加藤康之の投資講座

あなたはコロナショックにどう対応する?

世界規模での新型コロナウイルス感染拡大が起因し、金融・証券市場にも混乱が生じています。株式市場は大きく下落、2008年のリーマン・ショック再来かとも言われています。また、11日、世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長が、この感染の広がりに対し「パ…

加藤康之所長の投資講座-入門編-「給料とインカムポートフォリオの関係」

前回から3回シリーズで、「投資することの意味について基本に立ち戻って考える」というシリーズを始めました。具体的な例としてTHEOを取り上げています。THEOは、グロース(株式中心)、インカム(債券中心)、インフレヘッジ(実物資産中心)という3つの機…

加藤康之の投資講座-入門編-「なぜサラリーマンは株式に投資すべきなのか?」

新年度に入り、街では真新しいスーツを着た新入社員の姿をよく見かけます。新しく社会人になってTHEOを始めたという人も少なくないと思います。そこで、今回から3回シリーズで、投資することの意味について基本に立ち戻って考えてみたいと思います。ここでは…

加藤康之の投資講座-入門編-「AIを使えば儲かるのか?(続・AIと資産運用)」

最近「AIを使えば儲かるのですか?」という質問をよく受けます。「AIと資産運用」のテクニカルな面については昨年4月のブログで入門的な話をしましたが、今回はこの質問にお答えしたいと思います。「儲かる」という意味質問にお答えする前に、まず、「儲かる…

加藤康之の投資講座-入門編-「資産運用をパーソナル化する」

多様化する個人のライフスタイル間もなく平成の時代が終わります。平成の時代は人々のライフスタイルが多様化した30年だったと言えるでしょう。戦後の高度成長期の日本では人々の生活はほぼ同じようなものでした。多くの人にとって人生の目的は同じであり、…

加藤康之の投資講座-入門編-「第2のリーマンショックが起こった時の対応法」

今年2018年はリーマンショック(2008年9月)からちょうど10年になります。一般的にショックとは、急激な株価の下落や物価の高騰など経済や市場に大きな影響を与える事象のことと言えます。リーマンショックでは、世界市場の株価(MSCI-ACWI*1)が50%近く暴…

加藤康之の投資講座-入門編-「ESG投資とは何か(2)-ESG投資の意味と方法論」

最近、「ESG」という言葉を新聞やテレビのニュースで見るようになったと感じる方が多いのではないでしょうか。ESG投資に対する関心は世界的にますます高まっています。日本でも遅ればせながら、ESG投資の時代が到来していると言えるでしょう。ESGとはEnviron…

加藤康之の投資講座-入門編ー「『人生100年時代』と資産運用(シニア向け)」

前回のブログでは「『人生100年時代』と資産運用」の話をしました。主に若い方を対象にしたもので、退職後の生活に必要な総資産額を概算し、その資産を退職までに作るための資産運用方法について検証したものです。一方、退職後の資産運用については何も触れ…

「加藤康之の投資講座ー入門編」スマートベータとは何か?で学んだこと

6月11日(月)に、京都大学経営管理大学院 ファイナンス(お金のデザイン)寄付講座 第4回「加藤康之の投資講座-入門編」-スマートベータとは何か?-に出席してきました。その概要についてお伝えさせていただきます。第4回目となる「加藤康之の投資講座-…

加藤康之の投資講座ー入門編「 『人生100年時代』と資産運用 」

最近「人生100年時代」という言葉を良く聞きます。その名付け親はベストセラーとなった「LIFE SHIFT(ライフ・シフト)-100年時代の人生戦略」を著したリンダ・グラットンとアンドリュー・スコットと言えるでしょう。リンダ・グラットンは日本政府の「人生1…

加藤康之の投資講座ー入門編「AIと資産運用」

Peshkova/shutterstock高度なコンピュータサイエンスの専門用語であったAI(人工知能)は、今や誰でも知っている言葉になってしまいました。新聞を見れば、毎日のようにAIを利用した商品やサービスのニュースが載っています。資産運用もその例外ではありませ…

