目指せ貯金500万円!貯金を増やすコツと資産運用の種類について解説


目指せ貯金500万円

500万円を目標に貯金を始め、貯まったお金で資産運用を始めたいと考えているなら、世代別の貯金平均額を参考にしてみましょう。貯金のペースや資産運用に使える金額をイメージしやすくなります。また、無理なく貯金を続けるためには貯金のコツをつかむことが大切です。そこで、貯金を続けるコツと、貯金の使い道の一つである資産運用について紹介します。

1.まずは世代別に貯金平均額をチェック!

まずは、自分と同世代の人たちの貯金額がどれくらいあるのかをチェックしましょう。同世代と比較することで、自分の貯金額は十分なのか、それともまだ足りないのか判断することが可能です。そこで、世代別に貯金額の平均を紹介します。

1-1.20代

金融広報中央委員会が行った平成30年の「家計の金融行動に関する世論調査」によると、20代の平均貯金額はそれぞれ次のとおりです。まず、独身世帯で72万円、2人以上世帯で192万円になります。また、金融資産保有額をみると、独身世帯では128万円、2人以上世帯では249万円です。20代はまだ社会に出て働き始めて間もないため、貯金額は全世代の中で最も低くなっています。

1-2.30代

30代の貯金平均額についてみると、独身世帯では172万円、2人以上世帯では367万円になります。金融資産保有額については、独身世帯で317万円、2人以上世帯で660万円です。全体的に20代よりは増えているものの、貯金額500万円には今一歩届かないことが分かります。

1-3.40代

貯金平均額を40代について見てみると、独身世帯では295万円、2人以上世帯では511万円です。金融資産保有額については、独身世帯が657万円、2人以上世帯が942万円になります。2人以上世帯で貯金額が500万円に届いていますが、あくまでも平均値なので、まだこの額に届かない世帯も多いのです。

1-4.50代

50代になると、平均貯金額は独身世帯で416万円、2人以上世帯で687万円になります。金融資産保有額については、独身世帯で1043万円、2人以上世帯で1481万円です。年齢とともに収入が増えてきたものの、子どもの教育費などの支出も多く、なかなか貯金ができない世代ともいえるでしょう。

1-5.60代

60代の平均貯金額について見てみると、独身世帯で619万円、2人以上世帯で987万円です。金融資産保有額については、独身世帯が1613万円、2人以上世帯が1849万円になります。貯金額、金融資産保有額共に全世代の中で最も多い金額となっています。

2.貯金500万円を達成している人の特徴

収入が高ければそれだけ貯金も多くなるかというと、必ずしもそうではありません。貯金が上手い人には、実はもっと別の特徴があるのです。そこで、貯金額500万円を達成している人にはどのような特徴があるのか説明します。まず、収入が高ければ貯金額も多くなるというわけではないことは、データから明らかです。金融広報中央委員会の「家計の金融行動に関する世論調査(平成29年度)」によれば、年収1000~1200万円未満の単身世帯で貯金ゼロの人が45.5%もいます。また、年収1200万円以上のいわゆる「高収入」といわれるゾーンにいる人でも、18.2%の人が貯金ゼロなのです。このことから、年収さえ高ければ貯金額も自然と多くなるわけではないことが分かるでしょう。

では、どうすれば目標貯金額500万円を達成できるのかといえば、貯金に対する意識の高さがポイントになります。目標額まで貯金するにはどのようなことに気を付けるべきか、きちんと知り、実行することが重要なのです。具体的には、まず、お金が貯まる仕組みを作っておくことが求められます。普段の生活の中で、特に意識せずともお金が毎日貯まっていく仕組みを工夫してみましょう。たとえば、買い物してお釣りを小銭でもらったら、その小銭を全部貯金箱に入れるなどです。ゲーム感覚で貯金ができるスマホアプリで楽しく貯金するのもよいでしょう。これらを習慣化できるようになると、毎日自然とお金が貯まる仕組みが出来てきます。

また、家計の管理をきちんとすることも大切です。貯金額500万円を達成するためには、日々のお金の流れを可視化して把握することが欠かせません。そのためには、家計簿をつけてお金の流れを管理する必要があります。これまで家計簿をつけてこなかった場合、急に始めるのは難しいかもしれません。そのような場合は、スマホの家計簿アプリを活用するのもよいでしょう。家計簿アプリの中には、初期設定さえ済ませれば簡単な入力だけで日々の収支が記録されるものもあります。また、1日に使うお金を封筒に入れて分けて管理するという方法もあります。最初はこれらの方法で少しずつお金の管理に慣れていくとよいでしょう。

