相続

非課税のはずが贈与税に!?住宅購入時の3つの注意点

執筆者:株式会社FPバンク得意分野:ライフプランニング・保険・資産運用・相続・不動産・住宅ローン 住宅購入にかかる金額は数千万円。 中には贈与を受ける方もいるでしょう。 「住宅資金の贈与は非課税の制度があるから大丈夫!」と思っていたら実は贈与税…

知っておきたい!相続対策の勘どころ

執筆者:株式会社FPバンク得意分野:ライフプランニング・保険・資産運用・相続・不動産・住宅ローン 「相続対策といっても何から始めたらいいか分からない!」 そんなご相談が、ここのところ増えてきたように感じています。 「我が家はお金持ちじゃない一般…

円満な争続対策としての「遺言」

執筆者:株式会社FPバンク得意分野:ライフプランニング・保険・資産運用・相続・不動産・住宅ローン 亡くなった後に家族が「争続」になることは誰も望んでいません。しかし、相続が発生することで仲が良かった家族が争うことになるかもしれません。未然に防…

相続法が40年ぶり改正! 新設の配偶者居住権はどんなメリットが?

執筆者:株式会社FPバンク得意分野:ライフプランニング・保険・資産運用・相続・不動産・住宅ローン 相続法:令和元年7月1日より改正 昭和55年(1980年)に改正されて以降、大きな改正は行われてこなかった相続法。高齢化の進展など社会環境の変化に対応す…

配偶者は相続税がかからない

1.配偶者控除を上手に使わないと… 1-1.配偶者控除の仕組みとは 1-2.配偶者控除のポイントと注意点 2.配偶者控除をうまく活用する方法 2-1.有効活用と思われる例 2-2.控除を最大限活用しているのに相続税が減らないケース 2-3.あなたの場合はどのように相続税…

相続と後見人制度の重要な関係

1.相続前に起こる重要な問題 (1)相続前に思いもよらないことが起こる可能性がある! 現代では4、5人に1人が認知症を発症してから死亡に至ると言われています。相続財産がある場合、遺言書や任意後見契約など、何も対策をしないまま被相続人が認知症…

なぜ相続対策で不動産をつかうのか?

1.相続対策で不動産はなぜ有効なのか? (1)現金を不動産に変えることであっという間に節税できる! 例えば現金1億円を持っている場合、相続が発生すると1億円が相続税評価額になります。ただ現金1億円を不動産に替えた場合、相続税評価額は現金に比…

実家土地持ち必見!小規模宅地の特例「家なき子」要件一部改正

相続税の節税代表格「小規模宅地の特例」自宅土地評価額を80%評価減をしてくれるこの制度。賢く利用したいところですが、改正に伴い注意が必要です。制度の中身と改正点、一緒に確認していきましょう! 1. そもそも小規模宅地の特例とは? 一言でいうと、…

実は手間のかかる贈与手続問題。あなたに代わって解決します!

そのまま相続、もしかしたらキケン? ニュースを見ると「人生100年時代」とか「生涯現役社会」という言葉が飛び出してきます。老後も現役で働き続けようという掛け声はいいですが、人間だれしも人生の終わりを迎える時期が来ます。その時にはあなたが生涯を…