食費を節約したい!食材の買い出しや食材を無駄にしないポイントを紹介


食費を賢く節約するコツを伝授

食費を抑えたいと考えている人の中には、「食費を節約するコツを知りたい」「もっと食費を減らしたい」という人もいるのではないでしょうか。ただ、生活をするうえである程度の食費は必要となるため、適正な目標金額を決定することが大切です。この記事では、食費を抑えるためのポイントや食材を無駄にしないコツなどを具体的に解説していきます。

1.食材を節約するためのポイント

食材を節約するためには、賢く節約するコツを把握しておく必要があります。ここでは、食材を買うときに気をつけるポイントを見ていきましょう。

2.家計簿をつけて家計の現状を把握しよう

家計簿をつけていない人は、とにかく家計簿をつけることから始めるといいでしょう。家計簿をつけることによって、生活の無駄を見つけることが期待できます。家計簿を分析して、「どの部分に無駄が多いのか」「どのような費用を削れば効果的に節約できるのか」が分かってくるでしょう。家計簿は、すべて細かく記載するのではなくざっくりとしたものでも構いません。少ない労力で効果の高い節約ができるので、家計簿はぜひ取り入れることがおすすめです。

家計簿には、オーソドックスなノートタイプ、スマホで簡単に入力できるアプリタイプ、パソコンで使えるエクセル家計簿などいろいろなタイプがありますが、自分が最も使いやすいタイプを選ぶのがポイントです。「細かすぎてうまく家計簿をつけられない」「面倒で途中でやめてしまった」ということでは意味がありません。そのため、継続して続けられるものを選ぶことを意識しましょう。ある程度家計簿をつけていると、無駄づかいの多い項目や予算オーバーしがちな項目を把握できるようになります。それを基にして、無駄づかいをしないように心がけたり予算の見直しをしたりすると効率的な節約につながるでしょう。

1-1.料理が苦手な人や主婦初心者は献立を決めてから買い出しする

料理が苦手な人や主婦初心者の場合は、あらかじめ献立を決めてから買い出しに出かけることで食費の節約ができます。例えば、料理初心者の場合、すでに冷蔵庫にある食材だけを使って食事を作ること自体が難しいケースもあります。しかし、買い物の前に献立を決めておけば、必要な食材だけを購入できるので「無駄な買い物をせずに済む」というメリットにもつながるでしょう。買い出しに行く前には、買い物するものをリスト化したメモを作ってから出かけることがポイントです。また、買い物メモを捨てずに取っておけば、買い出しの振り返りもできます。

また、献立を決めてから買い出しをする場合は、メモには必要最低限の食材の量しか記載していないケースもあるでしょう。「本当はもっと食材が必要だった」というミスを防ぐためにも、やや多めの量の食材を購入しておくことも欠かせません。さらに、献立を決め、それをもとに買い出しをするのであれば、1週間の献立と予算枠を決めてから出かけましょう。計画的に食材を購入すれば、無駄なく食材を使用できるため、余分なお金を使わなくて済みます。

1-2.料理を作り慣れている人は買い出ししてから献立を決める

普段から料理をしている人や主婦経験が長い人の場合は、買い出しをしたあとに献立を決めるという方法も良いでしょう。料理を作り慣れている人なら、冷蔵庫にある食材を見ただけでレシピを考えることができます。ただ、このやり方には、ある程度の調理術が求められます。しかし、献立を決めてから買い出しをする方法よりも、節約につながることがメリットです。食材を購入してから献立を決めるのであれば、料理のレパートリーを増やすことが必要になります。同じ食材を使用して同じ料理ばかり作り続けていると、飽きてしまうのは当たり前です。同じ食材でも味つけや調理方法をアレンジすることによって、毎日の食事を楽しむことができるでしょう。

さらに、空腹でスーパーなどに買い物に行くと、食材を買いすぎてしまう可能性があります。一時的な感情に流されて余分な食材を購入すると、家に帰ってから後悔しかねません。本当に必要な食材だけを購入するためにも、「買い出しはランチのあとにする」など、買い物をする時間帯にも配慮してみましょう。

1-3.スーパーを賢く利用する

スーパーを賢く利用して食材を購入するためには、いくつかのポイントを押さえておくことが必要です。まず、食材をできるだけ安く購入したいなら、特売日を狙ってみましょう。例えば、卵や牛乳は家庭によっては消費量が多い食材です。これらの食材を特売の日に購入できれば、お得に買い物ができます。また、食材のまとめ買いをするのであれば、特売日に合わせて行うと食費が節約できるでしょう。

