貯金2000万円を目指す方法とは?老後2000万円問題も合わせて解説


貯金2000万円を目指す方法

2019年に金融庁が発表した報告書を受け、将来に備えて貯金2000万円を達成したいという人も多いのではないでしょうか。とはいうものの、なぜ2000万円が必要なのかという理由や、どのようにしてそれだけの金額を貯金するのか、といった方法が分からなければその願いは叶えられません。そこで今回は、老後2000万円問題に関する詳しい内容や貯金2000万円を目指す方法について詳しく解説します。

1.まずは老後2000万円問題について把握しよう

まずは老後2000万円問題についてしっかり把握しておくことが大切です。2019年に金融庁が公表した金融審議会の報告書によれば、公的年金だけでは老後に2000万円不足してしまう、という試算が出されました。具体的には、試算によると60歳で定年を迎えた高齢者夫婦がその後公的年金だけで生活した場合、毎月平均で5.5万円が不足します。ということは毎年66万円が赤字になり、その状態がおよそ20年程度続くとするならば、およそ1300万円の赤字、30年続くのであれば、およそ2000万円程度が赤字になる、というわけです。この試算はあくまでも高齢夫婦無職世帯(夫65歳以上・妻60歳以上)が退職後に30年間生きると仮定した場合の一例ではあるものの、世間に大きな物議をかもすこととなりました。

2.老後の貯金は2000万円も必要か?

気をつけるべきポイントは、この金融審議会の報告書はあくまでも一般的な例にすぎないということです。実際には、この金額よりも多く必要となる家庭もあれば、もっと少なくてすむ家庭もあるでしょう。老後の資金がどれくらい必要かということは家計の状況や家族構成などに応じてさまざまな可能性が考えられます。一つのケースでくくれるものではありません。そのため、自分自身の場合はどうなのかをよく考えて将来に備えておくことが大切です。しかし、いずれにしてもこれから先、年金の支給額が少なくなっていくのは明らかでしょう。だからこそ、余裕ある貯金をして備えておくことが大切です。

3.2000万円の貯金をするメリット

ここからは、2000万円程度貯金をしておくとどういったメリットがあるのかについて解説します。

3-1.退職後もゆとりをもって生活できる

貯金のメリットとしてまず挙げられるのは、退職後にゆとりを持って生活できるということです。退職すると、その後は公的年金をベースに生活することになります。そうすると、当然のことながら働いている時期よりも収入が減ります。それでも今までの生活スタイルをある程度維持しようと思えば、貯金を切り崩すほかありません。定年までにしっかりお金を貯めていた人は、退職後も余裕を持った暮らしができる、というわけです。特に、近年では企業によっては退職金がもらえないケースも増えてきています。そういった事態もあらかじめ想定しておくべきでしょう。貯金を始めるのであれば少しでも若いうちから始めた方がより有利です。銀行にお金を預ける場合にも、長期になればなるほど金利などによる恩恵が大きくなります。

3-2.緊急事態や万一の事態に対応できる

ある程度の貯金があれば、緊急事態や万が一の事態にも対応できます。病気やケガなどの治療にはお金がかかるものですが、そうした事態は突然やってくるものです。予期せぬ出費が必要な際、備えがなければ対応できません。また、病気の際には少しでも早く発見して治療を始めることが肝心です。普段から老後のことを見越して貯金することは遠い将来のためだけでなく、いつ襲ってくるか分からない不慮の事態に対応しておく、ということでもあるのです。もちろん、そうした万一の事態に対しては保険に加入することでカバーする、という方法もあります。その場合には当然毎月の保険料がかかってくるので、どのような保険に入るのかを家計と相談することが大切です。

3-3.将来への不安が無くなる

貯金をしておくことで将来に対する不安を軽減できます。この先も生活していけるのか、もしかしたら貯金が足りなくなるのではないか、といったお金の不安や悩みを持つ人は少なくありません。お金に関する不安を抱え続けることは大きなストレスにつながります。また、そうした不安を持っているとネガティブ思考に陥ったり、新しいことにチャレンジできなくなったりします。お金に対する不安は貯金をしておくことで解消できるでしょう。貯金があるということは自信につながります。貯金があることで物事をポジティブに考えたり、積極的に行動したりできるようになるでしょう。経済的なゆとりは精神的な豊かさをもたらします。

4.貯金2000万円を目指すにはどうすればいいか?

