく工夫しながら帳簿を継続することにもつながります。既製品は確かに便利ですが、手書き家計簿であれば自分に合った方法を模索しながら理想的な帳簿に作りが容易です。

4-4.市販の家計簿を買うときはよく比較しよう

帳簿を考える人のなかには、市販の家計簿を買って手書きする人もいます。市販のものは項目が表で割り当てられているので簡単に帳簿ができますが、カスタマイズ性はノートのようにゼロベースから作る家計簿に比べると低いです。

また、市販の家計簿の場合、自分の書き方と一致しないと継続して帳簿することが難しくなるという難点があります。したがって、市販の家計簿を買う際には、購入前に書店でよく吟味し、比較するようにしましょう。とりわけ、帳簿の仕様は使い勝手にかかわるため、とても重要なポイントです。

加えて、家計簿は1年間通して利用することを想定したものが多いので、もしも選んだ家計簿が自分に合わなかったら、使い勝手の悪い家計簿を1年中我慢しながら使うことになりかねません。

5.手書き家計簿に挫折しそうになったら

簡単で手軽に始められる手書き家計簿ですが、管理の継続にはモチベーションの維持が不可欠です。ここからは、手書き家計簿に挫折しそうになった際の対処法を3つ紹介します。

5-1.家計簿アプリを試してみる

スマートフォンが普及したことで、家計簿を簡単に作成できるアプリなどが続々と登場しています。例えば、レシートを撮影すると自動的に商品項目を読み込んで仕分けしてくれるアプリは、家計簿をつけるのが面倒な人でも継続しやすいツールとして人気です。なかには、かわいいキャラクターが毎日応援のメッセージをくれるものもあり、すぐに投げ出してしまいがちな人の励みになります。

このようなアプリは、「手書きの家計簿は合わないが、別の方法で家計簿を付けたい」という人にとって魅力的です。帳簿を付けたかどうかは、カレンダーで自動的に管理する機能が付いていることもあり、帳簿漏れの心配もありません。

ただし、このような帳簿アプリのなかには不正に個人のデータを盗むことを目的としているものもあり、注意が必要です。アプリをダウンロードする際には、利用規約をよく確認したうえで使用しましょう。

5-2.表計算ソフトを活用してみる

「手書きが面倒くさい」「性に合わない」という場合は、エクセルなどの表計算ソフトを使った家計簿がおすすめです。表計算ソフトは自動で月の支出を計算してくれるだけでなく、項目なども自由に変えられるので入力も簡単に行えます。とりわけ、「自動的に計算して欲しいけれど、オリジナリティも大切にしたい」という人にはぴったりです。

「表計算ソフト」という言葉を聞くと、「何だか難しくて利用しにくそう」と思われがちですが、それは誤解です。普段からパソコンを使う習慣がある人ならば、手こずったり作業に抵抗を感じたりすることなく利用ができるでしょう。

付けた家計簿を参考に、グラフや図なども作成可能なので、細かい分析などにも応用が利きます。表計算ソフトを活用することで、「手書きで図表を作るのが苦手」という人も視覚的にわかりやすい家計簿作りが簡単にできます。

5-3.お金のプロに相談してみる

家計の問題にはさまざまなケースがあります。ゆえに、見直しの際には素人判断ではなく、ファイナンシャルプランナーや税理士などお金のプロに意見をもらうのも一つの手です。プロに家計の状況を見てもらうことで、現状の問題点を洗い出し、「どうすればお金が貯まるのか」などのアドバイスがもらえます。

他者から見解を得ることで、自分一人だけでは気づかなかった視点から専門的な意見を得られます。これは、一人で悩み続けるよりも時間的に効率良く問題解決するために有効です。特に「自分では家計簿を付けられない」「問題点を見つけられない」というようなケースに陥った場合、重宝するでしょう。

「お金の健康診断」では、無料でプロに家計状況を見てもらえるのでおすすめです。手書き家計簿に挫折しそうになったり、お金の管理に悩みが出てきたりしたら、ぜひ相談してみましょう。


執筆者

得意分野:ライフプランニング・資産運用

オカネコ編集部

  • 資産運用
  • 保険
  • 老後資金
  • 家計改善
  • ライフプランニング

お金の話は難しい。お金の話はつまらない。お金の話をしていると、何かが胸につっかえたような気持ちになる。みんなどうしてるの?自分は一体どうすればいいの?
オカネコは、そんなあなたのための「今すぐプロの専門家にチャットで相談することもできる」Webマガジンです。
不安になったら、あなたが気になった記事を書いたお金のプロに、気軽にちょっと相談してみませんか?
お金に関するあなたの疑問や不安はプロと一緒に解決して、あなたは「やりたい」をやる決断を。

オカネコに無料で相談する