次に、行きつけのスーパーを決めておくこともポイントです。いつも数店舗のスーパーの特売品を購入している人の中には、「お得な買い物をしている」と思っている人もいるかもしれません。しかし、複数のスーパーを移動するときに車を使っている場合はガソリン代などがかさんでしまい、節約とは程遠い結果を招いている可能性もあります。そのため、自分にとって買い物しやすいスーパーを見つけておくのも賢い方法です。行きつけのスーパーがあれば、食材の配置や取り扱っている食品などを把握しやすく、買い物がスムーズにできるというメリットにつながります。これは、食材の買い忘れの防止にもなるため、利用しやすいスーパーをぜひ見つけておきましょう。

1-4.野菜は旬のものと定番のものを意識して買う

バランスの良い食事を作るために、野菜は欠かせない食材です。特に、旬の野菜は栄養価が高く、値段も手ごろになるため、普段からどんどん利用していきましょう。旬の野菜のほかに、定番となる野菜も意識して購入すると献立に取り入れやすくなります。例えば、サラダや炒め物は定番のメニューなので、これらによく使う野菜を決めておけば、買い物もしやすくなります。

また、人参やじゃがいも、玉ねぎなどの野菜は万能野菜であるため、常備しておくと便利です。万能野菜があれば、カレーやシチュー、肉じゃがなど多くの料理に応用がきくので、忘れずに購入しておきましょう。さらに、葉物野菜が高いときは、栄養価を考慮して別の野菜で代用することも可能です。葉物野菜の中でも、ほうれん草は高価な傾向ですが、予算が厳しい場合は小松菜を購入して代用するという選択肢もあります。

1-5.肉や魚はすぐ使うものと保存するものを考えてまとめ買いする

肉や魚を購入する場合は、ポイントを把握しておきましょう。まず、刺身や鮮魚はその日のうちに食べきれる量を購入することが大切です。特に、刺身は購入した日に食べたほうがおいしいので、大量購入は控えるようにしましょう。一方、干物や冷凍魚は日持ちがする食材です。これらの食材は、冷凍庫に入れて保存用にもできるため、数日先の献立を考えながら必要な量を購入するのが理想的でしょう。

次に、牛肉や豚肉、鶏肉は1種類ずつ購入し、当日使うもの以外は冷凍保存をして肉が傷まないように保存しておきます。ただし、肉は少量のものを購入すると値段が高くなってしまう場合もあるため、節約を考えているなら量がたくさん入っているものを購入すると100gあたりの値段を抑えることが可能です。数ある食材の中でも、肉は値段が高くなりがちなため、肉を大量に買う場合は特売日に購入して食費を抑えるようにしましょう。

1-6.外食などの余分な食費を抑える

スーパーを賢く利用しても、外食を頻繁に続けていると食費はなかなか節約できません。食費を大幅に抑えたいのであれば、外食などの余分な食費は見直す必要があります。まず、飲み物の出費を見直してみましょう。飲み物にかかるお金は、1回ずつならそれほど大きくはなりません。しかし、年間を通して計算してみると意外と大きな出費になっている可能性があります。例えば、外出先でいつもペットボトルの飲み物を購入しているなら、水筒を持参するよう習慣化すると飲み物代を抑えることができるでしょう。

次に、外食の回数を減らすこともポイントです。特に、1人暮らしをしている場合は外食の回数が増えてしまいがちです。外食するなら、1カ月当たりの回数を決めておけば、外食費にかかる費用を抑えることができます。続いて、頻繁にコンビニを利用しているなら、コンビニに立ち寄るたびに飲み物やお菓子などを購入するのは控えましょう。人によっては、コンビニの買い物を減らすことができれば、食費を大幅にカットできる可能性があります。ほかにも、スイーツなどの新商品や期間限定品は購買意欲を高めるものであり、中には価格が高めに設定されているものも少なくありません。新商品・期間限定品などを極力買わないようにすることでも、余分な食費は抑えられるでしょう。

2.食材を無駄にしないコツ

食材

食費を節約したい場合は、スーパーなどで買ってきた食材を無駄なく使い切ることも大切です。ここでは、食材を無駄にしないためのコツを紹介していきます。

2-1.上手に冷凍保存する

食材を腐らせず無駄なく使うために冷凍保存をしても、味や使い勝手が悪くなってしまっては長続きしません。ここからは、おいしさと使いやすさを保ちながら上手に冷凍保存する方法を見ていきましょう。