2000万円を老後までに貯金したくてもどうすればよいのか分からない、という人もいるかもしれません。そこで、ここからは貯金をするには具体的にどうしたらよいのか、詳しく解説します。

4-1.節約をして貯蓄に回す

貯金するためにまずできることは、節約をして収入から貯蓄に回す金額を増やすことです。現状ではなかなか貯金ができないという人や、今の収入額のままで貯金額をもっと増やしたいという人は、まずは出費を減らすことを意識しましょう。日々の暮らしの中でコストカットできるところを探し、節約を実行するのです。そうすれば、その分を貯金に回すことができます。このときに注意するべきポイントは、コストカットはなるべく毎月かかる固定費をメインに考えることです。そうした方がより成果につながります。また、どうしてもお金を使ってしまうという人は、定期預金を組んで給料から貯蓄分を天引きするのがおすすめです。

4-2.収入を底上げする

出費を減らすことに加え、収入金額を増やすというのも貯金額を増やすのに効果的です。今の仕事での給与アップを狙うのもよいですが、それではいつになれば収入アップを達成できるかどうか分かりません。少しでも早く収入アップに取り組みたいという人は、副業や共働きなどを通して家計の収入額の底上げをするとよいでしょう。たとえば、毎月3万円収入が増えてその全額を貯金に回せば、年間で36万円、10年で360万円を貯金できます。特に副業をする場合には、毎日1000円の収入でも月に3万円の収入アップにつながります。現在の仕事に負担がかからない範囲で行っても十分に成果を得られるでしょう。

4-3.金融商品に投資をする

出費を減らし、収入を増やすのと同じくらい大切なのが、今あるお金を運用することです。お金の価値は一定ではありません。たとえば、今1万円を持っているとしましょう。その1万円をただ持っているだけであれば、その価値は1万円のままです。しかし、その1万円を運用することによって利益を得れば、1万円の価値は1万円以上になるわけです。ただ貯金をするよりも、高い利回りで運用すれば将来への資金を殖やすことを期待できます。ただし、投資にはリスクが伴うので注意が必要です。資金運用の代表的なものとしては、iDeCo・つみたてNISA・株式投資の3つが挙げられます。

5.2000万円の貯金を目指す方法1:iDeCo

資金運用で老後に備える方法として人気なのがiDeCoです。ここでは、iDeCoとはなにか、どういったメリットがあるのかを具体的に解説します。

5-1.iDeCoとは?

iDeCoは個人型確定拠出年金とも呼ばれます。投資信託や預金、保険といった金融商品から自分でいくつかを選び、毎月積み立てて運用していくというものです。個人で積み立てる年金であり、60歳を越えるまでは引き出せません。最低積立金額は月5000円からで、サラリーマンや公務員、自営業など働き方に応じて非課税で投資できる上限額は異なります。iDeCo口座は銀行や証券会社、信用金庫などで開設できます。各金融機関によって信託報酬手数料や投資できる金融商品が異なるので、さまざまな金融機関の口座をよく比較して選びましょう。

5-2.iDeCoのメリット

iDeCoのメリットとしてまず挙げられるのは、税制面で優遇されているということです。iDeCoは上限額の範囲内であれば年間の掛金が所得税申告の際に控除の対象となります。ということは、それだけ所得税や住民税がやすくなるというわけです。将来のための年金を積み立てられるだけでなく、課税所得を引き下げることで今の税金を安くする効果もあるのです。また、通常であれば投資信託で得た運用益には税金がかかりますが、iDeCoの運用益は全額非課税です。長い間をかけて多くの利益が出た場合でも、上限の範囲内であれば変わりません。さらに、iDeCoは運用益を受け取る際にも各種控除が適用できます。定期的に受け取る場合は公的年金等控除、一時金として受け取る場合は退職所得控除の対象となるのです。

5-3.お金のプロに相談してみる

家計の問題にはさまざまなケースがあります。ゆえに、見直しの際には素人判断ではなく、ファイナンシャルプランナーや税理士などお金のプロに意見をもらうのも一つの手です。プロに家計の状況を見てもらうことで、現状の問題点を洗い出し、「どうすればお金が貯まるのか」などのアドバイスがもらえます。

他者から見解を得ることで、自分一人だけでは気づかなかった視点から専門的な意見を得られます。これは、一人で悩み続けるよりも時間的に効率良く問題解決するために有効です。特に「自分では家計簿を付けられない」「問題点を見つけられない」というようなケースに陥った場合、重宝するでしょう。

「お金の健康診断」では、無料でプロに家計状況を見てもらえるのでおすすめです。手書き家計簿に挫折しそうになったり、お金の管理に悩みが出てきたりしたら、ぜひ相談してみましょう。

6.2000万円の貯金を目指す方法2:つみたてNISA

少額から投資を始めたい人に人気なのがつみたてNISAです。そこで、ここではつみたてNISAの概要とそのメリットについて解説します。

6-1.つみたてNISAとは?

