いまからできる資産運用

やってはいけない資産形成、5つの落とし穴

執筆者:リーファス株式会社 西崎 努 得意分野:資産運用、老後資金 ★この記事を読んでわかること やってはいけない資産形成、NISA・iDeCoの使い方5カ条 知っているか、知らないか。大きな差になるのが資産形成 情報社会といわれる現在、私たちの周りにはあ…

やってはいけないNISA・iDeCoの使い方。実践的資産形成術

執筆者: リーファス株式会社 西崎 努 得意分野: 資産運用、老後資金 この記事を読んでわかること NISA、iDeCoは目的なく始めてはいけない 同調行動で資産形成を考えてはいけない 手段にこだわるあまり、目的を忘れてはいけない 金融庁が公表したいわゆる「…

将来に備える資産形成ができる人できない人

執筆者:リーファス株式会社 西崎 努 得意分野:資産運用、老後資金 この記事を読んでわかること ・どうやって資産形成をしたらいいのか?・資産形成するために行うことの順序・資産は運用すればいいものではない・自分を中心に考えたお金の設計をしよう 同…

老後資金、年金だけで足りる人と足りない人。資産形成のキホン

執筆者:リーファス株式会社 西崎 努 得意分野: 資産運用、老後資金 ・年金だけでは老後の生活は過ごせない?・年代別で考えておくべきお金の準備とは? 将来のお金の不安をなくすためには、どのくらい貯蓄があればいいのか?多くの人が気になるお金の悩み…

お金の不安がない生活をするために何から始めれば良いのか?

執筆者: 西崎 努(リーファス株式会社) 得意分野: 資産運用、老後資金 ・「このままの生活で将来は大丈夫なのか?」・「お金のことをどう考えたらいいのか分からない」 そのようなお悩みを抱えている人も多いのではないでしょうか。 就職や転職、結婚、住…

【FPチャット相談事例】20代女性が抱えるお金の悩みを解決した事例5選

この記事を読んでわかること 20代女性がどのようなお金の悩みをかかえているか ファイナンシャルプランナーがどのような回答をしてくれるのか お金の健康診断を利用することで、どのように悩みを解決できるのか 本記事では、「お金の健康診断」を利用して、…

IFAの視点で見る資産運用:20年間で金融資産を3倍に増やしている米国に学ぶ資産運用に対する考え方②(全2回)

執筆者:株式会社バリューアドバイザーズ 得意分野:ライフプランニング・教育資金・保険・資産運用・老後資金・相続 (第1回はこちら) ③投資コーチングと投資教育などのアフターフォロー プランニングができて実際に運用が始まった後のアドバイザーの価値…

IFAの視点で見る資産運用:20年間で金融資産を3倍に増やしている米国に学ぶ資産運用に対する考え方①(全2回)

執筆者:株式会社バリューアドバイザーズ 得意分野:ライフプランニング・教育資金・保険・資産運用・老後資金・相続 金融庁が公表した金融レポートによれば、1995年から2016年末までの間の日本と米国の家計金融資産残高全体の増加は日本が1.54倍に留まって…

これからの時代に対応した「お金の貯め方」とは?

執筆者:株式会社FPバンク 得意分野:ライフプランニング・保険・資産運用・相続・不動産・住宅ローン 1.銀行預金=安全は大きな間違い お金の貯め方の王道、貯金。今の時代タンス預金の方はほとんどいないので多くの方は銀行預金でしょう。貯金をしておけ…

“非課税”だけに釣られてない?つみたてNISAの5つのデメリット

昨今話題の“つみたてNISA”。『年間40万円までの積み立て投資に対して、積み立て開始から20年間の運用益が非課税になる』という制度ですが、始めるにあたってデメリットや注意点はないのでしょうか。 実は“非課税”だけに釣られて始めてしまうと、皆さんが…

外貨持ってみませんか

外貨を敵とみるか味方とみるか。抵抗をお持ちの方“残念”です。捉え方しだいで外貨はあなたを守ります。 1.オリンピックが興す経済効果 2.“観光大国”日本が迎える将来 2-1.アベノミクス 2-2.「円高」「円安」 3.外貨は味方 4.私はこんな未来を想像します。 1.…

NISAの3つのデメリットとは

NISAをお得と思って始める方が多くいらっしゃいますが、NISAは使い方によっては大きく損失を出してしまうこともあることをご存じですか?デメリットを上手く回避し、非課税制度を最大限に活用する方法とは? 1.NISAとは 1-1.現在のNISAの状…

オリンピック後の不動産投資のあり方

オリンピック後の景気は後退するのでしょうか。不動産のご相談を受ける際にしばしばいただく質問です。未来なので絶対下がる、上がる、というのは言いきれません。よって、仮に景気が後退するとしたら今どう判断すべきなのかについて書いてみます。 1.その不…

ドルコスト平均法って本当に有効?!

今、巷で話題の「iDeCo」や「積立NISA」。関心を持たれるのはズバリ!!節税効果があるから。実はそれだけではありません。それは…毎月コツコツ積み立てるドルコスト平均法に秘密があるのです!! 1.ドルコスト平均法 2.積立投資 3.注意喚起 1.ドルコスト平均…

節税の代表格 iDeCoはどのくらいメリットがあるのか

1.節税のメリットはこの3つ! (1)掛け金の所得控除 iDeCoは毎月一定額を積み立てていく制度。その掛金は全額所得控除となり社会保険や税金の計算対象から外れます。例えば年収500万円の会社員が毎月2万円積み立てを行ったとすると、年間24万円の所得控…

iDeCoのデメリットとは?

1. iDeCoのデメリットはコレだ! (1)60歳までお金を引き出すことができない iDeCoの最大のデメリットは自由にお金を引き出すことが出来ないということ。結婚式の費用や自動車の購入、住宅の頭金などまとまったお金が必要な際にもiDeCoで貯めたお金を引き…

安心で手数料が掛からないプロの資産運用アドバイスの受け方とは?

■ 資産運用を始める理想的なタイミングとは? 「給料日に預金通帳を見たら少し余裕資金があることに気が付いた」「年金制度改革が進む中で、老後資金をどうやって確保していこうか」「子どもの教育資金、そろそろ考え始めないと」 このページをご覧になる方…

ゼロから始める投資力アップ術(その1)

200名を越える方々の資産形成の診断を行ってきた独立系フィナンシャルアドバイザーが皆さんの投資力アップをお手伝い。投資経験・資金がゼロでも大丈夫。どうやって投資のためのお金を作ることができるのか、どんな投資を始めたらよいのか、投資を始めた…

40歳からでも「老後までに2000万円の貯金」は作れるのか!?

今年6月に公表された金融庁の報告書で話題となった『老後資金2000万円不足』問題。 ニュースやSNSを見て、「将来のお金に関するモヤモヤ・不安」を改めて感じた方も多いのではないでしょうか? 「老後までに2000万円の貯金なんてムリ…」と諦めモー…

貯金2000万円を目指す方法とは?老後2000万円問題も合わせて解説

2019年に金融庁が発表した報告書を受け、将来に備えて貯金2000万円を達成したいという人も多いのではないでしょうか。とはいうものの、なぜ2000万円が必要なのかという理由や、どのようにしてそれだけの金額を貯金するのか、といった方法が分からなければそ…

老後の備えに貯金1億円も必要?おすすめの資産運用のメリットや注意点

老後への備えとして1億円という金額を目標に掲げながら貯金する人が多いですが、明確な理由はなく、なんとなくそのくらい必要なのではないかと考えている人がほとんどのようです。実際、老後にそれだけのお金が必要になることはあるのでしょうか。そこで今回…