2-1-1.肉を冷凍保存するには

肉を上手に冷凍保存する際には、いくつかのポイントを把握しておきましょう。まず、肉は酸素に触れると傷みやすくなるという特徴があります。そのため、冷凍保存をするときには、肉をラップで隙間ができないように包むことがポイントです。ラップで隙間なく包んで冷凍すれば、長期間保管することができます。また、肉を冷凍する場合は、急速に冷凍することがおすすめです。アルミ製のトレイは、熱の伝導率が良いため、トレイの上に肉をのせて急速冷凍することによって栄養や食材のおいしさが損なわれにくくなります。

さらに、こま切れ肉を購入したら肉が重ならないように薄く広げて少量ずつに分けてから冷凍しましょう。こま切れ肉は、酸素に触れやすいので薄く広げてラップで密封するようにしてから冷凍することが大切です。ひき肉の場合は、グラム数を計ってから小分けにして保存しましょう。小分けで冷凍保存しておくと、お弁当作りなど少量使用したいときなどにも使いやすくなります。ただ、肉を冷凍保存するときには、ラップなどを使って密封したり、小分けにしたりする作業が面倒だと感じる人もいるでしょう。しかし、肉の場合は新鮮なものを密封してから冷凍保存することによって保存性が高くなり、よりおいしく食べることができるため、上手に冷凍する習慣をつけておくと節約につながります。

2-1-2.魚を冷凍保存するには

魚を冷凍保存する場合のコツもしっかりと把握しておきましょう。まず、切り身魚を購入した場合は、1切れずつラップをすることがポイントです。切り身魚は、キッチンペーパーを使って水気をきれいにふき取っておき、できるだけ酸素に触れないようにしてラップで1切ずつ包んで冷凍保存しましょう。丸ごと1匹の魚を購入した場合はどのように冷凍すれば良いでしょうか。魚を1匹買ったときには、必ず下処理をしてから冷凍することが大切です。魚は、内臓から傷みはじめます。そのため、内臓やエラ、うろこは冷凍前に取り除いておきましょう。

魚の下処理をするときには、衛生的な環境で行うことが重要です。また、魚を触るときは手をよく洗い、清潔な調理器具を使用する必要があります。さらに、冷凍用密閉保存袋を使用することによって、魚特有の臭みがほかの食材に移るのを防ぐことができるでしょう。魚をラップで密封したあとは、冷凍用密閉保存袋に入れてから急速冷凍をするのがおすすめです。

2-1-3.野菜を冷凍保存するには

野菜を冷凍保存する場合、「何でも冷凍庫に入れて保存すれば良い」というわけではありません。野菜の種類によって、冷凍保存のやり方は異なります。まず、じゃがいもは買ってきた状態のままで冷凍保存してはいけません。じゃがいもを冷凍したいなら、皮をむいて電子レンジで加熱したり、ゆでてからフォークなどでつぶしたりするなどしたあと、冷えたら密閉保存袋に入れて冷凍するようにしましょう。じゃがいもは、つぶした状態で冷凍保存しているので用途が限定されますが、ポタージュやポテトサラダを作りたいときには重宝します。

次に、ほうれん草や白菜、大根などは使いやすい大きさにカットしてからゆでておけば、冷凍可能です。野菜をゆでたあとはしっかりと冷ましてから小分けにして冷凍すると、1カ月程度は保存できます。野菜を冷凍保存する場合、多くの野菜は1カ月程度なら問題なく使用できるため、すぐに使い切ることができないのであれば冷凍して保管するようにしましょう。

また、人参や玉ねぎなどの常備菜は、使いやすい大きさにカットしておき、密閉保存袋に入れて冷凍します。人参・玉ねぎのほかにもトマトや長ネギなどの野菜なら、ゆでずにそのままの状態で冷凍可能です。さらに、にんにくやしそなどの薬味も冷凍での保存ができます。にんにくは、小房に分けてみじん切りかスライス、しそはみじん切りかざく切りにしたうえで、密閉保存袋に小分けにして冷凍保存しましょう。どちらも鮮度が良いうちに冷凍することで、長期にわたって豊かな風味が楽しめます。