さらに、貯金が上手な人の特徴として、ただ現金を貯めるだけでなく、資産運用も行っている点が挙げられます。銀行に預金しておくだけでなく、複数の金融商品に分けて活用し、資産を増やしているのです。

3.貯金500万円を目指すコツ

500万円を貯金するにあたっては、上手に貯金できている人の取り組み方を参考にすると目標達成しやすくなります。そこで、上手な人が実践している「スムーズに貯金を増やすコツ」を紹介します。

3-1.月ごと年ごとにかかる支出を把握する

貯金を増やしたいなら、最初にすべきなのは家計の支出に注目し、日々の生活にどれだけのお金がかかっているか目に見える形で把握することです。まず、定期的な支出について年単位、月単位で洗い出します。項目別にどれくらいの支出額になっているか一つ一つ確認しましょう。こうすることで、毎年、毎月のお金の流れが把握できるだけでなく、どの項目の出費が貯金を邪魔しているのかが明確になります。また、月々の固定費を見直すことも重要です。固定費とは、家賃や光熱費など決まった額が定期的にかかる費用を指します。反対に、食費など月によって支出額が変わる費用が変動費です。

固定費は、変動費と異なり額が決まっているので、一度固定費を見直せばその月のみならず長期間連続して一定のコストカットが可能となるわけです。よって、月々の変動費を減らそうとして毎日努力するよりも、まずは固定費を減らしたほうが、効率よく大幅なコストカットができ貯金につなげられるといえるでしょう。

3-2.家計簿をつけて赤字の差額が大きい部分から見直す

貯金を上手に続けるコツとして、毎月きちんと家計簿をつけることも大切です。家計簿で月々のお金の流れを「見える化」すれば、赤字項目を把握して改善へと取り組みやすくなります。まず、家計簿で項目別の支出額を全て書き出したら、今度は項目ごとに理想とする支出額を設定し、実際の支出額とを比較してみましょう。すると、毎年あるいは毎月決まって赤字になる項目があるのが分かります。その項目の支出額を見直せば、余計な支出を抑えることができ、貯金を増やすことにつながるでしょう。

特に、管理が苦手な項目ほど手が回らず赤字の原因となる傾向にあります。たとえば、保険料や通信プランなど複雑で敬遠しがちな項目も一度しっかり見直すことで、赤字からの改善を図ることができるでしょう。

3-3.先取りや天引きで貯まる仕組みを作る

月々の支出額を見直しコストカットを図ることに加えて、あらかじめ貯金に回すお金をキープしてしまうのも貯金を増やすコツです。先取りや天引きでお金をキープする仕組みを作っておき、意識的に貯蓄するようにしましょう。たとえば、会社の財形貯蓄制度がある場合は積極的に利用し、毎月の給与から天引きで貯蓄するようにします。財形貯蓄制度がない場合は、金融機関の積立貯蓄を利用し、預金から天引きで貯蓄するとよいでしょう。「毎月3万円」など自分で額を設定しておけば月々強制的に天引きされます。「ついついある分だけお金を使ってしまう」という人は、このような天引き制度を活用すれば貯金を継続しやすいでしょう。

4.貯金500万円で始められる資産運用の種類

500万円というまとまった額があれば、さまざまな種類の資産運用にチャレンジすることができます。貯金で資産運用を開始するに当たっては、資産運用の種類を把握し、それぞれのメリットやデメリットを理解した上で運用を検討することが重要です。そこで、資産運用の方法について、それぞれの特徴を解説します。

4-1.定期預金・国債

500万円で始められる資産運用として、「定期預金・国債」があります。金融機関にお金を預けておくだけの定期預金は、元本割れしない点が大きなメリットです。満期で確実に元本以上のお金を受け取れるでしょう。しかし、金融機関も低金利が続いており、500万円を預けたとしても利益は少なくなっています。いっぽう、国債は国が発行する債券を購入し年2回利息を受け取れる方法です。国が投資先なので安定性はありますが、こちらも定期預金と同じく利率は低くなっています。