「加藤康之の投資講座ー入門編」で学んだ為替リスクへの向き合い方

g-stockstudio/shutterstockはじめまして、お金のデザイン カスタマーエクスペリエンス部アカウントマネージャーの水野智之と申します。先月お金のデザインに入社し、金融機関との提携ビジネスを担当しております。3月15日(木)に、京都大学経営管理大学院 …

加藤康之の投資講座-入門編「今の株価はバブルか?」

katjen / shutterstock今年の冬は例年になく寒くなっています。やっと立春(2月4日)を迎えてほっとしたところで世界の株式市場は大きな調整に見舞われました。バブルの崩壊が始まったのではないかと危惧する人たちも多くいます。ここ何年かで見ると世界的に…

加藤康之の投資講座-入門編「ESG投資とは何か」

KENG MERRY Paper Art / Shutterstock資産運用業界にも流行語大賞があれば、2017年の大賞は間違いなく「ESG投資」であったと思います。ESG投資は、今、日本だけでなく世界的に大きな潮流になっています。ESG投資に関する国際的団体であるGSIA(Global Sustai…

加藤康之の投資講座-入門編「スマートベータはなぜ注目されているのか?」

WHYFRAME / shutterstock前々回の本欄「スマートベータはインデックス運用と何が違うのか?」でスマートベータを取り上げました。 mag.okane-kenko.jp 理論的な解説が中心で、やや難しかったかもしれません。そこで、今回は「スマートベータはなぜ注目されて…

加藤康之の投資講座-入門編「オルタナティブ資産とは何か?」

pogonici / shutterstock最初に本題と関係ありませんが一つ報告させて頂きます。9月5日(火)18:00~19:30にライブの投資講座を新丸ビルの京都大学東京オフィスで開催致しました。約50名の方にご参加頂きました。あらためて御礼申し上げます。私の1時間の講…

加藤康之の投資講座-入門編「スマートベータはインデックス運用と何が違うのか?」

スマートベータという言葉を聞いたことがあるでしょうか? スマートベータは最新の投資理論に基づいた運用手法であり、今、世界の機関投資家の間で大きな注目を集めています。個人投資家向けのサービスでもTHEOのようにスマートベータ戦略を導入しているとこ…

加藤康之の投資講座-入門編「なぜホームアセットバイアスは問題なのか?」

皆さんは「ホームアセットバイアス(あるいは、ホームカントリーバイアス)」という言葉を聞いたことがあるでしょうか? ホームアセットバイアスとは資産配分を決める上で投資家が陥りやすいある投資行動を指します。今回はそれが何を意味し、そして、それが…

加藤康之の投資講座-入門編「為替レートはどうやって決まるのか?」

前回、為替リスクとの付き合い方について解説しました。今回は、そもそも為替レートはどうやって決まるのかについて考えてみましょう。 為替レートは政府高官などの発言で動いたりするので、結局は政治的なものではないかと考えている方も多いのではないでし…

加藤康之の投資講座-入門編「為替リスクといかに付き合うべきか?」

日本の投資家にとって資産運用のリスクと言えば為替レートをまず思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。毎日ニュースで見るドル円レートに一喜一憂する日々を送っている人も多いことでしょう。ほとんどの投資家は円高で資産が減り、円安で資産が増える…

加藤康之の投資講座-入門編「なぜインデックス運用が増えているのか?」

株式や債券の運用にはインデックス運用(パッシブ運用とも呼ぶ)とアクティブ運用の2種類があります。パッシブ運用とは、TOPIXや日経平均のようなインデックスと同じリターンを目指す運用のことです。与えられたインデックスに対して受動的(パッシブ)に運…

加藤康之の投資講座-入門編「なぜ若い人は投資リスクを取れるのか?」

THEOの推奨ポートフォリオを見ると、一般的に若い人の方が年配者に比べてグロースポートフォリオの比率が高くなっています。つまり、若い人のポートフォリオは全体として「ハイリスク・ハイリターン型」のポートフォリオになっています。THEO 「#わたしの資…

加藤康之の投資講座 — 入門編「投資家はなぜ非合理的な行動をとってしまうのか?」

個人投資家と話をすると、次のようなことを良く聞く。「少し儲かったので株を売ってしまったが、他に使い道もなかったのでもっと長く持っていれば良かった。その後、株価は2割も上がった。」「みんなが買っているので自分もあわてて買ったのだけれど、買った…