2-1-4.主食を冷凍保存するには

主食を冷凍保存することもできます。まず、ごはんを冷凍保存したいなら、炊き立てのものを1食分ずつラップに包んで、冷ましてから冷凍保存しましょう。次に、パンも冷凍できる食材です。食パンの場合は1枚ずつラップで包んだものを密閉保存袋に入れて、まとめて冷凍します。ただし、冷凍した食パンを食べるときには、解凍してから焼くのは控えたほうがよいでしょう。冷凍した食パンは、凍ったままトースターで焼くことで、パンの中に含まれた水分を逃がすことなく焼けるため、ふっくらとした仕上がりになります。

また、そばやうどんを冷凍保存する場合は、ゆでたものを冷凍することがポイントです。ゆで麺やゆでた乾麺を1食分ずつラップで包んで、まとめて密閉保存袋に入れて冷凍します。食べるときには、凍ったままの麺をだしの中に入れて、火を通しすぎないように気をつけながら調理しましょう。ほかに、パスタも冷凍保存が可能な麺類です。パスタは、パッケージに記載されているゆで時間よりも短めにゆでておき、そこにオリーブオイルをふってから1食分ずつラップで包みます。パスタを食べるときには、電子レンジで解凍してから調理すると良いでしょう。

2-1-5.その他の食材を冷凍保存するには

冷凍保存は、さまざまな食材で可能です。まず、汁物も冷凍保存ができます。例えば、だしを冷凍保存する場合は、通常の手順でだしをとり、冷ましてから製氷皿に入れて冷凍します。凍ったあと、密閉保存袋に入れておけば使いやすいというメリットにもつながるでしょう。また、調理済みのおかずが余ったときも、冷凍して保存ができます。例えば、豚の生姜焼きや煮物などのおかずを冷凍保存する場合は、具材にタレがよくなじむようにしてから小分けにして冷凍保存するのがポイントです。

ほかに、ちくわなどの加工食品を冷凍保存するなら、小分けにして冷凍保存しておくと食感の違いも楽しめます。ちくわなどは、賞味期限内に食べきるのが難しいため、冷凍保存をして普段の料理に賢く活用していきましょう。

2-2.賞味期限を把握する

購入した食材を無駄なく使うためには、賞味期限を把握することが欠かせません。ただ、賞味期限は食材ごとに異なるため、賞味期限を知るための工夫をすることが大切です。賞味期限は、スマホアプリを使うと簡単に管理できます。例えば、「Stamp冷蔵庫」や「レシピde冷蔵庫」などのアプリを活用すれば、食材の賞味期限の管理がしやすくなります。これらのアプリを使うと、冷蔵庫の中にどのような食材があるのかということも一目瞭然です。

また、賞味期限を正しく把握するために、長い間使っていない食材や調味料に関しては思い切って処分することも求められます。具体的には、半年以上使っていない食材や調味料を片づけると、冷蔵庫内の管理が行き届くようになるでしょう。冷蔵庫の中に置いている余分なものを減らし、スペースを作ることによって食材の賞味期限も把握しやすくなります。さらに、冷蔵庫の中を定期的に掃除することも需要です。汚れたままの状態で冷蔵庫を使い続けていると、不衛生なだけでなく食品が傷みやすくなる可能性があります。賞味期限を把握するという目的だけでなく、食材を長持ちさせて無駄なく活用するためにも、冷蔵庫内は掃除していつも清潔にしておきましょう。

2-3.常備菜を作る

食材を長持ちさせて無駄なく使用するためにも、時間があるときに常備菜を作っておくのがおすすめです。ここでは、常備菜を作るメリットや、作り置きしやすい常備菜について紹介していきます。

2-3-1.常備菜のメリット

常備菜を作っておくと、購入した食材を無駄なく使用できるようになります。また、常備菜を作って自宅で食事をすることを習慣化しておけば、外食などをする頻度が少なくなり、食費も抑えやすくなるのです。ただ、常備菜を作るメリットは、それ以外にもたくさんあります。まず、常備菜があると料理をする回数そのものを減らすことができるでしょう。働いているママにとっては、毎日の食事を用意するだけでもひと苦労です。常備菜を冷蔵庫に保存しておくと、時短料理に生かすこともできます。

次に、定期的に常備菜を作ることを習慣にしておくことで、料理が上達してバリエーションも増えやすくなります。食材を無駄なく使って節約したいなら、料理のバリエーションをある程度増やしていくことが欠かせません。レシピ本などを見なくても、週に一度でも常備菜を作ることにしておけば、どんどんレパートリーが増えていきます。