4-2.投資信託

投資信託は、信託会社に資産を預けて運用してもらう投資方法です。自分自身で行う代わりに投資のプロが情報収集やトレードをしてくれるので、初心者でも始めやすいでしょう。投資の知識はあっても忙しくてなかなか時間が取れないという人にも適しています。ただし、投資信託は元本割れする可能性がある点がデメリットです。

4-3.不動産投資

物件を活用して不動産投資をする方法もあります。不動産投資は、家賃滞納や周辺環境の変化などの影響を受けやすく、収入に変動がある点に注意が必要です。また、初めの物件選びを誤ると満足な家賃収入が得られない可能性が高いため、初心者にはリスクが高い投資といえるかもしれません。初心者が不動産投資を始める場合は、直投資ではなく不動産投資ファンドに出資すると、不動産選びなどを一括して行ってくれるので便利です。

4-4.太陽光発電

太陽光発電も資産運用の一つです。太陽光発電投資は、売電で利益を得るため、長期間の運用が必要になります。投資額自体を回収し、さらに利益を出すまでには相当の時間がかかる点に留意しましょう。満期を20年など長期に設定し運用する場合が多いです。満期を迎えるまで期間がある上に途中で解約ができないため、始めるには慎重な判断が求められます。

4-5.外貨預金

外資預金では、日本円ではなく米ドルやユーロなど海外の通貨を利用します。海外の通貨で預金をすることで、円の場合よりも高い金利が得られる可能性が高いことがメリットです。しかし、円高をはじめとする経済情勢により、将来の受取額が減少するリスクがある点には注意が必要でしょう。

4-6.FX・純金積立・株

資産運用には「FX・純金積立・株」といった方法もあります。これら3つは、得られる利益が社会情勢や個人の力量によって大きく変わる点で共通しています。他の資産運用と比較すると高リスクのため、常に経済や社会情勢を細かくチェックしなければなりません。FXは、為替レートの推移を利用し投資することで利益を得る方法です。タイミングがよければ少ない投資額で多大な利益を得ることもできます。もっとも、タイミングが少しずれただけで大損になる可能性がある点がデメリットです。

純金積立は、希少価値のある物質を活用して利益を得る方法です。純金の値段は一定ではないため、多く保有していればそれだけ資産が増えるというものではありません。あくまで、換金可能な現物を手元に置いておけるという点が特徴でしょう。株は資産運用として広く行われているポピュラーな方法ですが、FXと同じく、タイミングを誤ると大損する可能性がある点でリスクが高いです。

貯金500万円で資産運用を始めるならFPに相談がおすすめ

貯蓄のために家計の見直しを始めたり、頑張って貯めた500万円を元に資産運用を始めたりするなら、金融のプロであるFP(ファイナンシャルプランナー)に相談してみましょう。FPに相談することで、自分だけで悩むよりも効率よく貯蓄を増やすコツを教えてもらえます。FPに相談するメリットとしては、自身の年代や収入に見合った貯蓄額の目安が分かる点が挙げられます。FPはさまざまな年代や職業、年収などのデータから、それぞれに必要な貯蓄額を計算してくれるので、自分だけで「大体これくらい」と漠然と考えるよりもより正確な貯蓄額を試算してくれるでしょう。

また、目標額を貯めるためのコツも、各家庭の経済状況や相談者のライフステージと照らし合わせながらアドバイスしてくれます。初心者には複雑に思える資産運用の仕組みなどについても、リスクを踏まえた上で分かりやすく説明してくれるでしょう。よりメリットの大きい資産運用方法も教えてもらえるので初心者にとっては安心です。「お金の健康診断」は、相談内容に応じて相談者に合ったFPを紹介してくれるというメリットがあります。よって、紋切型のアドバイスではなく、相談者の状況を踏まえた適切なアドバイスが期待できるでしょう。


執筆者

得意分野:ライフプランニング・資産運用

オカネコ編集部

  • 資産運用
  • 保険
  • 老後資金
  • 家計改善
  • ライフプランニング

お金の話は難しい。お金の話はつまらない。お金の話をしていると、何かが胸につっかえたような気持ちになる。みんなどうしてるの?自分は一体どうすればいいの?
オカネコは、そんなあなたのための「今すぐプロの専門家にチャットで相談することもできる」Webマガジンです。
不安になったら、あなたが気になった記事を書いたお金のプロに、気軽にちょっと相談してみませんか?
お金に関するあなたの疑問や不安はプロと一緒に解決して、あなたは「やりたい」をやる決断を。

オカネコに無料で相談する