つみたてNISAは少額投資非課税制度とも呼ばれます。専用口座を開いて運用することにより、投資信託などで得た運用益が非課税になる制度です。本来であれば、投資によって得た利益には約20%の税金がかかります。しかし、つみたてNISAであればこの税金がかからないのです。ただし、年間投資上限額は40万円、非課税期間は20年間です。投資信託などに対してコツコツと投資をする、というのはiDeCoと同じです。ただ、つみたてNISAはiDeCoと違っていつでも引き出せます。また、一般的なNISAではまとまったお金を一括で投資できますが、つみたてNISAでは定期かつ継続的な方法による積立投資しかできない、というのが大きな特徴です。

6-2.つみたてNISAのメリット

つみたてNISAのメリットは、iDeCoと同じように運用益が非課税になるということです。ただし、つみたてNISAの非課税期間は最大で20年間であり、iDeCoと違って掛け金自体の所得税控除はありません。また、iDeCoに比べて自由度が高いということも大きなメリットです。老後資金専用の金融商品であるiDeCoは60歳以上になるまで引き出すことができませんが、つみたてNISAはいつでも掛け金を引き出せます。そのため、緊急事態にも対応しやすいでしょう。さらに、つみたてNISAはドルコスト平均法により積み立てていきます。ドルコスト平均法とは、ある金融商品を一定期間同じ金額で購入し続けるという投資方法です。この投資方法だと一括で購入するよりも同じ金融商品をより多く購入できる可能性が高く、また価格の上下に左右されずに投資ができるというメリットがあります。

7.2000万円の貯金を目指す方法3:株式投資

iDeCoやつみたてNISAで資産運用に慣れてきたら、株式投資を始めてみるのもよいでしょう。ここでは株式投資の概要とそのメリットについて詳しく解説します。

7-1.株式投資とは?

株式投資とは、証券取引所に上場している企業の株を購入してその株を購入し、売却したり配当金を得たりして利益を得る投資方法です。iDeCoやつみたてNISAに比べるとリスクは高いものの、上手に投資をすればより大きなリターンを期待できます。NISAの制度を使って株式投資の運用益を非課税で投資している人も多いです。ただし、これは一般的なNISAの話です。NISAとつみたてNISAは併用できないので注意しましょう。

7-2.株式投資のメリット

株式投資では、さまざまな市場と銘柄の中から特定の銘柄に投資できます。2019年10月現在で上場銘柄数は約3600もあり、その中から好きなものを選べるのです。そうした自由度の高さが大きなメリットといえるでしょう。また、売却益や配当金だけでなく、株を購入するとその企業から定期的に株主優待がもらえます。普段から利用している企業があるという人の中には、こうした株主優待を目当てにして株式投資を行っている人も少なくありません。利益を期待できるだけでなく、趣味のひとつとしても魅力的です。また、株主になることで企業の意思決定にも参加できるようになります。株に興味をもつことで、経済や経営について詳しくなれる、ということも株式投資の利点です。

8.貯金2000万円を目指すならお金のプロに相談を

老後のことなど将来のお金に関する不安を感じている人は、お金のプロであるファイナンシャルプランナーに相談するのもひとつの方法です。ファイナンシャルプランナーは、保険や資産運用、税金などお金に関する幅広い知識を有しています。そのため、個別具体的に相談に乗ってくれるのです。たとえば、今の収入で将来のために貯金するなら具体的にどうすればよいのか、といったことについてもアドバイスをもらえます。さまざまな選択肢の中から自分に合った方法を提案してくれるので、自分で勝手に判断するよりもより確実だといえるでしょう。スマホのサービスである「お金の健康診断」を使えば、スマホから簡単にファイナンシャルプランナーに相談できます。最初に家計や家族構成などを入力して診断を行い、その後、診断結果に基づいてファイナンシャルプランナーがチャットでアドバイスをしてくれます。


執筆者

得意分野:ライフプランニング・資産運用

オカネコ編集部

  • 資産運用
  • 保険
  • 老後資金
  • 家計改善
  • ライフプランニング

お金の話は難しい。お金の話はつまらない。お金の話をしていると、何かが胸につっかえたような気持ちになる。みんなどうしてるの?自分は一体どうすればいいの?
オカネコは、そんなあなたのための「今すぐプロの専門家にチャットで相談することもできる」Webマガジンです。
不安になったら、あなたが気になった記事を書いたお金のプロに、気軽にちょっと相談してみませんか?
お金に関するあなたの疑問や不安はプロと一緒に解決して、あなたは「やりたい」をやる決断を。

オカネコに無料で相談する