2-3-2.常備菜のメニューを決めるには

常備菜を作るときには、食材を賢く活用していく方法を理解しておきましょう。まず、冷蔵庫をチェックしたうえで、使いたい食材をメインにして常備菜を作ります。傷みやすい食材が使われないまま冷蔵庫内にある場合には、その食材を使って常備菜を作ることを心がけることが必要です。次に、短時間で常備菜を作りたいなら、使いやすいレシピサイトなどからレシピをピックアップしておくと良いでしょう。例えば、クックパッドなど自分にとって使用しやすいレシピサイトを参考にすると、スムーズに常備菜が作れる可能性があります。

また、常備菜を作る際には彩りを考えて料理しましょう。常備菜は、一般的にお弁当に入れることも想定して作られるものです。そのため、赤・緑・黄・茶・黒というように彩りを意識しながら食材を選ぶと、よりカラフルな常備菜が作れます。さらに、買い出しへ出かけるときには安い食材を把握しておくと節約になります。購入する日に、特売などで値段が下がっている食材を中心に買って常備菜を作るようにすると、食費が少なくて済む可能性があるでしょう。

3.食費の目標金額を決めるには?

食費を節約したいなら、具体的な目標金額を決めておくことが必要です。ただ、食費は同居している人数によっても大きく変わってきます。ここでは、食費の目標金額を決めるためのポイントを見ていきましょう。

3-1.一般的な食費を知る

平均的な食費について理解しておくと、目標金額を決めるときに役立ちます。まず、1人暮らしの食費は、3万~4万円が平均的な金額です。ただ、1人暮らしをしている人の中には外食の頻度が高い人もいるでしょう。そのため、1人暮らしの食費の平均は、外食をする回数によって大きく開きがある可能性があります。次に、2人暮らしの食費は、平均すると4万~5万円程度です。このことからも分かるように、2人暮らしの場合は、単純に1人暮らしの食費の2倍が必要となるわけではありません。そのため、2人暮らしでは工夫の仕方によって1人暮らしの食費よりも抑えられる可能性があるでしょう。

また、3人家族になると平均5万~6万円の食費がかかってきます。3人暮らしで食費を4万円台に抑えられている家庭はやりくり上手といえるでしょう。続いて、4人家族の食費は、平均すると6万~7万円程度です。ただ、食べ盛りの子どもがいる家庭の場合には、8万円ほどになるケースもあります。さらに、5人家族では平均7万~9万円程度の食費が必要です。5人家族といっても、祖父母と暮らしている場合などでは、食費が多少前後するケースもあります。

3-2.プロのアドバイスをもらう

食費にかかる金額は、家庭によって幅があるのが一般的です。そのため、「自分の家庭は食費がかかりすぎている」と思っている場合でも、月々かかっている食費が妥当なものかどうかを判断するのは非常に難しいことといえるでしょう。さらに、食費の具体的な目標金額は家族構成によっても異なるため、1人で考えるのは簡単なことではありません。

食費にまつわる悩みを抱えている場合、「お金の健康診断」を利用すると、お金のプロのファイナンシャルプランナーから無料でアドバイスがもらえます。プロから適切なアドバイスを受けることで、自分に合った目標を立てて節約に取り組めるようになるでしょう。生活をしていくうえで食費は欠かせないものであるため、無理な目標を立てても続けることは難しいのが実情です。継続して無理のない範囲で食費を節約していくためにも、プロのファイナンシャルプランナーに食費の悩みを相談してアドバイスをもらうと良いでしょう。


 
執筆者

得意分野:ライフプランニング・資産運用

オカネコ編集部

  • 資産運用
  • 保険
  • 老後資金
  • 家計改善
  • ライフプランニング

お金の話は難しい。お金の話はつまらない。お金の話をしていると、何かが胸につっかえたような気持ちになる。みんなどうしてるの?自分は一体どうすればいいの?
オカネコは、そんなあなたのための「今すぐプロの専門家にチャットで相談することもできる」Webマガジンです。
不安になったら、あなたが気になった記事を書いたお金のプロに、気軽にちょっと相談してみませんか?
お金に関するあなたの疑問や不安はプロと一緒に解決して、あなたは「やりたい」をやる決断を。

オカネコに無料で相談する